FP王=レビューと評価検証「山本法生氏は本物?」FX教材レビュー 

March 12 [Thu], 2009, 16:23
FP王=レビューと評価検証「山本法生氏は本物?」FX教材レビュー


定額給付金が入ってくれば何をしょうか、楽しみに思っているのは僕だけではないはずで、ひとり一万二千円でもうまい使い方をすれば、

元手の数倍、いや、何十倍の価値を見出すことができるかもしれません。

例えば、物々交換を繰り返してわらしべから屋敷一軒になったというわらしべ長者の話があるように、同じものでも使い方次第で結果が大きく違ってくることがわかります。

では、一万二千円をギャンブルで一攫千金を狙うのもいいですが、それよりも投資でリスクを下げて一攫千金を狙ったほうがいいです。

ギャンブルも投資もリターンを求めるならば、リスクを伴います。

リターンはプラスの結果であって、投資でいう利益です。

対して、リスクは、投資で言う損益のことではなく、不確実性のことを言います。

つまり、投資をして得をするのか、損をするのかは、分からない不確実な要素が含まれているということで、投資に躊躇する人がいるのです。

資金が目減りするのが嫌な人は、投資を行わずに一万二千円を貯金するか、食事や買い物などに使えばいいのです。

しかし、元来入ってくるお金ではなかったので、リスクをとってリターンを取ってみてもいいと思います。

ただし、ギャンブルで増やそうとしないでください。

ギャンブルで稼げるかもしれませんが、投資と比べてよりリスク(不確実性)が高いと言えるからです。

投資では事前の戦略さえしっかりしていれば同じリターンでも、リスクを減らすことができます。

ただし、事前の戦略を立てるにはそれに必要な知識とそれを組み立てるのに必要な時間がいります。

また、戦略を立てる以前に多くある投資商品の中から、どれを選ぶのか答えを出すことができる知識が必要になってきます。

このようにリスク(不確実性)を減らしていくには、努力と時間をかけなければいけません。

また、情報を集めるには書籍を購入するなど、金銭的負担を強いられます。

これらの事情がギャンブル派と投資派を分ける要因の一つになっています。

つまり、ギャンブル派は事前の戦略を立てる手間を嫌がりますが、投資派はその手間を手間と思わずにやり通します。

何度も言いましたが、事前の戦略を立てる前に、どの投資商品にするのか選ばなければいけませんが、私は現在FXをしています。

FXをすることになったのは人気の投資商品だったからというミーハーな理由からですが、FXを始めて投資家の仲間入りをしてから他の投資商品と比較するようになって
FXの商品としての優位性に気づくことになりました。

FXで投資をするメリットはいくつもありますが、最大のメリットは小さな金額で始められるということでしょう。

これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るという仕組みからきています。

例えば5万円を預けて、100万円の取引を行える状態になる事を、「レバレッジが20倍」と言います。

要は「預けた金額の何倍で取引することができるか」ということです。

また、業者に払う手数料をゼロにしている業者が多く、それを利用すると手数料で損することはありません。

手数料がゼロではない業者であっても、1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、負担は大きくありません。

これらのことから効率のよい金融商品と言われていることが人気につながっているのでしょう。


FXは自分の選択する項目をうまく状況判断すれば、優位に取引を展開することが出来ます。

具体的な選択項目とは、投入資金の金額、レバレッジ、通貨、売買のポジション、新規注文のタイミングなどです。

これらの項目を相場状況に合わせて選択することでリターンが大きく違ってきますが、

私はFP王こと山本法生のFXパーフェクトマニュアルでそのことを学びました。。


なぜ、FP王こと山本法生のFXパーフェクトマニュアルなのかというと、名前のとおり必要なことが不足することなくパーフェクトに載っています。

他の書籍でも内容の充実したものは多く存在しますが、なにか物足りない書籍がほとんどです。

その中でFP王こと山本法生のFXパーフェクトマニュアルのクオリティーの高さは特筆するものがあります。

そのため、口コミで評判が広がっているというのだから本物です。

また、レビュー(書評)のページでは高評価を得ています。

あなたもこの目で確認してみてはいかがですか?


FP王こと山本法生のFXパーフェクトマニュアル→http://www.fx-sin.com/