海老蔵がUFO体験を本紙に激白「何度か見たことある」

June 14 [Sat], 2014, 18:22
海老蔵がUFO体験を本紙に激白「何度か見たことある」
UFOに関するインタビューに答える市川海老蔵
 UFO目撃は初めてではなかった!! 歌舞伎役者の市川海老蔵(36)が自身のブログで「もしかしてみちゃった?」と題し、都内で撮影した円盤型(?)の未確認飛行物体の写真2枚を14日にアップし、UFOマニアの注目を集めた。海老蔵はいったい、どんな状況で目撃したのか? 24時間後の15日夕、「團菊祭五月大歌舞伎」(東京歌舞伎座)を終えて帰宅した海老蔵を直撃し、UFO激写シーンを詳しく振り返ってもらったところ「何度か見た」と、衝撃の告白が飛び出した。iPhone 5 ケースコピー

 テレビCMでも分かるとおり、海老蔵は忙しい人気歌舞伎役者とは思えぬほど、マメにブログを更新している。歌舞伎座で公演中の14日も更新を休まず、「なんか変なの飛んでた… なんだったんだろ! ってか多分違うと思うけど… UFOって信じますか?」などと興奮冷めやらぬ様子でつづっていた。ルイヴィトンiPhone 5c

 文章とともに2枚のUFO写真もアップ。

「私は…まぁ 我々地球人いるから居てもおかしくないとは思うけど…」と“ロマンの男”風に締めくくっている。ipad2 ケース

 海老蔵がUFO写真の撮影に成功したとあっては、その時の様子を詳しく聞きだすのは、東スポの使命、とばかり都内の自宅へ。仕事を終えて愛車で帰宅した海老蔵に、ブログのUFO写真を窓ガラス越しに見せながら取材趣旨を告げた。グッチ iPhone5s ケースすると、自宅の前で快く取材に応じてくれた。

 まずは、撮影場所だ。iPhone5sケースブログでは明かされていなかったが、2枚の写真は東京・渋谷付近で撮影したものだと明言した。

 海老蔵はやや興奮気味に「車に乗っていたら、すごい光ってて動いてる物体があったから、変だな〜と思って、慌てて車を止めて撮ったんだよ」と当時の状況を振り返った。iphone 5sカバー

 定位置から時間差で撮影された2枚に写る飛行物体は、月の左側から右側に瞬間移動しているのが分かる。

「UFOづいてるんですか?」と聞くと「いや、そんなことない…」と言いつつも、急に何かを思い出したように「でも、都内で何度か見たことがある」。iphone 4G/4s ケース

 やはり“持っているもの”が違うために、UFOを呼び寄せてしまうのか、それとも、得意のニラミで鍛え上げられた眼力のせいか、目撃は初めてではないというから驚きだ。

 取材後、海老蔵宅を後にしようとしたその時、背後から「ちょっと東スポさん!」と、よく通る声で呼び止められた。グッチ iPhone5s ケース慌てて戻ると「ちょっと写真撮るから並んで!」とスマートフォンを記者とカメラマンに向けてパシャリ。

「これ、ま、まさかブログに載せるんですか?」と聞くと「目線入れとくから」とニヤリ。グッチ iPhone5s ケースそんな加工をされては、怪しまれるだけだ。やむを得ず、本紙男セン面の人気連載の「街頭淫タビュー」風に顔を手で隠して撮り直すことに。iphone 4G ケース

 直撃取材から15分後、恐る恐る海老蔵ブログをのぞくと、やっぱり…。

「東スポさん…」と題してさっそくブログを更新しているではないか。ipad2 ケース海老蔵は昨年4月9日の開設以来、1年間で6000回以上の更新を行い、1日平均にして16本の記事をアップ。先月にはブログサービス「Ameba」(アメーバ)から、多くの話題を呼び、最も価値のあるブロガーとして「MVB(Most Valuable Blogger)」に認定され、初代ブログ王者となったを見せた2周年記念ワンマンライヴ
minp! 5月16日(金)15時0分配信
DIVの過去・現在・未来を見せた2周年記念ワンマンライヴ
5月10日(土)@EX THEATER ROPPONGI
DIVが5月10日(土)、EX THEATER ROPPONGIにて「DIV 2nd Anniversary LIVE」を開催した。ipad2 ケース

【その他の画像】

昨年3月に、TSUTAYA O-WESTで行なった結成1周年記念ワンマンを3分間でソールドアウトさせた1年目に引き続き、2年目も破竹の快進撃を続けたDIV。10月にリリースした1stフルアルバム『ZERO ONE』は、オリコンインディーズチャート1位を獲得。グッチ iPhone5s ケース

そして、11月に行なった新宿BLAZEワンマンは60秒でチケット完売、それを受けて今年2月に開催した「感謝祭ツアー」も4会場全公演即日完売と、更に勢いを増して突き進んできた。

そんな彼らの2周年を記念するワンマンライヴの会場は、EX THEATHER ROPPONGI。iPhone 5c ケースコピーフロアに足を踏み入れると、ステージの上手、中央、下手の3カ所に設置されたお立ち台の側面に記してある文字が、目に飛び込んできた。ちなみに、上手側に書かれていたのは「Drift to the EX」。iphone 4G ケース直訳すると「EXに流れ着く」という意味なのだが、これは、5月7日にリリースされた彼らの最新シングル「漂流彼女」と、今日の会場名を掛け合わせたものだろう。

その言葉通り、まさに彼らのライヴを求め、EX THEATER ROPPONGIに辿り着いたオーディエンス達が、フロアでそのときを待ち構えている。携帯ケース コピー

場内が暗転すると、客席からは大歓声が巻き起こったのだが、それを静めるように、近未来感のあるドライなアンビエントサウンドが、会場を静かに飲み込んでいく。天井に吊るされたミラーボールに内蔵されているLEDが、フロアをぼんやりと青く照らす中、ステージ後方天井から電飾が施された巨大なバンドロゴが登場! かなりの大迫力だ。ケース コピー

そんな中、CHISA(Vo)、将吾(Gt)、ちょび(Ba)、satoshi(Dr)の4人がステージに登場。定位置についた4人は、会場内に流れている無機質的なSEを切り裂くように、ラウドなバンドサウンドを一気に解放! 

ライヴは、彼らの1stアイテムに収録されていた「ANSWER」からスタートした。ipad2 ケースオーディエンス達は一斉に拳を振り上げ、頭を振り回す。

この日のセットリストを説明するのであれば、下手側のお立ち台に書かれていた「PAST&NOW&FUTURE」という言葉の通りだろう。ルイヴィトン携帯ケース結成以来、バンドサウンドとデジタルサウンドの融合を行なってきたDIVだが、そんな彼らの「過去と現在と未来」を提示する、まさにアニバーサリーライヴにふさわしいものになっていた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsgewgsd88/index1_0.rdf