一日一筆

November 11 [Fri], 2011, 16:26
一日一筆
岡本綺堂



     一 五分間

 用があって兜町(かぶとちょう)の紅葉屋(もみじや)へ行く。株式仲買店である。午前十時頃、店は掻(か)き廻されるような騒ぎで、そこらに群がる男女(なんにょ)の店員は一分間も静坐(じっと)してはいられない。電話は間断(しきり)なしにチリンチリンいうと、女は眼を嶮(けわ)しくして耳を傾ける。電報が投げ込まれると、男は飛びかかって封を切る。洋服姿の男がふらりと入って来て「郵船(ふね)は……」と訊(き)くと、店員は指三本と五本を出して見せる。男は「八五だね」とうなずいてまた飄然(ふらり)と出てゆく。詰襟の洋服を着た小僧が、汗を拭きながら自転車を飛ばして来る。上布(じょうふ)の帷子(かたびら)に兵子帯(へこおび)という若い男が入って来て、「例のは九円には売れまいか」というと、店員は「どうしてどうして」と頭(かしら)を掉(ふ)って、指を三本出す。男は「八なら此方(こちら)で買わあ、一万でも二万でも……」と笑いながら出て行く。電話の鈴(べる)は相変らず鳴っている。表を見ると、和服や洋服、老人やハイカラや小僧が、いわゆる「足(あし)も空(そら)」という形で、残暑の烈(はげ)しい朝の町を駈け廻っている。
 私は椅子に腰をかけて、ただ茫然(ぼんやり)と眺めている中(うち)に、満洲従軍当時のありさまをふと思い泛(うか)んだ。戦場の混雑は勿論これ以上である。が、その混雑の間にも軍隊には一定の規律がある。人は総て死を期している。随って混雑極まる乱軍の中(うち)にも、一種冷静の気を見出すことが能(でき)る。しかもここの町に奔走している人には、一定の規律がない、各個人の自由行動である。人は総て死を期していない、寧(むし)ろ生きんがために焦(あせ)っているのである。随って動揺また動揺、何ら冷静の気を見出すことは能ない。
 株式市場内外の混雑を評して、火事場のようだとはいい得るかも知れない。軍(いくさ)のような騒ぎという評は当らない。ここの動揺は確(たしか)に戦場以上であろうと思う。
交際クラブ 
    二 ヘボン先生

 今朝の新聞を見ると、ヘボン先生は二十一日の朝、米国のイーストオレンジに於て長逝(ちょうせい)せられたとある。ヘボン先生といえば、何人(なんぴと)もすぐに名優田之助(たのすけ)の足を聯想し、岸田の精水(せいきすい)を聯想し、和英字書を聯想するが、私もこの字書に就ては一種の思い出がある。
 私が十五歳で、築地の府立中学校に通っている頃、銀座の旧(きゅう)日報社の北隣(きたどなり)――今は額縁屋(がくぶちや)になっている――にめざましと呼ぶ小さい汁粉屋(しるこや)があって、またその隣に間口二間(けん)ぐらいの床店(とこみせ)同様の古本店があった。その店頭(みせさき)の雑書の中に積まれていたのは、例のヘボン先生の和英字書であった。
 今日(こんにち)ではこれ以上の和英字書も数種刊行されているが、その当時の我々は先(ま)ずヘボン先生の著作に縋(すが)るより他(ほか)はない。私は学校の帰途、その店頭に立って「ああ、欲(ほし)いなあ」とは思ったが、価(あたい)を訊(き)くと二円五十銭也(なり)。無論、わたしの懐中(ふところ)にはない。しかも私は書物を買うことが好(すき)で、「お前は役にも立たぬ書物を無闇(むやみ)に買うので困る」と、毎々両親から叱られている矢先である。この際、五十銭か六十銭ならば知らず、二円五十銭の書物を買って下さいなどといい出しても、お小言(こごと)を頂戴して空しく引退(ひきさが)るに決っている。何とか好(いい)智慧(ちえ)はないか知らぬと帰る途次(みちみち)も色々に頭脳(あたま)を悩ました末に、父に対(むか)ってこういう嘘を吐(つ)いた。
 学校では今月から会話の稽古(けいこ)が始まった。英語の書物を読むには英和の字書で済むが、英語の会話を学ぶには和英の字書がなくてはならぬ。就てはヘボン先生の和英字書を買ってもらいたい。殊(こと)に会話受持のチャペルという教師は、非常に点数の辛(から)い人であるから、会話の成績が悪いとあるいは落第するかも知れぬと実事(まこと)虚事(そらごと)打混(うちま)ぜて哀訴嘆願に及ぶと、案じるよりも産むが易(やす)く、ヘボンの字書なら買ってもいいということになって、すぐに二円五十銭を渡された。父は私の申立(もうしたて)を一から十まで信用したかどうか判らないが、とにかくにヘボンの字書ならば買っておいても損はないという料見であったらしい。その当時に於ける彼の字書の信用は偉いものであった。
 その字書は今も私の書斎の隅に押込まれている。今日(こんにち)ではあまり用をなさないので、私も殆(ほとん)ど忘れていたが、今や先生の訃音(ふいん)を聞くと同時に、俄(にわか)にかの字書を思い出して、塵埃(ほこり)を掃(はた)いて出して見た。父は十年前(ぜん)に死んだ。先生も今や亡矣(なし)。その当時十五歳の少年は、思い出多きこの字書に対して、そぞろに我身の秋を覚えた。簾(すだれ)の外には梧(きり)の葉が散る。
(明治四十四年九月)

