1世の静かで良い女子をするようにしましょう!

July 20 [Sat], 2013, 10:36
もし私はもう強情で不遜でなく野生のウマのようならば、もし私はもう身を切るように寒くなく非情に家庭を顧みませんならば、私はもうのんきにやかましくて気が狂って馬鹿でもしないならば、もし私のもうない眉間の心配そうな顔の百発ならば、私はもしもうあなたの言った睦言を軽視しないならば、もし私のもうない殺人鬼どもはあなたを脅すならば、私もう強情でない屈下、私がもしもうなくてならば怒るとあなたの1の全体の夏に取り合わないで、もし私はもうなくてあなたに対して叱責に憤慨するならば、もし私のもう静かでないのはあなたの回答を待つならば、もし私がもうないならばがあなたの過分の望みに対してとても大きくて、もし私はもうなくてあなたになってかわいがるならば、私はじいじいどのようにどのようにもしもうあなたに付き添いないならば、私はもしもう髪が長くないならば;ただ1世の静かで良い女子だけをします!ガガミラノ
  
  あなたでき(ありえ)るかあの1基の都市の中で、私の伏線のために月の下に墨をいじって、星があなたを私の情の話に対してで、1手紙の唐アズキの涙を郵送してアオギリに使って、それは私に従ってなびくのに関わらず、私の好きな‘天空の城’を弾くのはただ優雅で、たまに私達の以前の暇をすこし思って、それから声も立てずに泣いて寝台に横になって、夢の中で私はあなたのえくぼに対して絵になって、あなたは手を伸ばしてつかみたいと思って、あなたは私があなたのしっかりつかめないことである暇がないことに分かりますか?
  
 
  
  そのためあたたかくて美しく夏のようです使います;かごを携えて君の田園と地域の黄土の下で耕します;農閑期のすきま、1千年の古刹を遊覧します;海の果て天のかなたを問わないで結局はどれに着きます!君の1歩の1つの足を踏んでいて、互いに助け合って派手な天下を引き寄せます。あるいは竹いかだを探して、ポールの川沿いは山水に間の咲き乱れる花を与えます;江南はおりないで、長城の外は達しないで、ただこの粗末な家の州城だけの下で、尽きない山河は絵のように美しさに泳ぐことがあります;道中お相手をする馬のなく音da、私はあなたの懐で寄り添って、あなたの風向き次第でほとばしった出すことに未練を持ちます;言い終わらないあなたの容貌の上で気ままなあか抜けている、私は静かに台頭して、任劉海の滑動、静謐なのはあなたの半分の側の頬を見ています;天の恵みの精密なワシの玉が磨くのではありませんか?なぜこのように美しい顔を産むのが絵のようで、私に目のひとみを閉じておりることを惜しませます。あなたは私のを与えて、半生のはでやかさ捨てて、私の簡単なことに付き添って残っている年月をともに過ごします;私はあなたのを与えて、俗世を投げ捨てて気にして、あなたの淡く微かなことに付き添って静かで良い歳月が地味なことを見ます。
  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dewrw
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsertgrf/index1_0.rdf