阿久津だけどトレス

January 07 [Sat], 2017, 13:30
赤ちゃんを授かって病院が行なう栄養指導や、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知っ立という方も多いでしょう。
皆様がご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。はかには、野菜も沿うですね。



食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。
産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのですよ。


しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかっ立と不安に思っている方も少なく無い沿うです。


仮にサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)を摂っていないとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。



ですから普段食べる機会の多いほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。



ですから、ご飯によっても、葉酸の摂取は見込めているのではないだと言えますか。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き初めました。



夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られ沿うな気がしたので、まず、排卵周期をしる「タイミング療法」でトライしてみました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。それが功を奏したのか、ほどなくして下の子を授かりました。



さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウという野菜類にふくまる栄養素です。



葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)を活用するのも良いと思います。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段のご飯以外に、サプリによって摂取するのがお奨めです。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症する事もありますから、注意が必要でしょう。
葉酸サプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)の効率的な摂取のためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにするといいでしょう。


通常にご飯によって摂取した栄養素との相互作用がはたらくことで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ますよ。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気という症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる