エステといえばもともとは美顔術

July 08 [Mon], 2013, 9:27
エステティシャンは女性の様々な美容に対する憧れを満たしてあげるのが仕事です。エステと言えば、フェイシャルトリートメント、全身ボディケア、脱毛、痩身、アロマテラピー、リフレクソロジー、タラソテラピーなど、有名人や芸能人をはじめ一般女性にも大変な人気となっています。エステティシャンには専門的な知識や技術のほか、お客様とのコミュニケーションスキルが求められます。


さて、エステティシャンの資格には国家資格や公的なライセンスはありませんが、日本エステティック協会や日本エステティック業協会(AEA)などの民間団体がエステティシャンの資格を独自に認定しています。エステティシャンの資格は必須ではありませんが、エステティシャンとしての知識や技術のレベルを証明するものですから、エステ業界に勤めるならば取得しておいて損はないでしょう。


もしエステティシャンの資格を取りたいのなら、民間団体の実施する認定試験に合格すれば取得できます。また試験合格をサポートする業界団体認定のエステティシャン養成学校もあります。さらに上を目指そうと思えば、国際的なエステティック団体であるCIDESCO(シデスコ)が認定する国際エステティシャン資格を取得することにより国際的な活躍が期待できます。


エステティシャンのほとんどは若い女性です。現在の日本に約3万人のエステティシャンがいると推定されており、毎年2000人ほどの新規エステティシャンが誕生しています。エステといえばもともとは美顔術と呼ばれるフェイシャルエステから始まりましたが、最近では男性向けエステや医療・介護の分野にまでニーズが広がっています。


こちらもチェック→
美容まるわかりガイド
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しょうちゃん
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/frtgrg/index1_0.rdf