されている写真の撮影に利

March 06 [Fri], 2015, 15:04

 対応機種:iphone6/6plus


カラー:4色

付属品:ケース本体

状態:新品未使用で検品済み

 

◆ご注意点◆

※お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい

※携帯本体は付属いたしません。

※全商品送料無料

 グッチiphone6カバー


サンコーから、水、雪、埃、砂、落下などの衝撃からiPhone 6/6 Plusを守ることができるタフなケース『防水&耐ショックケース for iPhone 6』が新登場!

防水&耐ショックケース for iPhone 6/6 Plus
エルメスiphone6ケース
防水&耐ショックケース for iPhone 6
 本製品は3980円という安価ながら、IP68の耐水?耐衝撃性能を備えたiPhone 6/6 Plusケースだ。粉塵の浸入を許さないほか、水深1メートルまで水没しても大丈夫なので、水回りでも通常と同じように利用することができる。また、衝撃を吸収する構造のため、2メートルの高さからの落下にも耐えられる。

防水&耐ショックケース for iPhone 6
防水&耐ショックケース for iPhone 6
 ケース装着後もタッチ操作、消音ボタン、Touch ID(指紋認証)はもちろん、端子類にもフルアクセス可能。また、動画鑑賞などの際に便利なスタンドを背面に備えている新品Chanel iphone6 ケース

防水&耐ショックケース for iPhone 6
防水&耐ショックケース for iPhone 6
 カラーはiPhone6モデル、iPhone6 Plusモデルともに、ホワイトとブラックの2色をご用意。

防水&耐ショックケース for iPhone 6
 さらに詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。私事ではありますが、ライター、イベントプロデュース、ラジオパーソナリティーと、様々な仕事をしている関係で、移動しながら仕事をせねばならない事がよくあります。定番は「カフェに座って仕事をする」ですが、それすらやっていられない時もある。きっと、私以外でも居るはずなんですよね。危機的に時間のない人って。

 そんなわけで、今まではMacBookを常にカバンに入れて持ち歩いておりました。ただ、これが、重い。カバンの中身を全部取り出して重さを確認してみたことがありますが、なんと合計7s。その約1/4をしめていたのが、MacBook Pro。
6Plusケースシャネル
 しかしiPhone 6 Plusが登場してからと言うものの、私の生活は変わりました。

「あれ?弓月さん、今日カバンそれだけ?」
 Yes!そうです。こーんなに小さいポーチひとつで仕事に出られみなさん、こんにちは。いまは週刊アスキーの吉田でございます。さて、すでにご存じの方も多いかと思いますが、Appleのウェブサイトが一新され、iPhone 6で撮影した超絶美しい写真が多数掲載されていますよ。

関連写真リンク

写真を拡大 写真を拡大
一見の価値あり!Appleの公式サイトがiPhone 6で撮影した写真だらけに【壁紙情報追加】
写真:週アスPLUS
 これはMacのウェブブラウザーなどでも閲覧できますが、iPhoneでは独自の閲覧モードで次々と写真を楽しめるのでオススメです。
 
 閲覧モードは、ページ上部にあるアイコンで切り替えられます。正方形が9個並んだアイコンをタップしてみましょう。
新品gucci iphone6 ケース
 すると、タイル状に写真のサムネールが並んで一覧できるようになります。
 6Plusケースルイヴィトン
 サムネールをタップすると、iPhoneの画面いっぱいに写真が表示されます。
 
 右上のボタンをタップすると、撮影者の名前や利用したアプリなどが表示されます。
 
 写真だけでなく、iPhone 6で撮影した動画も見られます。
 
 このページに掲載されている写真の撮影に利用したiOSアプリも紹介されています。
 シリコンiPhoneケース
 リンクをクリックすれば、App Storeから直でダウンロード可能です説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhoneに「のぞき見防止機能」は付いていますか?』という質問に答えます。

***

iPhoneには、いわゆる「のぞき見防止機能」はありません。最新モデルのiPhone 6/6 Plusでは、液晶ディスプレイの面積が拡大されているうえ、広視野角技術「デュアルドメインピクセル」を採用していますから、むしろ以前のモデルよりのぞき見しやすくなっているといえます。Retinaディスプレイは紫外線を活用した光配向技術によりコントラストが改善されていますから、なおさらです。
iphone6ケース
対策としては、のぞき見防止用のフィルムを貼ることが確実な方法といえます。コストがかかるうえ、iPhoneのRetinaディスプレイ本来の精細感は損なわれますが、視野を狭くする特殊加工により垂直方向以外からは見にくくなるため、のぞき見の心配がなくなります。

アプリで解決できるのでは、と考えるかもしれませんが、期待しないほうがいいでしょう。AppleはiOSアプリの開発ポリシーとして、他のアプリに機能提供するアプリ(システムレベルで動作するアプリ)はソフトウェアキーボードなど一部しか認めていないため、あるアプリが他のすべてのアプリに対し画面処理を施すことは実現不可能です。iOSにそのような機能が搭載されるのならば話は別ですが、iOS 8の時点では存在しません。

フィルムを使わずアプリにも頼らず"のぞき見対策"したいというのであれば、画面の輝度を下げるという方法があります。輝度を下げると遠目に見えにくくなるため、電車やバスの隣席からのぞき見を多少は防ぐことができます。もちろん、輝度を下げたぶん真正面からも見づらくなるため、根本的な解決策とはなりませんが、なにもしないよりはマシです。
iphone6ケース
るようになったんです。どうだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:frewrwe
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/frewrwe/index1_0.rdf