『中国嫁日記』が変えるかも知れない、漫画家の収入モデル 

February 10 [Fri], 2012, 10:38
『中国嫁日記』という漫画の本が、ものすごく売れていますね。
もうすぐ2巻も出版されるようです。

もともとは、この本、WEB漫画の人気ブログだったんですが、
(本に載っている漫画は、ほとんどブログで読めます)

最近、漫画の面白さとは別に、
この中国嫁日記のブログに注目しています。

それは、このブログが
「アフィリエイトで原稿料以上の収入を得ている」という点です。

収入がいくらかは公開されていませんが、
原稿料より高いということは、
多くの漫画家にとって、出版の世界で漫画を描くより、
いい漫画をWEBで公表した方が、
より生活の足しになる、といっていいのだと思います。

実際、それは当然で、
出版社から漫画を出す場合、
出版社の人件費、光熱費、その他ありとあらゆるコストが、
本の価格に含まれるわけですから、
自然と印税も安くなっていくわけです。

しかし、WEB漫画の場合、それらの中間コストがなく、
漫画家と読者が直接つながっているわけですから、
漫画家の取り分が多くなるのは、自然なわけです。

アフィリエイトというのは、要するにテレビCMなんですね。

テレビ局は、視聴者からお金をとらない代わりに、
CMを流して広告収入を得る。

WEB漫画家は、読者からお金をとらない代わりに、
アフィリエイトを載せて、広告収入を得る。

ということです。これは新しい漫画家の収入モデルだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:freekicker
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる