実際にプレイしたフリーゲーム(主にRPG、ADV)の感想、攻略情報などについて書いています。総記事数165。ネタばれあり。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:freegame_play
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
こちらサイトで簡単に作れたので、バナーを作ってみました。
 無料バナー作成工房

ネタバレや攻略情報など、伏字にしてある箇所があります。反転してご覧下さい。

このブログは、ゲームで消費した時間を何かの形にするために始めました。

今まで溜めていたゲームプレイ記録を今更ながらアップしています。

実際にゲームをプレイした日付を元に記事をアップしてるため、いつのまにか過去の方の記事が増えていたりします。

リンクはどのページにして下さっても構いません。

(2012/08/14記)
2年前に社会人になりました。
ゲームをする時間が取れなくなりブログ更新休止中です。
コメントはありがたく拝見させて頂いておりますが、前述の理由により攻略情報などの返信は出来かねます。申し訳ありません。
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像
月の涙 (2018年05月25日)
アイコン画像
月の涙 (2018年05月25日)
アイコン画像名無し
鬱夫の恋 (2015年08月18日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像柔道部
いちろ少年忌憚 (2012年11月03日)
アイコン画像あいこ
月の涙 (2012年08月16日)
アイコン画像あいこ
月の涙 (2012年08月16日)
アイコン画像toyo324
カノウセイ (2012年07月14日)
«2008年07月 | Main | 2008年05月»
小悪魔な一年生 / 2008年06月23日(月)
【HP】女女園
【ジャンル】BLヤンデレ/現代/秘密/死体
【対象】15禁
【プレイ時間】1プレイ30分程度
【容量】23.1MB(解凍前)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2007


主人公の司馬虎士朗はある名門高校に入学したばかり。
クラスメイトの佐藤倖也がマンションの隣人であることを知り、
2人はすぐに仲良くなる。
しかし2人には誰にも言えない秘密が……。


BLヤンデレゲーム。エンディングは7つ。
いや、DLした時点ではヤンデレゲームだなんて知らなくてさ。
やってみて驚いた……。

結論から言うとユッキーが病んでます。
切れるとアババババーな事になるので注意。
ていうか普段と切れたときのギャップ激しすぎ(笑)

選択肢はパッと見でどれが正解か分からないので
スリル(?)があって楽しかったです。

これからトラ君はどうなるのか、気になるところです。


正END
部屋に入る→かわす→キスする→部屋を開ける→この事は秘密にしてくれと頼む→何でもない

 
Posted at 08:20 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(0)
Zweite Liebe / 2008年06月20日(金)
【HP】raison detre
【ジャンル】BLサウンドノベル
【対象】全年齢
【プレイ時間】1プレイ1時間かからない
【容量】18.5MB(解凍前)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2008.6.17


生殖行動で子孫を残せなくなり、人工的に生命が生み出される世界。
世界はゆっくりと滅亡に向かっていた。

ソラは雪の中で倒れているのを発見されたが、目覚めたときには記憶が無かった。
覚えているのは誰かの手のひらの温かさと「庭で待っている」という言葉だけ。
ソラは「庭」を探し始める……。


ED13個、スチル18枚、攻略対象3人。

閉塞感のある世界観。

最初に見たのはアンダンテ・カンタービレ。
十分ハッピーエンドじゃーん……と思ったけど
「アレグロ」EDを見て納得。
瀬名が迎えに行かなきゃ駄目なんだね!

クリア後も謎はたくさん残ります。
どういう理由で繁殖が不可能になったのかとか
どうして神は世界を見捨てたのかとか
がわざわざ秋乃を遣わせたのは何でかなーとか。

インターフェースが凝ってます。こりこりです。
キレイだ。すばらしい!

