副鼻腔炎由来の歯槽膿漏の口臭

January 21 [Tue], 2014, 6:04
歯槽膿漏は口臭の原因になります。

歯槽膿漏とは、歯周病の一症状で、歯茎が化膿して腫れたり、膿が貯まったりする症状です。

歯と歯茎だけに問題がある場合は、歯医者さんで治療が可能です。

歯槽膿漏の症状がひどい時は、本人でも気分が悪くなるような口臭に悩まされますが、症状が治まれば口臭も消えます。

歯槽膿漏の原因は、歯と歯茎だけでない場合もあります。

上顎の歯に症状が出ている場合、原因は歯ではなく鼻の場合があります。

歯医者さんに通ってもなかなか治らない歯槽膿漏が、耳鼻科で治ったというケースもあります。

上顎の歯と鼻は隣り合わせになっているので、副鼻腔炎の炎症が鼻から歯茎へ広がっている場合があるのです。

治らないと諦めていた歯槽膿漏とその口臭、諦める前に耳鼻科の受診をおすすめします。


口臭を自力で無くした肉食女のブログ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asuka
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsgyylcw/index1_0.rdf