避暑 

August 08 [Mon], 2005, 23:30
軽井沢。
行ってきた。
すげーーーー涼しかった。
すげーーーーリッチな気分を味わった。

帰ってきたら
東京
すげーーーーー暑すぎて死にそう。
溶けそう。。。。

軽井沢では、あのジョン・レノンが泊まったという『万平ホテル』っていう
クラシックホテルに泊まってきたのですよ。
セレブ〜な気分満載
バスタブとか外国のホテルであるかのような、広々〜としたお風呂!

素晴らしゅうございます。
ヨッ!とーちゃん張り込んだネって感じですょ。

でもジョン・レノンお気に入りのロイヤルミルクティーとやらは飲めなくて残念!

いやーいつもいつもお腹がいっぱいで、三時のティータイムとか味わえなかったのです。
それぐらい朝も昼も夜も盛りだくさんで。



そうそう2日目のお昼に食べた「プリモ」っていうイタリアンレストランのピザがめちゃくちゃうまかったーーー!!!
すごい並ぶんだけど、外で並ぶのね。木陰がいっぱいあって風もさわやかで、かすかにオリーブのにおいがして、全然待つのが苦痛じゃないんだ。これが。
これが高原の夏というものなのだね・・・という感じのさわやかさ!!!
東京の暑苦しさが嘘のよう。自転車〜が似合う場所なわけだよ。


こんないいホテルに泊まったっていうのに
プリンスホテルの天井の低いコテージの方がリラックスできて、深く眠れたってーのはどういうことなのでしょう・・・。

やっぱ庶民だから?(笑)

集中講義 

August 03 [Wed], 2005, 23:17
8月1日から3日まで集中講義に行ってきた。
このくそ暑いのに。大学さぁ!
救いはマジメな講義じゃないってコト。

『ペーパーメイキングを楽しむ』っていう講義。
はぁ?何だ、そりゃって感じだよね。これだけだと。
ま、簡単に言えば、紙作りを楽しむってことですょ。

楽しむという名前がついた講義なだけあって面白かった!2〜5限までってあったからうんざりしてたんだけど、5限に終わることはなく、だいたい3時半ぐらいには終わってて、なんだこんな楽勝な講義はじめてじゃ〜〜〜っていうぐらいですた。
これで2単位は美味しすぎる

全コンの集いをうっちゃってまでも集中講義を取った甲斐はありましたとも。

最初の日は草から紙を作ったり、牛乳パックでリサイクルの紙を作ったり。
次の日は楮っていう和紙の原料から色んな梳き方で紙を作ったり色をつけたりして遊んでるみたいな感覚(笑)
でも楮が、ちょっとゲロの匂いがして最初は(・"・;) ウッって顔をしかめながらやってたけど、段々なれてっちゃって平気に。

しかし何〜集中講義しかないのに、大学にこんなに人がいるとは思いませんでしたさ。びっくりしますたずら。
学食は混んでるし!!!
夏休みにほぼ突っ込んでるっつーのに。すごいなーーー後見学の高校生もかなりいてびっくり。でもでも見学だったら普通の講義やってる時に来た方がいのになー
ちなみに部室棟のほうにいっちゃった高校生の『汚っ』っていう声がしたとかしないとか(笑)


講義最終日に作った紙のオブジェ。
針金で色パルプにつけて漉いて作ったのだ。これは先生が考え出した方法らしい。
いろんな先生がいるもんなんだねー。

現実逃避 

July 28 [Thu], 2005, 23:31
その名も現実逃避。
何から逃避ってーと、レポートからですたぃ。
はい、その現実逃避のお供をした本をご紹介しますだ(笑)

ひさびさ〜〜〜〜にハマったファンタジー

『海より生まれし娘−シャーリアの魔女@』
『夢の灯りがささやくとき−シャーリアの魔女A』
ストーリーもかなり好み。
中世のイギリスを彷彿させる世界で、ハリー・ポッターとは全くことなる話。魔法は魔法でも、エレメント(元素)に基づいた魔法であり、ラブロマンスもあってうっとり
色んな人の視点から描かれているから、ちょっと読みにくいといえば読みにくいかもしれないけれど。