     三 品川の台場

 陰(くも)った寒い日、私は高輪(たかなわ)の海岸に立って、灰色の空と真黒の海を眺めた。明治座一月興行の二番目を目下起稿中で、その第三幕目に高輪海岸の場がある。今初めてお目にかかる景色でもないが、とにかくに筆を執(と)るに当って、その実地を一度見たいというような考えで、わざわざここまで足を運んだのである。
 海岸には人家が連(つらな)ってしまったので、眺望(ながめ)が自由でない。かつは風が甚だしく寒いので、更に品川の町に入(い)り、海寄りの小料理屋へ上(あが)って、午餐(ひるめし)を喫(く)いながら硝子戸(がらすど)越しに海を見た。暗い空、濁った海。雲は低く、浪は高い。かの「お台場」は、泛(うか)ぶが如くに横(よこた)わっている。今更ではないが、これが江戸の遺物(かたみ)かと思うと、私は何とはなしに悲しくなった。
 今日(こんにち)の眼を以て、この台場の有用無用を論じたくない。およそ六十年の昔、初めて江戸の海にこれを築いた人々は、これに依(よっ)て江戸八百八町の人民を守ろうとしたのである。その当時の徳川幕府は金がなかった。已(や)むを得ずして悪い銀(かね)を造った、随って物価は騰貴(とうき)した、市民は難渋した。また一方には馴れない工事のために、多数の死人を出(いだ)した。かくの如く上下ともに苦(くるし)みつつ、予定の十一ヵ所を全部竣工するに至らずして、徳川幕府も亡びた、江戸も亡びた。しかも江戸の血を享(う)けた人は、これに依て江戸を安全ならしめようと苦心した徳川幕府の当路者(とうろしゃ)と、彼ら自身の祖先とに対して、努力の労を感謝せねばなるまい。
 今日は品川荒神(しながわこうじん)の秋季大祭とかいうので、品川の町から高輪へかけて往来が劇(はげ)しい。男も通る、女も通る、小児(こども)も通る。この人々の阿父(おとっ)さんや祖父(おじい)さんは、六十年前(ぜん)にここを過ぎて、工事中のお台場を望んで、「まあ、これが出来れば大丈夫だ」と、心強く感じたに相違ない。しかもそれは殆ど何の用を為(な)さず、空しく渺茫(びょうぼう)たる海中に横わっているのである。
 荒神様へ詣(まい)るもよい。序(ついで)にここを通ったらば、霎時(しばらく)この海岸に立って、諸君が祖先の労苦を忍(しの)んでもらいたい。しかし電車で帰宅(かえり)を急ぐ諸君は、暗い海上などを振向いても見まい。

     四 日比谷公園

 友人と日比谷公園を散歩する。今日は風もなくて暖い。芝原に二匹の犬が巫山戯(ふざけ)ている。一匹は純白で、一匹は黒斑(くろぶち)で、どこから啣(くわ)えて来たか知らず、一足の古(ふる)草履(ぞうり)を奪合(ばいあ)って、追いつ追われつ、起きつ転(まろ)びつ、さも面白そうに狂っている。
「見給え、実に面白そうだね」と友人がいう。「むむ、いかにも無心に遊んでるのが可愛(かあい)い」といいながらふと見ると、白には頸環(くびわ)が附いている。黒斑の頸には何もない。「片方(かたっぽ)は野犬だぜ」というと、友人は無言にうなずいて、互に顔を見合せた。
 今、無心に睦(むつま)じく遊んでいる犬は、恐(おそら)く何にも知らぬであろうが、見よ、一方には頸環がある。その安全は保障されている。しかも他の一方は野犬である。何時(なんどき)虐殺の悲運に逢わないとも限らない。あるいは一時間乃至(ないし)半時間の後(のち)には、残酷な犬殺しの獲物(えもの)となってその皮を剥(は)がれてしまうかも知れない。日暖き公園の真中(まんなか)で、愉快に遊び廻っている二匹の犬にも、これほどの幸不幸がある。
 犬は頸環に因(よっ)て、その幸と不幸とが直ちに知られる。人間にも恐らく眼に見えない運命の頸環が附いているのであろうが、人も知らず、我も知らず、いわゆる「一寸先は闇」の世を、何(いず)れも面白そうに飛び廻っているのである。我々もこうして暢気(のんき)に遊び歩いていても、二人の中(うち)の何方(どっち)かは運命の頸環に見放された野犬であるかも知れない。
「おい、君。そこらで酒でも飲もう」と、友人はいった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fsd4324dfsffs
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsd4324dfsffs/index1_0.rdf