地球温暖化について

August 05 [Fri], 2011, 21:29
最近自分が気になっていること。

地球温暖化

昔っから言われてきていることだけどどうにも実感がつかめない。

近年異常気象が続いているだけかもしれないし、
本当に地球が温暖化しているのかもしれない。

確実なこととして言えるのは、
同じだけ赤外線を照射した場合、
温室効果ガスを多く含んだ球体モデルの方が、
大気組成と似たような割合の球体モデルよりも、
温度が高くなるという実験結果があるということだけ。

参照:https://online-tl.org/keep25/toolkit/html/stitch.php?s=90914428039374&id=34647496915094

この実験では二酸化炭素を吸う植物や地表で活動を行っている生物など、
温度に関係ありそうな他の要因が評価されていないし、
氷河期と間氷期のように大きなスケールの議論もされていない。

科学って多少の仮定と多くの妥協で成り立ってると思う。

と前置きがすごく長くなったのだけれども、
最近気になった仮説を最近知った。

陸生動物で有名なベルクマン則や昆虫によく用いられる温度-体サイズ則がどうやら水生生物に適用できるという仮説。

ざっくばらんに説明すると、

ベルクマン則:近縁種で比較すると温暖な地域に住む種の方が寒冷な地域に住む種よりも小さいという経験則

温度-体サイズ則:温度によって生物の成長曲線と最終体サイズが変化する。
            温暖な方が成長が早く最終サイズが小さい。

今回の仮説:地球温暖化によって水生生物の最終体サイズが小さくなる。

最終体サイズが地球温暖化によって小さくなってしまうのであれば、
今までなされてきた資源管理戦略があまり通用しなくなるかもしれない。
例えば、
小さい魚=若齢魚
という原則が崩れると、
今まで資源管理のために小さい魚を獲らないようにしてきた意味が薄れてしまう。
成熟まで必要な歳月が変化する場合は禁漁期間を長くしなくてはならないかもしれない。

すっげえ興味深い。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kist
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/from2011/index1_0.rdf