制服が『トーマの心臓』に似てるなと思ったら
イラスト書いた方が実際に参考にしていたそうです(笑)

『トーマの心臓』は
初めて読んだ男×男漫画です(BLというには内容が高尚なので)。
図書館に置いてあったの。
このゲームと雰囲気が似てる。
瀬名と葛生はどう見てもユーリとサイフリートだ(笑)


続きを読む…  
Posted at 23:22 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(0)
NOSTALGIC MEMORY 〜Remake Version〜 / 2008年06月15日(日)
【HP】NOSTALGIC GARDEN
【ジャンル】学園ファンタジー友愛乙女アドベンチャーゲーム
【対象】全年齢
【プレイ時間】5分〜2時間(?)
【容量】17.7MB(解凍前)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2008.5.23


主人公は卒業を間近に控える小学六年生の女の子。
12歳に誕生日を境に不思議な夢を見るようになる。
さらに誕生日プレゼントの懐中時計から異世界の住人が登場。
主人公は無事に卒業式を迎えられるのか?不思議な夢の意味するところは?

ED数9+1、全スチル数35枚(差分を含む)

転生もののノベル。
登場人物は小学生だけど、感情移入しやすくて魅力的。
キャラクターが生き生きとしています。
したがってスイスイ読める。

ていうか見てると甘酸っぱい気分になっちゃうねv
所詮自分はヨゴレの大人ですよ。

HAPPY END見てると初々しい気分になれます。
登場人物の若さのなせる業だろうか。

枠内物語の「北の森の魔女」は美しくて哀しい御伽噺。
HPに単独版があります。


●攻略


続きを読む…  
Posted at 15:05 / サウンドノベル(女性向け・ノーマル) / この記事のURL
コメント(0)
いちろ少年忌憚 / 2008年06月15日(日)
【HP】えびふろ
【ジャンル】学園探索型ホラー
【対象】全年齢
【プレイ時間】4時間半(長…)
【容量】2.34MB(解凍前)
【ツール】RPGツクール2000
【完成日】2008.5.3


主人公「佐々木いちろ」は
八十上(やそかみ)学園に通うこっくりさんが趣味の高校生
ひょんな事から呪われてしまったいちろに学園七不思議の魔の手が迫る!
果たしていちろは七不思議に打ち勝つ事が出来るのか!
(read meより)



怖い…
特にトイレでのBGMが何故か怖かったです…

難易度は低めだと思うんだけど…。
変なところで詰まって時間かかっちゃった。

細かいところにこだわってるなぁと感じた。
女子トイレの汚物入れに
ナプキンがギュウギュウに詰まっている…」(そりゃそーだろうよw)とか
変態」って書いたメモ(確かにw)とか。

首吊り男を封印した後、3-2に戻ると
首吊りグラフィックがいちろに変わってるのね。
とおこがトイレに行くために一時的に仲間に加わると
ステータスが「尿意」になってる(笑)

即死も多いしので、なにげに死因を集めるのが楽しかったり(笑)

エンディング良かったなぁ……

続きを読む…  
Posted at 06:00 / RPGツクール(ADV) / この記事のURL
コメント(20)
しらゆきひめからしんでれらまで。 / 2008年06月14日(土)
【HP】Nightmare Syndrome
【ジャンル】お着替え童話ADV
【対象】全年齢
【プレイ時間】
【容量】2.72MB(解凍前)
【ツール】吉里吉里2/KAG2
【公開日】2008.6


自らの衣装を着替えて遊ぶ主様と、主様に仕える執事長の日常会話。

着せ替えするたびに、物語や会話が一つ語られます。
時々その衣装に関係したお話をしてくれるので、全部の会話が見たくなる。
フラグとなる物語をすべて読めばクリアのようです。

日々こうやって暇つぶしをして世界の破滅の日まで生きていくしかない二人。
なのに物語の最後には人生に関する格言が出てくるのです。
この二人に対して、なんという皮肉。


★物語に登場した格言一覧
・人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、私は決して人生をののしるまい。
byヘッセ

・我々は人生という大きな芝居の熱心な共演者だ。
byカロッサ

・私は賢明に思慮をめぐらし、愚かに行動し、一生の日々を送った。
byグリルパルツァー

・笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生。
byドイツの格言

・人生は、時にはコーヒー一杯の暖かさの問題なのだ
by出典不明

・一杯の茶のためには、世界など滅んでもいい。
byドストエフスキー

・ほがらかに死んでいくために、私は生きようと思う。
byゲレルト

 
Posted at 15:01 / サウンドノベル(女性向け・ノーマル) / この記事のURL
コメント(0)

 
 Powered by yaplog!