増崎孝司がほんつー

April 13 [Fri], 2018, 16:13
私は最近、株を始めたばかりの新米で、株初心者の本を買って、読み進めています。


勉強になる本もあれば、「おやおや?こっちの本と書かれていることが異なるぞ?」とちょっと疑ってしまうような本もありますが、良いところも悪いところも全部を勉強していきたいです。株を始めたばかりの人が株式投資を始める狙い目とは、大多数の人が株式投資への興味が薄れて、株式市場が暇な状態になっている時なのです。



こういう時期だと、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置状態になっているので、優良銘柄を買うには絶好の時期だと感じるからです。



これから株をやってみたいと思って現在はバーチャルの取引で楽しんでいます。今のところ順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないように思います。

でも、この株のバーチャルによって得た感覚というのを忘れずに、年内には株の取引をしてみようと考えています。
株をやるのが初めての方が、いざ決算書を読もうとしても、書いてある内容が全然理解できないかもしれません。でも、心配する必要はありません。投資の手段を株の短期売買に集中すれば決算書がわからなくても黒字にできるからです。



投資に詳しくない人が株を始めたいと考えついたときは、できるだけ安全な資産運用の方法を考えることが大切です。


いきなり個別株を取引するよりも、初めのうちはファンドなどから取引した方がよいかもしれません。その次に、少しコツをつかんできてから実際に株式の取引をスタートするとよいでしょう。株初心者は売り払うタイミングを逃して後悔することがあります。
誰でも人間は欲というものがあるものなので、「あと少しだけ高値になったら」と考えているうちに、株が値下がりしてしまいます。利益をきちんと確定させなければ利益とはいえないことを念頭に入れて自分に合った株を売るタイミングを考えておくと上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。株に不慣れであるのなら確定申告への備えとして、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることをオススメいたします。
面倒くさい確定申告の作業や調査に費やす時間をできるだけ短くして、かわりに、株式投資のための情報を集めることに労力を使うことができるからです。


株式投資には損失の可能性があります。



ですので、株の経験がない場合は、最初の資産運用は投資信託を考えてみるのも良い選択です。投資信託は運用の専門家が有利な投資先に広範囲に分けて資金を投入するので、安全性が高く初めてでも安心の運用法のひとつと言えるでしょう。


私はアベノミクスという言葉をきっかけに、知識を持たないまま、株への投資を始めたばかりの初心者です。はじめはまったく利益が上がらず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、いまでは経済が良くなったのか、私の腕があがったのかプラスになるようになれました。株の初心者から投資資金はどれほどではじめられるのかと尋ねられれば、私は最低限100万円程度は準備しないと、株式投資にとりかかることはハードだと思います。



どうしてかというと、この程度の資金があれば上場されている多数のジャンルの中から気に入った出資先を選り抜くことができるからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏希
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる