実際にプレイしたフリーゲーム(主にRPG、ADV)の感想、攻略情報などについて書いています。総記事数165。ネタばれあり。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:freegame_play
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
こちらサイトで簡単に作れたので、バナーを作ってみました。
 無料バナー作成工房

ネタバレや攻略情報など、伏字にしてある箇所があります。反転してご覧下さい。

このブログは、ゲームで消費した時間を何かの形にするために始めました。

今まで溜めていたゲームプレイ記録を今更ながらアップしています。

実際にゲームをプレイした日付を元に記事をアップしてるため、いつのまにか過去の方の記事が増えていたりします。

リンクはどのページにして下さっても構いません。

(2012/08/14記)
2年前に社会人になりました。
ゲームをする時間が取れなくなりブログ更新休止中です。
コメントはありがたく拝見させて頂いておりますが、前述の理由により攻略情報などの返信は出来かねます。申し訳ありません。
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像名無し
鬱夫の恋 (2015年08月18日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像zyangul
Inde Terminate PLUS ALPHA (2013年07月17日)
アイコン画像柔道部
いちろ少年忌憚 (2012年11月03日)
アイコン画像あいこ
月の涙 (2012年08月16日)
アイコン画像あいこ
月の涙 (2012年08月16日)
アイコン画像toyo324
カノウセイ (2012年07月14日)
アイコン画像今更感があるけど
いちろ少年忌憚 (2012年07月06日)
アイコン画像慈恩
いちろ少年忌憚 (2012年06月23日)
SPIRAL TALE , KNIGHTS OF HATE / 2010年06月09日(水)
【HP】螺旋の騎士
【作者】ワイキキ
【ジャンル】シミュレーション/ファンタジー/
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】20時間くらい?
【容量】53.4MB(自己解凍形式、分割DL、計11ファイル)
【ツール】シミュレーションRPGツクール95
【公開日】


あるところに 七人の きらわれものがいました

七人は螺旋の騎士となって

ひとの世をおびやかす 邪の螺旋をうちはたしました

ところが 世界をすくったえいゆうになっても

きらわれものの七人は 力をとりあげられ

おまけに どこにも もどれるところがありませんでした

そんななか なんということか 邪の螺旋がふっかつしてしまいます

きらわれもののひとりで 国をおわれたカエルおうじは

邪の螺旋をたおすほうほうをみつけようと 旅にでます

しかし、かつての力はもどらず

なかまたちも どこにいったのかわからないのでした……。

(作者HPより引用)



第4回Aコン特別賞作品。
壮大なストーリーの長編シミュレーションゲーム。
正史に語られることのない7人の嫌われ者の英雄譚です。
そのボリュームにも驚かされますが、キャラクターも個性が光っていて、楽しめました。

魅力的なのはやはりストーリーです。
世界最高の騎士である「螺旋の騎士」だった主人公マッチーが力を失い、追われる身になるところからストーリーが始まります。
周りから腑抜けた無能者だと思われているマッチーが徐々に仲間を見つけながら、「邪の螺旋」に挑むことになります。

途中まではコミカルに進むストーリー。
なのにラストダンジョンで一変!仲間が次々と死んでいく悲しい話に……。
かと思いきや、ラストのラストで怒濤の盛り上がり!
余韻を残す終わり方が良かったです。

難易度は中〜やや難くらいかな?ゲームバランスが良いです。
敵がマップ上に追加出現して不意打ちを食らったりするので、それを考慮して駒を配置する必要があります。楽しいw

最後は一騎打ちもあるので味方キャラは満遍なく育てていくのが吉。
まさか最後に残るのがあいつらだけになるとは……レベル低かったら積んでまうやん。

 
 続きを読む…  
Posted at 18:22 / RPGツクール(SLG) / この記事のURL
コメント(0)
餓猫伝 / 2010年05月30日(日)
【HP】信じた馬鹿が俺だった。
【ジャンル】STG
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】3〜4時間
【容量】2.04MB(zip形式)
【ツール】?
【公開日】2008.09.28


あらすじ
時は大体西暦2200年、科学の力で宇宙にまで住めるようになった時代に
突如異星人が攻めて来た・・・
これまでの兵器が殆ど効かない敵に地球側は困り果てるが
シュトローゼン=キラメキ=マッシュバッハと言う猫が
女の子に妙な武装を装備させてこれに迎え撃った
ドサクサに紛れて目指せハーレム!!・・・・と言う話

(作者HPより引用)



難SRPG「えるまに」の、ノリと設定を若干引き継いだシューティングゲーム。
コミカルな展開でサクサクとプレイ出来ます。
「えるまに」を未プレイでも充分楽しめると思います。

シューティングが苦手…というかほとんどプレイしたことがない私でもクリアできました。
可愛い女の子に(*´Д`)ハァハァ したい方にオススメ。

 
   
Posted at 23:58 / STG / この記事のURL
コメント(0)
リュカの庭 / 2010年02月27日(土)
【HP】月のしずくと唄いし君は
【ジャンル】ノベル/近世浪漫/BL
【対象年齢】15禁
【プレイ時間】数時間
【容量】9.56MB(zip形式)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2006/12/28


時は19世紀初頭。
舞台となるのは北の地方を治める貴族の邸。
領主の末子であるリュカは兄思いの優しい少年。

でも、兄フランシスは婚礼の準備に急がしく、
なかなかリュカの相手をしてくれない。

几帳面で生真面目な執事ジュールからは、折に触れ小言を言われ面白くないリュカは兄フランシスが老婆から買ったお酒をこっそり飲んでしまう。

そんなある夜、屋敷に新しく入った馬丁のアランは、使用人部屋の前でガウン一枚で突っ立っているリュカを見つける。

リュカの身を案じたアランは、翌日事の次第を問いただすが、リュカにはその夜の記憶がない……。

リュカの魂に宿る『白いバラの精』ローズ。
その邪悪な存在に気づかない、純粋無垢な少年リュカ。
真白き雪に囲まれた古い館で、白いバラの物語が再び回り始める……。
『ソルヴェイグ帝國』忘却篇。

(作者HPより引用)



攻略キャラ2人、ED数5、スチル12枚。

雰囲気は24年組の耽美系少年愛漫画によく似た感じです。
近所の図書館に置いてあった『トーマの心臓』でBL好きになった私ですから、嫌いなわけはありませんw
登場人物のローズはまるで『風と木の詩』のジルベールのようですw

15禁なので濡れ場もちゃんとあります。
イベント絵が妖艶でグッドです。

もったいないかなぁ…と思ったのは、ローズが内在している事が(登場人物には分からなくても

)我々読者にはバレバレなこと。
ローズがリュカのふりをしているときは話者が【ローズ】となるので……
ここで読者を翻弄するような書き方をしていたら面白かったかぁと。

彼ら登場人物のの3Dアニメを作者さんHPで見ることができます。
このアニメをフルで見てみたいなぁ。

------------------------------------------

●攻略

 
 続きを読む…  
Posted at 08:48 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(0)
ImageClub PINK-UNT / 2010年02月16日(火)
【HP】UNT
【URL】
【作者】酒路モノ
【ジャンル】脱出ゲーム/女性向け
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】総プレイ時間2時間程度
【容量】15.8MB(zip形式)
【ツール】吉里吉里
【公開日】2009/08/14


前作「君の居る夢想」と「D.I.D」のキャラが出てくる、二次創作ギャグノベルです。

基本はフラッシュゲームによくある脱出ゲームのように、各地点をクリックしてアイテムを集める形式で進みます。
吉里吉里製でこのシステムを見たのは2回目くらいかも…作者さんすごいです。
ちなみにこの手のゲームの基本である「Tabキー法」は使えません(泣)

前作はあんなにシリアスだったのに、涼平はゴミ箱をかぶった熱血格闘家(?)となり、コーツは猫耳&裸族キャラとして変貌を遂げました。
幸せそうで何よりですわw



●攻略
 
 続きを読む…  
Posted at 21:26 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(2)
D.I.D / 2010年02月15日(月)
【HP】UNT
【作者】酒路モノ
【ジャンル】BL/自分探索ADV
【対象年齢】12禁15歳以上推奨
【プレイ時間】総プレイ時間6程度
【容量】38.4MB(zip形式)
【ツール】吉里吉里
【公開日】2009/04/12


嫌な夢を見た。
誰かが血塗れで倒れている夢。
在るのは大きな後悔と罪悪感。

目を覚ましても、夢の意味は思い出せない。
あれは誰なのか。
何故血塗れでいるのか。
誰が自分を呼んでるのか。

判らない。

自分の名前、さえも。

(作者HPより引用)



ED数4つ(+extra3つ)のマルチエンディング探索ADV。

奇妙な夢から目覚めたら記憶を失くしていた主人公トート。
部屋の外から出ると、いきなり怒涛の展開。

謎の敵との戦闘、仲間だったはずのエーアリヒの背反など、
話がよく見えないまま屋敷探索開始。

屋敷の人間が全員慕っているというトート、
他人を吸収して能力を得ることができるというトート
トートに好ましくない人物を収容するという地下牢、
トートとはいったい何者なのか。
この屋敷はいったい何なのか。

どきどきして面白かったです。

ぐぐってみて分かったのですが、ゲームタイトルがそのものズバリ解離性同一性障害のことなんですね。
勘のいい人はすぐ分かったのかもしれませんが、私は分かりませんでした(笑)
登場人物の名前が主人公の心の中での役割をそのまま表してるあたりも面白いと感じました。

サイコサスペンスが好きな人にはぜひお勧めしたいゲームです。
アクション色も強いので戦闘好きな人にも良いかも?


 
 続きを読む…  
Posted at 21:01 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(0)
君の居る夢想 / 2010年02月14日(日)
【HP】UNT
【作者】酒路モノ
【ジャンル】BL/中学生/創作世界
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】1プレイ1時間程度
【容量】22.2MB(lzh形式)
【ツール】吉里吉里
【公開日】2008/11/15


クラスの不良グループから目をつけられ、良い様に使われる日々を送るセツ。
そんなある日、かつての幼馴染と口論になってしまう。
報復を恐れ、明日を拒む。叶うはずの無い望み。

「………じゃあ、そうしよ」

現れた長髪の男が、セツの視界を塞いだ。
現実から逃げるために。

それぞれの、思いと望み。
錯綜する、創作世界サウンドノベル。

(作者HPより引用)



切ない系BLサウンドノベル。良作です。
たまに出るグラフィックもシンプルな線で好みですが、話もまたいい。

周回する毎に選択肢が増えていき、違うルートへと進んでいきます。
その度に徐々にあらわになるトージの正体、過去の真相。
うーん、こういうのどきどきしますねー。

どのエンドでも最低一人は必ず不憫です(笑)
でも爽やかさと切なさを残す読後感にやみつき。

BGMがクラシックなのもいいですね。
ノベルの雰囲気に合ってる。

追加シナリオでいじめっこの飯村君が攻略対象になりました。
この続き読んでみたいな……。

バックログが無いところはちょっとNGかな…。


●攻略
 
 続きを読む…  
Posted at 04:56 / サウンドノベル(女性向け・ボーイズラブ) / この記事のURL
コメント(0)
プラスチック・プリンセス / 2009年11月26日(木)
【HP】SUGAR STAR
【作者】桜井ひかる
【ジャンル】娘育成シミュレーション
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】一周で数時間
【容量】31.0MB(lzh形式)
【ツール】NScripter
【公開日】2009.02


□■ストーリー□■

流刑地で生活をする、ラグ・RW-02。
いわゆる魔法使いである。

ある日彼の師匠が悪魔の赤子をつれてきた。
師匠に押し付けられ、悪魔の赤子を育てることに。

今日から僕はパパになる!

