SAPが垣間見せたクラウド時代のパートナー戦略 / 2010年04月14日(水)
 独SAPと富士通が4月5日、SAPが提供するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型情報分析サービス「SAP BusinessObjects BI OnDemand」の日本語版を共同開発し、富士通のクラウドコンピューティング基盤から国内市場に提供することで合意した。

 SAP BusinessObjects BI OnDemandは、社内外に分散した経営情報を集め、組み合わせて分析、共有することで経営の見える化を実現するビジネスインテリジェンス(BI)ソフトをSaaSとして提供するサービスである。

 例えば、データマッシュアップでは、個々に構築された業務システムから収集した会計・受注データを、あたかも単一システムのデータのようにPC画面上に表示する。瞬時に検索・分析が可能な「SAP BusinessObjects Explorer」の機能も標準搭載したことにより、容易に経営分析やレポート作成ができるという。また、SAP製品やセールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」などのオンデマンドおよびオンプレミス(自社運用)のデータとの連携機能も備えている。

 SAPは2006年から同サービスを提供しており、すでに世界中で26万人が利用している。新たに富士通と共同で日本語化し、富士通が群馬県館林市に持つデータセンターから国内企業に提供することにした。

 両社はグローバルパートナーとして、これまでERP分野で協業を進めてきたが、今回の提携を通じて今後はBI分野でもグローバルな戦略的パートナーとして協業を深めていく方針。その一環として、国内市場に向けたBIのクラウドサービス展開については、SAPが富士通のデータセンターの堅牢さなどを評価し、日本語版の共同開発と合わせて手を組んだ格好だ。

 グローバルでERP最大手のSAPは、今やCRM、SCMなど幅広い分野をカバーする総合ビジネスソフトベンダーである。2007年にはBusinessObjects(BO)を買収し、BI分野へも本格的に進出した。ERPが屋台骨であることに変わりはないが、BIはERPをはじめとした手持ちのビジネスソフトの普及に相乗効果を生み出せるとあって、このところ相当注力しているようだ。

 一方、SAPはERPがミッションクリティカルな分野であることもあって、当初はクラウドサービスへの展開に慎重な姿勢を見せていた。しかし、最近になってその姿勢もだいぶ変わってきたようだ。今回の富士通との提携は、製品サービスおよびパートナー戦略と合わせて同社のクラウド事業への取り組み方を示唆しているようにも受け取れる。

●ERPのクラウドサービス化の布石か

 「SAPもクラウドには注目している。ただし、(ERPのような)基幹システムをクラウド環境で利用するには、その信頼性をきちんと検証する必要がある。とはいえ、今後は基幹システムもクラウド化する方向に行くだろう。SAPはそうした変化をしっかりと支援していきたい」

 SAPジャパンのギャレット・イルグ社長は、同社が4月8日に開いた事業戦略説明会でこう語った。イルグ氏は今後の事業戦略における注力分野として、BIと中堅・中小企業向け事業を挙げた。そして、それぞれのクラウドへの取り組みについては、BIは富士通との提携に触れ、中堅・中小企業向け事業はSaaS型ERPとして注目される「Business ByDesign」の日本市場への投入が、2011年半ばになることを明らかにした。

 では、なぜ今回の富士通との提携が、SAPのクラウド事業への取り組み方を示唆しているように受け取れるのか。それはSAPのローカルなパートナー戦略と推測できるからだ。

 SAPは富士通のクラウド基盤を活用することで、社内の機密情報を国内にとどめたいとする日本企業のニーズに対応したとみられる。日本企業には、機密情報は日本のデータセンターに置きたいというニーズが強い。海外で情報漏えいなどの問題が起きた場合、外国法が適用されるなど対処に手間が掛かる可能性があるからだ。

 そこでSAPがパートナーとして選んだのは、ERP分野でグローバルに協業を進めている富士通だった。そこには、顧客に安心感を与えるクラウド基盤を提供できるとともに、強い販売力を持つパートナーと組むという同社としての狙いがあったとみられる。これはERPのクラウドサービス化の布石とも見て取れる。

 一方、SAPはNECともERP分野で緊密な提携関係にあることから、ERPのクラウドサービス化についてはNECとの関係強化の動きもあるかもしれない。

 こうしてみると、SAPはローカルの有力なデータセンターを活用しながら、同社ならではのクラウド時代のパートナー戦略を構築していこうという意図があるようだ。今や120を超える国に9万5000社以上の顧客企業を有するSAPが、果たしてどのような戦略を描こうとしているのか。アプリケーションベンダーとクラウドベンダーの今後の力関係を占う意味でも大いに注目される。【松岡功】 4月13日21時58分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000086-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 02:11/ この記事のURL
若者の2ちゃんねる離れ 中高年だけ残る「暗い未来」 / 2010年04月14日(水)
 「若者の2ちゃんねる離れ」がネットでささやかれている。2ちゃんには、開設当初からのユーザーがそのまま居残って「高齢化」する一方、若い世代は「ミクシィ」をはじめとしたコミュニティーサイトに移ったのではないかというのだ。

 現在の「2ちゃんねらー」のメインユーザーは40代、さらには50代というデータも出ている。若者にとって2ちゃんは「不要」となっていくのだろうか。

■将来は「孫のかわいさ語ろうスレ」

 2ちゃんねるが開設してから既に10年を超えた。当時「若者」だったユーザーも当然、同じだけ年齢を重ねている。学生や若手の社会人だった人が、今は30代、40代になっていても不思議ではない。

 J-CASTニュースは2009年5月27日付の記事で、「2ちゃんねらー」の分析をした。グーグルが提供する「アド・プランナー」を使って調べたところ、年齢層は35〜44歳が最も多かったことが分かった。35〜44歳が34%と最も多く、25〜34歳(17%)、45〜54歳(同)、0〜17歳(14%)と続いている。それから約1年後、再度調べてみると年齢層に若干の変化が見られた。最も多いのは35〜44歳で全体の36%を占めている。そして2番目となったのは、45〜54歳の22%だ。もはやユーザーの中心は40代、さらには50代の「中高年」と言えそうだ。

 最近、「2ちゃんねる離れ」を扱ったネット記事が掲載された。当の2ちゃんねるにも早速その内容を語るスレッドが立った。「おっさん狙いの話題しか伸びないもん」と「高齢化」を感じている人もいれば、「若者が2ちゃんやらないことがなぜ深刻なんだ?何の問題もないだろ」と考える人もおり、受け止め方はさまざまだ。ただ、未来の姿を想像してかこんな書き込みもあった。

  「孫の可愛さを語ろう!! とか嫁が憎いだとか
  老人ホームで暮らす香具師集まれ!とか
  そんなスレばかりになるのだろうかいつか」

■「今の若者にとってはビビッドなものではありません」

 メディアジャーナリストの津田大介氏は、自身の経験として「以前より2ちゃんねるを見なくなった」と話す。2ちゃんには有益な情報が掲載されている面もあり、活用していた。しかし、ツイッターのようにリアルタイムで欲しい情報が手に入るツールが登場したため、2ちゃんの利用頻度が減ったという。

 津田氏は、2ちゃんねる誕生時と比較して、コミュニティーサイトをはじめ選択肢が増えたことで、若者が移っていったのではないかと言う。「もともと2ちゃんねるは、ある程度ネットリテラシーが高くないと使いこなすのが難しいものでした。一方で、ミクシィやモバゲータウンなどは、ゲームやソーシャルアプリといった低年齢層にアピールするサービスを提供し、若者ユーザーを獲得していったのです。10年前の若者には2ちゃんが『ビビッドなもの』だったのが、今の若者にとってはそう感じられなくなったのでしょう。(2ちゃんに)若者を取り込む要素はありません」

 このままでは2ちゃんの高齢化は避けられないが、「それはあらゆるメディアの宿命」と津田氏はいう。しかし若者は「2ちゃんは見ないが、『痛いニュース』は見る」というように、「まとめサイト」を見て必要情報を効率的に得ている可能性もある。今後、「まとめサイト」への細分化がどのように進むかで、若者にとっての2ちゃんのあり方が変わることも考えられる。


■4月13日20時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000004-jct-sci
 
   
Posted at 01:35/ この記事のURL
レジ袋削減へ茅ケ崎市が資源物の回収方法を変更/湘南 / 2010年04月14日(水)
 茅ケ崎市は2011年度から、ペットボトルなどの資源ごみ分別の回収方法を変更する。資源ごみを入れているレジ袋を削減するため、集積場所に設けたコンテナとネットに直接入れてもらう方法を市内全域で試行的に行う。4月から市南東側の地域でモデル事業を始めた。

 市はこれまで、瓶・缶・ペットボトルを、透明または半透明の袋に入れて出すよう指導。多くの市民がレジ袋に入れ、集積場所に出している。市資源循環課の推計によると、資源ごみを入れたレジ袋は年間約50トン。市は回収後、レジ袋を焼却しており、二酸化炭素の排出量は年間30万キログラムに上るという。

 こうした現状を改善して資源化を促進するため、市は袋が不要なコンテナとネットで回収することを決め、市南東側に位置する▽東海岸南▽常盤町▽富士見町▽平和町▽松が丘▽菱沼海岸▽白浜町▽浜須賀▽緑が浜▽汐見台―の10地域(約1万1千世帯)を対象に今月から回収方法を変更した。10地域は、2012年度から資源ごみの搬送先になる「(仮称)広域リサイクルセンター」の建設予定地(寒川町宮山)から距離があり、センター稼働時の効率的な収集・搬送方法を検証する目的も兼ねて、モデル地域に選ばれた。

 市資源循環課は「分別収集する品目を拡大するなど、今後も資源化促進を図りたい」と話している。

【4月13日22時30分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000040-kana-l14
 
   
Posted at 00:58/ この記事のURL
「中国の高速鉄道は安全」、JR東海会長の「安全軽視」発言に反論―中国鉄道部 / 2010年04月13日(火)
2010年4月13日、北京晨報によると、JR東海の葛西敬之会長が6日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで中国の高速鉄道は安全性を軽視していると語ったことに対し、中国鉄道部の何華武(ホー・ホアウー)技師長は12日、「中国の高速鉄道の安全性は保証されている」とこれを真っ向から否定した。

記事によると、葛西会長はインタビューの中で、中国の高速鉄道業界は外国の技術を盗んでおり、安全性を損なっていると批判した。これに対し、何技師長は「中国の高速鉄道の安全性は保証されている。日本人の発言は間違っている」と反論した。

【その他の写真】

何技師長はさらに、「中国の高速鉄道技術は世界のトップレベルにある」とした上で、「中国高速鉄道の海外進出戦略の中で、多くの国が島国である日本の技術とは異なる技術の採用を希望している。日本企業はこうした状況の下での競合に感情的になっている」と語った。(翻訳・編集/HA)

【4月13日22時0分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000025-rcdc-cn
 
   
Posted at 23:23/ この記事のURL
対スマートグリッド ガス台頭 東ガス、「熱」活用しエネ供給基盤 / 2010年04月13日(火)
 エネルギーを無駄なく使う手法として、「スマートエネルギーネットワーク」というシステムが台頭してきた。エネルギー消費の半分を占める「熱」を有効活用しようという考えで、東京ガスなど都市ガス会社がコージェネレーション(熱電併給)などのノウハウ活用を狙っている。太陽光発電などを大量導入するため電力会社を中心に検討が進められている「スマートグリッド」と次世代のエネルギーインフラの主役を争う可能性もある。

 東京ガスは今月、「スマートエネルギーネットワーク推進室」を総合企画部の中に設けた。同部の笹山晋一マネージャーは「これまで地域冷暖房で培ってきたノウハウを生かしたい」と話す。

 地域冷暖房は、ガスを燃料としてコージェネやごみ焼却場の廃熱などを活用する。熱エネルギーは暖房だけでなく、水が蒸発するときに周囲の熱を奪う現象を利用して冷房する吸収冷温水機に使う。東ガスグループはすでに100カ所以上で展開しており、隣接した地域を接続してエネルギーを融通し合えばさらに効率化できると見込む。

 その先にあるのがスマートグリッドとの接続だ。スマートグリッドには、出力の不安定な太陽光発電を補うため大型蓄電池を相当数導入することが必要とされるが、まだ開発途上。スマートエネルギーネットワークと一体化すれば「晴れた日は太陽光を積極的に使い、雨の日は廃熱やコージェネを使う」(笹山マネージャー)というわけだ。

 東京都内では大手町や有楽町、霞が関などに地域冷暖房システムがあり、まだ廃熱を活用しきっていないごみ焼却場もある。東ガスはこれらをネットワーク化すれば、「年間数十万トンの二酸化炭素(CO2)排出を削減できる」と見込んでいる。

 一方、経済産業省は今夏にも横浜市など全国4カ所で、効率的なエネルギー供給システムの実証事業に着手する。スマートグリッドに関する技術開発が事業の柱だが、ガスも積極活用する計画で、横浜では東京電力と東ガスが参画する。エネルギー市場のライバル同士がタッグを組む珍しい事例だが、東ガスの岡本毅社長は「スマートグリッドとスマートエネルギーネットワークは対立する概念ではない」と話す。

 ただ、安定供給を至上命令とする電力会社は「自社以外からの電力は送電網に受け入れたくない」(業界関係者)のが本音。関西電力の斉藤紀彦副社長は「太陽光の不安定さを補うためには出力調整するのが最も経済的」としており、コージェネについてはCO2排出があることも指摘し活用には消極的だ。

 将来のエネルギー供給の基盤づくりをめぐって、ここでも電力対ガスの火花が散りそうだ。(粂博之)

【4月13日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000016-fsi-bus_all
 
   
Posted at 22:45/ この記事のURL
低位建設株に売買交錯、大末建設は小幅ながらも5日続伸 / 2010年04月13日(火)
 低位建設株に売り買い交錯。飛島建設 <1805> 、大末建設 <1814> など株価50円未満の低位建設株が物色されている。特に新規の材料が出たわけではないが、資金の回転が効いてきた目先筋が「1カイ・2ヤリ(1円で買い2円で売る)」の日計り商いが活発化させている。

 大末建設は日々小幅ながらも、5日続伸。こうした銘柄の場合、材料性よりも手掛けやすさと値動きの軽さそのものが手掛かり材料となる。いったん動き出せば、目はしの効く向きが「早乗り・早降り」を繰り返し、株価が上下動することで、さらに売買を呼び込むことになる。若築建設 <1888> にも同様の買い。(編集担当:山田一)

【4月13日9時56分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000012-scn-biz
 
   
Posted at 22:07/ この記事のURL
ビビアン・スー、これがオトナのドレス姿!真紅のシースルーで会場にため息―北京市 / 2010年04月13日(火)
2010年4月9日、女性ファッション誌マリ・クレールの中国語版「嘉人」が北京市で主催した「2010国際ビューティー・メイク大賞(国際美粧大奨)」にビビアン・スーが出席した。中国娯楽ネットの報道。

先ごろ「嘉人」の姉妹誌として創刊された「嘉人ビューティー・メイク」の表紙を飾ったばかりのビビアン。数々のファッションイベントでゲストをこなしている彼女はこの日、クリスチャン・ディオールの真紅のイブニングドレスで登場した。

【その他の写真】

透き通るような白い肌で「美肌の女王(美肌天后)」としても知られるビビアンだが、その素肌がシースルーの布地に透けてますます美しさを際立てていた。また、ドレスに合せた鮮やかな赤の口唇に来場者たちは目を奪われ、思わずため息を漏らしていた。(翻訳・編集/愛玉)

【4月13日0時13分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000000-rcdc-ent
 
   
Posted at 20:51/ この記事のURL
<自転車>ツール・ド・コリアに日本チャンピオンの西谷ら派遣 / 2010年04月13日(火)
 4月22日から5月2日まで韓国で開催されるツール・ド・コリアに日本代表として、日本チャンピオンの西谷泰治やチャレンジロードを制した綾部勇成(ともに愛三工業)、将来性のある大学生4人を含む合計6選手が派遣されることになった。

監督:高橋松吉(JCF強化コーチ)
選手:
西谷泰治(愛三工業)
綾部勇成(愛三工業)
越海誠一(日本大)
伊藤雅和(鹿屋体育大)
内間康平(鹿屋体育大)
吉田隼人(鹿屋体育大) 4月13日6時29分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000001-cyc-spo
 
   
Posted at 20:16/ この記事のURL
ジェイムズ・キー「ザウバーは方向性が見え始めている」 / 2010年04月13日(火)
 BMWザウバーの新テクニカルディレクター、ジェイムズ・キーは、中国GPでチームとの初仕事をスタートする。キーは、BMWザウバーは進むべき方向性が見え始めており、それに向かって全力でプッシュしているところだと述べた。

 ザウバーで長年テクニカルチームを率いてきたウィリー・ランプがチームを離れ、代わってフォース・インディアを離脱したキーがテクニカルディレクターに就任する。

「チームとの最初のレースを楽しみにしている」とキー。
「イースターの週末の後にヒンウィルを訪れ、大勢の人々と会った。行われている作業にとてもいい印象を受けたよ。これからやるべき仕事はあるが、チーム内のスピリットは素晴らしく、モチベーションはとても高い。今は我々が進むべき方向性が見え始めている。皆が全力でプッシュしており、開発を続けていくために、今後向かうべき方向でプランを立てている」
「今年はまだコースに足を運んでいないので、どのように作業が進められているのかを確認し、タイヤについて学び、ドライバーたちと話をするのが楽しみだ。C29を見るのは初めてだが、ウィリ・ランプと一緒にマシンを詳細にわたってチェックできれば嬉しいね」
「このサーキットは、ダウンフォースレベルがここまでの3戦とほとんど同じだ。とても長いストレートがあるので、ダウンフォースにおいていい妥協点を見つける必要がある。グリップはとても高い。ブレーキング時の安定性とトラクションは非常に重要だ。カタツムリのようなコーナーがふたつあって、そこはドライバーにとってトリッキーだ。マシンとタイヤがどういう反応を示すかをチェックする必要があるね。ポイント争いをして、できるだけいい結果を挙げられることを願っている」

[オートスポーツweb 2010年4月12日] 4月12日17時20分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000003-rcg-moto
 
   
Posted at 19:42/ この記事のURL
海賊版を販売していた代表取締役を逮捕、出品や発送は社員に指示(ACCS) / 2010年04月13日(火)
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、愛知県警生活経済課と千種署は4月8日、カーナビゲーションソフトの海賊版を販売していた名古屋市の会社役員男性(44歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。この男性は、貿易業務・石油製品の販売および輸出入、車両・船舶の販売および輸出入などを業とするM社の代表取締役を務めている。

男性は2009年10月21日頃から11月26日頃までの間、3回にわたり株式会社ゼンリンおよび株式会社トヨタマップマスターが著作権を有するカーナビソフトが権利者に無断で複製されたDVD-ROM3枚を愛知県の男性ら3人に対し、35,000円で販売していた。男性は、無断複製された海賊版を海外から入手し、オークションサイトを通じて販売、落札件数は394件に上り、これまでに500万円以上を売り上げていたとみられる。なお、海賊版の出品や発送はM社社員に指示していた。


【関連リンク】
カーナビの海賊版を販売、会社役員を逮捕 4月12日14時29分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000002-vgb-secu
 
   
Posted at 19:08/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!