はるか昔、アレマニ人は疫病や子供たちの誘拐事件を理由に、徹底的に魔女狩りをして、シャーリアの魔女の一族を滅ぼした。そして、それから三世紀が経ち、シャーリアの魔女は伝説化している時代に、若い魔女のブライアリーは魔女であることを隠して治療師として生活していた。あるときヤーヴァンネットの伯爵になったばかりのメルファランの前で重症を負った少年の治療をするために魔女の術を使ってしまう・・・というお話なのですたぃ。

三部作だというし一番最初の本が、図書館で借りた時ビミョに古かったから、もう全部でてるんだろうと思っていたらまだ二部までしか翻訳されてなくて、かなりショック〜〜!
それぐらい続きが気になるお話なのですょ。

今大学で、ジェンダーや現代の家族について講義をうけていたからかもしれないけど、女の人への意識なんかは、本当に中世のヨーロッパってこんな感じだったんだろうなぁっていう感じ。
一部はともかく第二部からは、本格的に貴族の政治の世界に入ってくるのでそこら辺も結構面白いです。
あんまりファンタジーAした感じはしなくて、中世の身分を越えたロマンスと政治の駆け引きっていう感じ。あ、ちょっとゲド戦記に似ているかもしれない。
謎かけが多くて。

表紙にも惹かれて、見覚えがあるなぁって思っていたら、なんと皇なつきさん。
表紙だけで挿絵がないのがむちゃ残念・・・。

LUMIX 

July 27 [Wed], 2005, 1:47
新しいデジカメのレンズはどうやらあのLEICAのレンズらしぃ。
月がきれいだったから夜景モードで月を撮ろうとしてたのだが、あんまりにもシャッタースピードが遅い=手ぶれ(手ぶれ防止機能がついてるのに笑)で、ぐにゃぐにゃんってちゃんと撮れないので断念。でもでも!すごいの!夜なのに、フラッシュつけなくても、夜の空の雲まで映してる!って凄くないか?さすがLEICA・・・とか思ったのでした。

それだけ(笑)

憧れのサイトがあって、ダカフェ日記というところなのだけど、すごくセンスがよくていつも楽しみ。
一言だけの文章もすごく捻りがきいてて。
よく写真にでてくる娘もその名も『海』ちゃんなのですょ(笑)
ほのぼのした一家で、家族っていいのぅと思わせてくれますょ。
角田光代さんの新しい小説の表紙の写真を飾っていたりと何気に大活躍なのです。
ここのような写真をとってみたい←無謀(笑)

ゾロ目まで後一ヶ月 

July 24 [Sun], 2005, 23:59
だからという訳でブログを始めるわけでもなく。
一つのきっかけだけど。
今日おとんに、一ヶ月早い誕生日プレゼントを貰ったのでし。
3年ぶりの新しいデジカメ
白い方が十九の誕生日・・・・?
えええ、そんなに前なんだ・・・・ビミョにショック笑
ものすごーーーーく活躍してくれますた。
黒い方が今年の

カメラ日記でも再開しようかなと思ったのでした。
ただ単に友だちのブログが楽しそうだからだったりしてね笑
実は三つ目のブログ。
三日坊主になりませんよぅに笑
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みにぃ
» 避暑 (2005年08月17日)
アイコン画像UMI
» 現実逃避 (2005年08月10日)
アイコン画像UMI
» LUMIX (2005年08月10日)
アイコン画像みにぃ
» 現実逃避 (2005年08月01日)
アイコン画像
» LUMIX (2005年07月30日)
アイコン画像UMI
» 現実逃避 (2005年07月29日)
アイコン画像ごっとん
» 現実逃避 (2005年07月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fromumi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる