クーリングオフ期間内なら住宅も返却可能

March 19 [Wed], 2014, 14:37
クーリング・オフ期間内であれば購入者は販売業者に対して書面によ件で契約の解除ができます。

しかしながら、セールスによる訪問販売等購入者自らが業者の事務所に出向いたり、セールスマンを呼び寄せて契合には、その適用は受けられません。

また、物件の引渡しを受けて、そ全額支払を済ませた場合にも、クーリングオフによる契約の解除はで契約違反や暇疵担保責任による契約の解除購入者が契約書にのっとって全額支払をしたにもかかわらず、引渡れないとか、権利の移転登記をしてくれない等の場合には、契約上の責していないので、契約を解除することができます。

また、契約の対象物あり、購入者が契約をした目的を達成できない場合にも、契約を解除できます。

それでも一度、モデルハウスに行ったり、コチラで住宅のデザインや価格を知るべきです。
P R