鈴木悠介が犯した問題とFacebook

May 04 [Sun], 2014, 4:35
兜町(中央区)でもひときわ目立つ東京証券取引所(兜町2番1号)のすぐ南隣に、2002年に誕生したみずほ銀行の兜町支店がある。130年以上昔の1873年、まさにこの地に記念すべき日本初の国立銀行「第一国立銀行」が設立。
【ポイント】コール市場。これは、銀行間取引のひとつで1年未満の資金貸借を行う短期金融市場の代表的な存在。呼び名の「コール」というのは英語の「call(呼ぶという意味)」で、呼ぶ(call)とすぐに返ってくるというほど短期間の融資をするので。
日本橋に本部を置く日本証券業協会ってどんなところ?⇒証券会社等の行う有価証券などの取引等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業の堅調な進歩を図り、出資者の保護を事業の目的としているのだ。
【投資】金貨の情報⇒カンガルー金貨(オーストラリア、地金型)、メイプルリーフ金貨(5種類)、イーグル金貨(K22)であったりウィーン金貨(ウィーン・フィルの甘言楽器が浮き彫りにされている)といった金貨などの購入を続ける方法である。
【重要】ストップロスというのが、できないとするなら、投資でことは不可能。損をきちんと認める度胸を持つことが必要であり、ストップロスが出来ない取引ならば、決して投資はしない方がよい。
最終的に金融の世界では、具体的な経済活動が伴う実体経済に向けての資本投入に大きく立ち戻っていきます。短期の投資を繰り返すことなく長期投資で経済成長を投資の力で進めていこう。
【学習】日本経済は当然として、世界経済を読み取る為には、金融及び経済の基本である株、金利及び為替を知るということが最大の課題です。なぜなら株価と金利さらに為替は緊密に関係しているからだ。
【解説】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、意思疎通が電話連絡で行われて成立するマーケット)のなかでとくに有名なものでは、例えば一番にインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う銀行間取引市場。取引参加者は金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)の"外国為替市場(がいこくかわせしじょう, 外国為替取引が行われる市場。)",や銀行間取引のうち短期金融市場であるコール市場や銀行間取引である1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場などであるといえる。
我々の言う「失われた10年」が示すのは、その国であったりある地域における経済が実に約10年以上の長期間にわたって不況と経済停滞に襲い掛かられた10年を表す語である。
【金融の基礎】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を中心に展開された経済学)の中において、投資(investment)というのはその後の追加投資で予想される利潤率(儲けることができる率、資本の限界効率)がその際の利子率(貸借に対する金利または利息)に到達するところまで続けられると定義されている。
【常識】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズ「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に展開された経済学)の定義では、投資(investment)はその後の追加投資によって予測される利潤率(利益を得られる、資本の限界効率)が資本家が融資を受ける利子率と一致するまで継続されるものとされます。
今は当たり前のビジネスマンとして株式などへの投資は常識といえる。金融商品への投資はお金を殖やすことが可能なだけでなく、経済の動向等についての知識を備えられることでビジネスに必要な感覚も磨かれることになる。
西暦1998年12月に、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長と決められた機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に3年弱据えられたのだ。
【金融用語】FXは、ご存じのとおり、少額の資金の預入であってもとんでもない金額の取引が可能ですが、手にすることができる利益が大きくなる一方、損失もとてつもない金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品といえる。
この「失われた10年」が示すのは、国そのものやある地域の経済が大体10年以上の長期間にわたって不景気と経済成長の停滞に襲い掛かられた時代を表す言い回しである。

いわゆるデリバティブっていうのは伝統的なこれまでの金融取引や実物商品そして債権取引の相場が変動したことによるリスクを退けるために完成された金融商品の大まかな呼び名であって、とくに金融派生商品とも言います。
【ポイント】外国為替市場という言葉は、外国為替に関する取引が行われている場のことです。しばしば外為市場(がいためしじょう)という4文字で省略することもあります。通常は為替銀行間取引(銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引)が実施される場の名前。
株に投資するという理由で、株式だけを注目する状態では、例えば為替市場の動きの影響を受けたことで株価が上下した場合、その株価が動いた理由に気づくことができず、その後の変化にうまく対処することができない可能性があるのです。
信用格付機関(ムーディーズなどが有名)の格付けを活用する理由(魅力)は、難解な財務に関する資料等が理解できなくても格付けされた金融機関の経営の健全性が判断できるところにある。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関を比較することも可能となる。
【ポイント】ETF投資のリスク(危険性)はどんなもの?大方の場合(1)対象の価格変動リスク(2)信用リスク(リンク債など)(3)その他のリスク(運用困難な場合など)があるのです。(2)のリスクは取引によっては特別な注意が必要。
【投資の前に】金融商品あるいはサービスなどのほとんどは、どうしても、商品やサービスに投機的な性質が内在するので、金融商品やサービスに投資をする者は、そのようなリスクが必ず存在することを前提にして取引を行うのが当たり前。
【解説】外貨預金って何?銀行で扱う外貨建ての商品の一つを指し、外貨で預金する商品の名前です。為替レートの変動によって発生する利益を得られる可能性がある反面、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
こうして我が国の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融に関する制度のますますの質的向上を目標にした試み等を実践する等、市場と規制環境に関する整備が推進されているのであります。
【ポイント】金利に限らず株式、為替の3つの動向に関連して値動きする金融商品に投資しておけば、たとえ株式で損失を被っても、ほかの金利か為替で得た利益で補え、損が発生しても低く抑えることが可能なのだ。
【重要】金融ビッグバンの基礎。20年近く前に日本で橋本内閣が発足した平成8年からアメリカで同時多発テロ事件が発生した2001年の間に展開された金融業界全体の歴史的な抜本的な金融制度改革を表すコトバなのである(日本版ビッグバンともいわれる)。
1日の間で何回も売買を注文するという手法の「デイトレード」。これに対して、10日程度までの長期ではない短期的な持ち越しの取引方法を「スイングトレード」(数週間程度に長くなると「ポジショントレード」)という名前で呼んで日が変わらない間に何度も売買を繰り返すデイトレードとは区別する必要がある。
一般的にペイオフというのは、不幸にもおきた金融機関の破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護できる預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
機関投資家(個人ではなく、企業体で投資を行っている大口の投資家)としてのポジションでも、信託会社など大手金融機関などが組織を挙げてとてつもない投資を実施する場合もあり、各種の機関投資家が運用している投信(投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)への資金の流入もどんどん実施されているということ。
金融市場を管理する金融当局は、市場の規律と自己責任の原則を原則としたうえで、正確ななルールに基づいた透明かつ中正な行政を実行することを目的に、専門性の高い検査、そして監督を常に行っています。
運用にかかる費用は約0.1〜1%であって、インデックスファンド(商品指数などの指数(インデックス)に連動)も含む一般的な投資信託に比較してみて低く設定されていて、長期投資の際に適している投資商品であると定義されている。
http://blog.livedoor.jp/yew9741/
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/frog7678/index1_0.rdf