20130128

January 28 [Mon], 2013, 18:17
患者数が増加しているうつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい倦怠感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の危険な症状が心身に現れます。
汗疱(かんぽう)は主に手のひらや足の裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる症状で、広くは汗疹(あせも)と呼び、足裏に出来ると足水虫と早とちりされることが多くあります。
鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、というフィジカルな何か所もの刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名前の要は電気信号の伝達を誘発すると言われています。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われており、カビの一種である白癬菌が股部や陰嚢、尻などの場所に何らかの理由でうつり、寄生してしまった病気であり俗に言う水虫のことです。
HIV、つまりエイズウイルスを保有している精液や血液、母乳、腟分泌液、唾液といったあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜部分や傷口に接触することにより、HIV感染の可能性が大きくなってきます。
抗酸菌の結核菌は、人間が咳き込むことによって外気や内気の中に排出され、空気中でフワフワと浮遊しているのを別の人が吸い込むことでどんどん拡がっていきます。
複雑骨折して多量に出血した時に、急に低血圧になって目眩やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血が誘引されることがよくあります。
ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、この中耳にばい菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」の両方の治療法が高い頻度で導入されています。
必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことは当然ですが、心身両面の健康やビューティーを目的として、栄養を補うために様々な成分のサプリメントを飲用する事がまったく珍しくなくなってきているのです。
クモ膜下出血とは実に8割以上が脳動脈りゅうと呼ばれる血管にできた瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまう事でなる深刻な脳の病気として認識されるようになりました。
加齢に伴う耳の聞こえ辛さでは緩やかに聴力が低くなっていきますが、一般的に還暦過ぎまでは耳の衰えをきちんとは自認できないのです。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、辛い二日酔いに効果的です。嫌な二日酔いの根源物質であるエチルアルデヒドという物質の分解に力を発揮しています。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、5日前後きちんと薬を飲めば、原則として8割〜9割の患者さんの自覚症状は消失しますが、そうは言っても食道粘膜のダメージや炎症が引いたことを意味しないのです。
ちょっとした捻挫だろうと自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたらただちに整形外科へ向かうことが、早く完治させる近道となります。

ミュゼ札幌
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fs84rhzw
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fs84rhzw/index1_0.rdf