僕と君の物語。

June 27 [Wed], 2012, 0:24



久しぶりの更新すいませんあわわわ・・・・・!



でも今日はちゃんと書きますよ!




ちょっと長くなりそう、かな。




まつ×あいで仄暗い甘い話にしたい・・・・・です!




※ありがち、記憶ネタですがそれでもいい方はどぞ!

















これは俺と、潤の悲しくて、優しい話。






気がついたのは、いつだったか。





多分、仕事中だったんだと思う。




「・・・・・アレ、俺何か用あったっけ?」





引き返そうとしたときに呼び止められて、なにもなかった。




それから何となくおかしいなって思うことが多くて。




潤に相談した。





「一応、病院行っとこ?」


「でも・・・・・」


「大丈夫だから。俺も休み取るし。」





そう言われて、病院に行くことにした。





病院は妙に明るくて、白くて怖かった。






「潤・・・・・・」


「大丈夫だから。俺もいるし。・・・・診察、一緒に受ける?」


「・・・・ううん、1人でうける。」





大きい病院だったから一通りの検査を受けることができて。





検査の間はずっと潤の手を握って。





潤は何も言わずに俺の手をぎゅってしてくれた。






結果も、1人で聞いた。







「・・・・・潤、」


「うん。」


「あのね、・・・・じゅ、」


「いいよ。帰ってから聞く。・・・・・雅紀、」





そう言って潤は優しく引き寄せてくれて、頭を撫でてくれて。





泣きそうだった。





家に着いてから、玄関で動けずにいる俺を抱きしめてくれて、





腕をひいて、ソファに座らせてくれた。






「・・・・・あのね、」


「うん?」


「俺・・・・・俺ね・・・・・」


「うん、・・・・ゆっくりでいいから。」





そう言って手を包んで、待ってくれる。






「俺、・・・・記憶・・・・・なくなっちゃうみたい・・・」


「・・・・・・すぐに?」


「ううん・・・・・だんだん・・・・ぬけてく、みたいで・・・」


「雅紀、」






潤が震える俺を抱きしめる。






ねぇ、潤、潤。





俺は、潤のことも忘れちゃうの?






わすれたくないよ、






ありがち?




そんなことわかっているさジョニー(誰、



ここで出てきてる記憶障害は美雨の妄想ですので、現実に存在するかは知りません←




まぁ、アレだよね、フィクションだよね←←




こんな感じで書いていこうと思います!




ではでは♪


さぁどうぞお好きなの?

May 12 [Sat], 2012, 21:38


今日はちゃんとお話かくよ!!





化け猫松潤?と相葉くんだよ!





どうぞ!









君好みアーカイブ惨敗もマージン



後悔しないの君に近づいた



昨日の飾りを引きちぎって




さぁ、どうぞお好きなの?







煩い通りって俺苦手なんだよね。





俺は繁華街の隅で目を光らせる。






(・・・・・こうして監視体制とってんのも楽なもんじゃないよねー・・・)





うかつに昼寝もできやしねぇし。






お前の隣にいる子は傘一本。





つめも汚さずに高みの見物ってとこかな?




ま、猫かぶった笑顔は俺の真似ってとこ?





ほんと、笑っちゃう。





今日も集ってる群れのネズミのような小汚い奴らの中にいる雅紀を。




路地裏屋根の上からあっちこっち探してんだけど。





「あ、まつじゅーん!」


「よ、相変わらず、モテるねー。」





お前の隣にいる奴は俺の敵。




そのポジションに俺が居座るまであと何時間?




「まつじゅんー、かえろー!」


「ん、帰るか!」




そう言うとあの子は悔しそうに俺を見る。





「雅紀、ヘッドフォンつけて。」


「・・・・?」





“泥棒猫はどっちだよ”




あの子に向けて言ってやる。





だって雅紀の攻略本、コレクションだし。





好みなんて分析しちゃうし。






2週間前は赤がよく似合うあの子。




3日前はたしかクールビューティーなあの子。




さっきまで一緒にいたのは強気なあの子。





明日は雅紀の、いつも隣にいる邪魔な子。






「まつじゅーん!」


「ん?」


「俺、松潤のことほんとだいすき!」





あぁ、口元にやけるな。




もう俺がみんなの恋敵に重なるまでもうあと少し。





ほら、あの子。黒猫が通りすぎたらさ、十字路に気をつけて帰らないといけなかったのに。






「あ、もしもし〜?」


「・・・・」





あぁ、これでもダメかよ。






もう面倒だから直球勝負に挑むか。






「まーさき、」



「え、うぁ・・・・ま、つじゅ・・・!?」





恋の敵のシルエット。





俺に重なる一秒前瞬間に。





警告はきっとこれで最後。






「雅紀のこと、俺にくれないかな?


「・・・っ、まつじゅん・・・・!」






愛の名残のエッセンス。




もう聞えない猫なで声で俺は笑う。





所詮人間なんてこんなもん。100年も生きりゃ分かることなんだよね。







有終のティータイム乾杯のヴァージン



新しいページを今日も刻む



煩い獲物を引きちぎって






変幻自在のネコミミアーカイブ
(俺ねっ、松潤のことずっと・・・!
(ふふ・・・そっか、嬉しい。大好きだよ?
(・・・////!!!






ちょっと分かりにくいよねー。



復帰できてないね、イマイチw



でもなんかだいじょぶそうだからそのうち、ぼちぼちと・・・・ね(笑)



ではでは♪

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雨沢 美雨
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月24日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
こんちは〜

音楽と漫画が好きな

苺魅瑠苦刃婆祢蕗風味の美雨の気まぐれぶろぐです☆


小話ばっかり書いてます(笑)


イラスト描きたいっ!!!


・・・まぁまったりしてってくださいなw

2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像フェラガモ アウトレット
» さぁどうぞお好きなの? (2013年07月25日)
アイコン画像フェラガモ アウトレット
» さぁどうぞお好きなの? (2013年07月25日)
アイコン画像黒兎
» 大好きだよと、 (2012年04月14日)
アイコン画像
» おーなかすいたったー (2012年04月01日)
アイコン画像れいな☆
» 夢の中の君と、現実の君。 (2011年12月07日)
アイコン画像ゆき
» ぼくはペット。27 (2011年11月13日)
アイコン画像黒兎
» ぼくはペット。20 (2011年10月25日)
アイコン画像ゆき
» 君が欲しいの、手に入れるわ。 (2011年09月12日)
アイコン画像華亜夜
» テディベア。 (2011年08月29日)
アイコン画像ゆき
» 受け止めてみてみてみてみたいんです。 (2011年08月24日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
blogram投票ボタン
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/frutta5/index1_0.rdf