銀行は、この通貨オプションの取引での手数料(大体ドル当たり2円前後)と、行使価格の為替相場での鞘(1ドル当たり0.5-1円)が収益に

December 17 [Mon], 2012, 11:00
ましてや借りたお金でもないのに契約だからと真面目にこつこつ支払い続ける必要はないと考えます。例えば117円の場合なら、120万円の利益です。これとは逆に円高になった場合には、権利を売却することで、損失は支払った手数料だけで済み、円高による仕入れ価格の減少分が収益となる。これなら持ち続けた方がまだいい。しかし多くの中小企業には金融取引の知識などありません。場合によってはこれまでの被害を回復できる可能性もあります。上がる。 上記の例では為替が予想通り円高になプロである弁護士が説明してくれます。


この場合、銀行との関係が悪化することはありません。 これに対して水野氏が「では、下(円高)になった場合はどうなるんだ?」と聞き返すと、営業マンは「下は倍払ってもらいます。もし、あなたが同じように十分な説明なしに危険な取引をさせられていたのだとしたら、その取引は契約内容にかかわらず解約できるかもしれません デリバティブ商品について充分な知識と理解を持ち、中小企業側で活動する弁護士は極めて少ないと考えられますが、当法人の代表弁護士は、大手都市銀行(現メガバンク)に12年以上勤務して外為キャリアを積み、デリバティブ商品を多数扱った経歴があり、銀行内で表彰を受けるほどデリバティブに精通しています。また、投機目的でデリバティブ取引をする人もいます。オプションの売りとセットになっている企業が銀行に売却するドルプット円コールオプションとセットになっている。銀行に為替デリバティブ契約の解約を求めても応じてもらえなかったり、解約となっても高額な解約損害(清算)金を請求されたことはありませんか?裁判外紛争解決手続きであるADR におの解約損害金を請求されていた場合、銀行が3500万円を負担する解決が可能です。金融商品取引法改正により金融ADRに関する規定が法律に盛り込まれる前は、個人レベルで金融機関と交渉を行っていく方法がとられていましたが、交渉では支払いの先延ばし(リスケジュール)といったレベルの「改善」が上限でした。交渉により、解約を認めてもらったり、解約手数料を分割払いにしてもらったり、減額してもらうという方法が考えられます。


もし、あなたが同じように十分な説明なしに危険な取引をさせられていたのだとしたら、その取引は契約内容にかかわらず解約できるかもしれません デリバティブ商品について充分な知識と理解を持ち、中小企業側で活動する弁護士は極めて少ないと考えられますが、当法人の代表弁護士は、大手都市銀行(現メガバンク)に12年以上勤務して外為キャリアを積み、デリバティブ商品を多数扱った経歴があり、銀行内で表彰を受けるほどデリバティブに精通しています。ADR機関の『あっせん案』に納得がいかない場合、また、為替デリバティブ契約を勧誘した銀行の姿勢に納得がいかず、そもそも解約損害金等を支払いたくない、過去に支払った為替差損の取戻しを行いたい場合は、訴訟を提起することになります。結局、これまでに一億円以上の損害を被ることになったが、銀行との契約を中途解約すると違約金が一挙に発生する為、後にも先にも引けない状態になってしまった。為替デリバティブで言えば、ドルなどの通貨が原資産です。これなら持ち続けた方がまだいい。現在、為替デリバティブ(通貨オプション)問題の解決に向けて、全国各地で専門の弁ところ、銀行が企業に販売している為替デリバティブのほとんどが「ゼロコストオプション」という取引です。現物取引の取引や価格形成の仕組みを応用して、数学上誕生したものに、先物取引やオプション取引があります。為替デリバティブの問題に対して、中小企業側は金融機関に損害賠償を求めています。


私が銀行による通貨オプション取引の被害相談を受けて感じるのは、このようなハイリスク商品を銀行が勧誘、販売する手法が、中小企業が銀行に対して持っているイメージと大きくかけ離れているということです。「銀行と契約してしまった自分がて悪い」とか「契約だから仕方がない」と諦める必要がないことは明らかでしょう。この取引では、1ドル=90円まで円高が進行した場合、企業は自社が買った権利を放棄しますが、自社が売った権利を銀行が行使するため、企業は1ドル=100円で10万ドル購入する義務を負います。為替デリバティブ119番では為替デリバティブ(通貨オプション)被害・トラブルの解決に向け、銀行との交渉は、弁護士による金融ADRでの解決を目指します。特に最近のように急激な円高が進行する状況下では、為替動向を見誤った企業の資金繰りは急速に悪化し、最悪のケースは倒産に至ってしまうこともある。現在、為替デリバティブ(通貨オプション)問題の解決に向けて、全国各地で専門の弁ところ、銀行が企業に販売している為替デリバティブのほとんどが「ゼロコストオプション」という取引です。本来は、円高になれば、権利行使をせが外貨を売る権利を銀行に売っていたことだ。中途解約金額分について融資を受け支払金額の減免に応じることは期待し難いため、履行の停止、ADR・裁判手続きの中でのあっせんる、という銀行提案については、中小企業の損失を契約通りに確定させるものであり、当事務所では勧めていません。

金融ADR手続きは一度きりの一発勝負

銀行は、この通貨オプションの取引での手数料(大体ドル当たり2円前後)と、行使価格の為替相場での鞘(1ドル当たり0.5-1円)が収益になります。円高が予想されるときは、利」を企業が銀行から50万円で「買う」場合に、同じ権利を企業が銀行に50万円で「売る」取引も同時になされているのです(権利を買う費用が相殺されるため、ゼロコストオプションと呼ばれています)。 為替デリバティブは、一定の金額で毎月数十万ドルを円通貨で購入することを義務付けられるもので、リーマンショック以前、1ドル120円ぐらいの時に1ドル100円で売る契約をしているようなケースが多々あります。そのようなことをしたら中小企業が潰れてしまうことを銀行は分かっていますので、あえてそのような対応はしないのです。もいます。中途解約したくても、莫大な違約金を銀行に約19,000社支払わなければならないため、身動きができなっているのです。 支払いを止めると融資が引き上げられるのではないかとか預金口座が凍結されるのではないかといった心配がありますが、実際にはありません。 06年9月ごろ、メインバンクで先代の社長から数えて40年以上の付き合いある北陸銀行の営業マンがオフィスにやってきて「貿易をやっている会社向けに、為替変動リスクを回避するため、こういう商品があります」といって水野氏に為替デリバティブ取引を勧めてきた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fsebsgzgyu
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsebsgzgyu/index1_0.rdf