message"S"

February 06 [Sat], 2010, 3:20
未だに、実感がないんだよ?

見つめる目も、ぎゅっとしてくれる手のひらも、優しい言葉をくれる唇も・・・
私の為だけの時間があるなんて、ね。

これから、どうしよっか?

ありがとう。

December 21 [Mon], 2009, 2:07
さよならは、はじまり。 そうやって覚悟を決めたんだね。

魔法の手

August 09 [Sun], 2009, 2:31
あの人の手は魔法だ。

あれだけ自分の事を情けないと責めて、泣いたのに。。
ふわっと撫でてくれるだけで、全部帳消しになったんだ。



あれだけ自然に肩を抱けるのは何で?


「うん。まあ。なんかモッタイナイ感もあるけど

期待はしないよ。
わかってるもん。


左側

August 02 [Sun], 2009, 20:33
あなたがいつも、そこにいてくれるような気がしてた。
どんなに時間が経っても、大事なものは変わってないよ。

***************************************************

それはすごく今更な事で
振りかえったら もう手遅れで
取り戻せないものなんて無いと思ってたあの頃は
いつのまにか消えてた

大事だと気付いた時には
あたしの左側 少し見上げてもあなたは居なくて
首をかしげる あたしは ただ惨めなだけ


どうしてうまく言えなかったんだろう?
考えたらキリがなくて
たくさんの後悔は 流れることを知らずに
繰り返し あたしの心を迷わせる

優しすぎるあなたの手を
離すことが正しいような そんな気がして
からっぽになって あたしは 歩き出せない

大切だと思った時には
あたしの左側 少し見上げてもあなたは居なくて
首をかしげる あたしは ただ惨めなだけ…



傍にいること

August 01 [Sat], 2009, 22:31
傍にいること。
傍にいてくれること。

それを実感した1日だった。

誰かの匂いに安心することがある。
甘えたいとか癒されたいとか、色々考える。

あたしはあたしなりの方法で、進んでいくしかない。

足りないことを嘆くのはやめようと思った。
本当に辛いときは、支えてほしい人へと自然と傾くのだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

君の足りない部分を
僕が余計に持っている部分で補えたなら
それが出会った意味


あたしの右手、あなたの左手

May 20 [Wed], 2009, 2:02
貫きたい想いなわけじゃない。
この人しかいないってわけじゃない。

でも、隣にいると緊張してしまう。

お互いにどちらからともなく、合わせた手のひら。

大きくて、優しくて、何だかほっとした。

あの日の事は忘れなくてもいいですか?


視界ゼロ

May 01 [Fri], 2009, 1:21
私は本当に意地っ張りで、妙なプライドを捨てきれない。
自分でする事に自信が持てない。

大好きな環境で、否定されるのが怖い。


部屋で一人で泣いたりする、かなり暗いヤツです。。
でも、そうやって今まで消化してきたのも事実なんだなー。

涙を流す=気持ちをフラットにするに近い感じ。


本当に離れなきゃいけない時期なんてあるのかな?
その決断は何が決め手なんだろう?

それがわからないなら、此処に居ても良いのかな?

矛盾してるのは、あの事。
寂しいだけ。そう、深く考えていないって事だよ。

たくさんの愛で生きてきた

April 15 [Wed], 2009, 1:11
一人で居る方が楽だと思っていた。
誰かの目を気にして、自分らしくいられないのが嫌だと。

家族がいて、友達がいて、大切な人がいて。
今はもう離れてしまった人もいるし、苦手な人もいた。

皆がいてくれるからこそ、
あたしは「自分らしく」いようとするんだと思う。
少なくともあたしはそうだ。

すべてがあたしに必要だったんだと思うと、ちょっと不思議な気分になる。


たくさんの愛で生きてきた。


本当の孤独なんて知らないのかもしれない。

本当の幸せなんて知らないのかもしれない。


そう思うから、まだ生きていたいって願うんだろう。
限りある時間を一緒に過ごしたいって思う人がいてくれるから。


笑顔でいる事を心掛けたいと思う。

3センチメンタルガール

March 08 [Sun], 2009, 0:28
感動話をひとつ、と聞かせてくれた。
「重要な日に応援に駆けつけてくれるんだ」 と。

彼らは本当に忙しい。
めまぐるしく変わる状況にも負けず、立ち向かっている。


小、中学校の頃の友達。
高校の友達。
バイト先の友達。
ライブの友達。

いろんな友達がいて、それと同じくらい、いろんなあたしがいる。
意識して変えているわけじゃないけど。。。

ある人には「天然!!」と言われ、
ある人には「しっかりして落ち着いてる。」と言われ、
ある人には「うるさいくらい喋るなぁ。(笑)」と言われる。


あたしの存在は、友達の中でそれぞれ位置が違うだろう。

甘えてくる妹のような存在。
弱音や愚痴を言える存在。
一緒にバカが出来る存在。


今は、自分の存在を確認する為に「愛されたい」と願ってないよ。


*****************************************************

「この人には見せたくない顔がある」
「あの人には見られたくない自分がいる」
「そんなんじゃ友達なんて呼べない」
「すべてをさらけ出せなきゃ友達じゃない」



本当に?


「どれが本当の自分なのかわからない」


全部だよ


全て何もかもさらけ出せなきゃ友達とは呼べないとしたら
ほんとうの友達を持ってる人はどれだけいるだろう?

「つきあいましょう」と言ってはじまる恋人同士よりも、
友達というものは、もしかしたらあやふやで難しいのかもしれない。

まっすぐにいこう。/きら

すべての君を受け容れるには

March 04 [Wed], 2009, 10:06
“想う側が負け”

本当にそうなんだろうか?
人を想う気持ちは強いし、真っ直ぐだ。
かっこ悪くなんかない。
誰かを大事に、愛しく想えるのは素敵な事。

あたしは“想う”事を選び続けるよ。

隣りに居る人を、居てくれる人を失くしたくない。

わがままで、曖昧で、気まぐれで、プライドが高くて、負けず嫌い。
悪いところもたくさん言えるなぁ(笑)

泣き虫で、意地っ張りで、頑固で、プライドが高くて、負けず嫌い。
これがあたし?(笑)

2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:from-oasiscafe
読者になる
Yapme!一覧
読者になる