(作者HPより引用)



このゲームは悪魔の娘・アリスを育てるゲームです。

アリスに異世界を探索させて、ゲットしたアイテムを錬金させて装備を作ります。
アリスは戦闘によってレベルアップしていきます。
また訓練によって新しいスキルを覚えることも可能です。
イベントを経るごとに幼体、少女体、成体と大きくなっていくのも楽しみの一つです。

人工女神の続編となるゲームなので、前作をプレイすることオススメします。

色々な装甲を着せると、そのたびに立ち絵が変るので、着せ替え要素があって楽しいです。
絵は2〜3頭身くらいの可愛い絵。

戦闘に関しては、1周目はとにかくキツかったです。
ランクの高い装甲を作らないと太刀打ちできないので、新しい装甲の材料となるアイテムを探そうとするんだけど、それに時間がかかって苦労するし…

でもコンプリート目指して頑張ってしまいたくなるゲーム。

攻略は他サイトさんが参考になります。
 
   
Posted at 03:41 / サウンドノベル(一般向け) / この記事のURL
コメント(0)
L / 2009年01月07日(水)
【HP】TRANSPARENCY
【作者】夏目
【ジャンル】人外ロリ萌えきゅんAVG
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】1プレイ1時間程度?
【容量】33.9MB(lzh形式)
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【公開日】2006


 誰もいない森の奥。
 何も無いはずなのに城がある。

 荘厳にして優美。
 壮大にして華麗。

 その美しい城には、一人の魔女が住んでいる。

 魔女は孤独を愛し、人間との関わりを避け、ただひっそりと城で暮らしている。
 無害にして無益。
 だが、一目彼女の姿を見たものは、二度と帰って来ないという。

 故に、人々は魔女の森に入ること禁忌とし、代々こう語り継いできた。

 『白城には近づいてはならぬ』、と……


(作者HPより引用)



エンド数5つ。立ち絵ありスチル無し。

長い眠りから覚めた不老不死の高慢なロリ魔女。
眠りに付く前の記憶が無くなっていることに気づいた。
そして眠っている間に、城の中に見知らぬ男がいたので下僕にしました。
というお話。

ユージェニアスの唯我独尊的な女王様っぷりが気に入った。

ストーリーを進めるごとに次第にユージェニアスの
始めはコメディいタッチだけれど次第にシリアスに。そして鬱展開。

最初に見たのは BAD END2「狂気の魔女」。脅威の鬱展開。

 
 続きを読む…  
Posted at 19:06 / サウンドノベル(一般向け) / この記事のURL
コメント(0)
カノウセイ / 2009年01月05日(月)
【HP】SULPTENON
【作者】八久斗
【ジャンル】ADV/ホラー/サバイバル/電車
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】1プレイ30分〜1時間
【容量】1.21MB(lzh形式)
【ツール】RPGツクール2000
【公開日】2008


〜ストーリー〜
旧友との再会。事故の発生。日常からの隔絶。好奇心が導く死への世界。
閉じ込められた乗客は6人。なぜ、こうなったのか。どうしたら、助かるのか。
電車内を舞台にした生き残りRPG。
※注意!※
このゲームには若干ホラー的な描写が含まれます。苦手な方はご注意ください。
(かと言ってホラー好きの方が満足できるレベルとは限りません)

(添付説明書より引用)



コンパクWeb第10回銀賞受賞作品。
ツクール製のマルチエンディングサバイバルゲーム。
エンディングは7つ。

正しい行動を取って乗客の命を守りましょう。
でも正直ツクール製でマルチエンディングはきついです。


仲間を助けるためのフラグ立ては結構シビアです。

加奈なんて全部時間制限付きだし、
綾乃が携帯電話使うシーンで殺されるのも、
ヒント聞くまでは「は?何で?」って感じだし。

何でもいいからエンディングを迎えておまけ部屋に行くとヒントが貰えます。
それがなきゃ自力クリアは自分的にきついわー。


正志が怪しいというのは、かなり最初の段階から思っていたのですが
途中に出てくる車掌に殺されたとは思わなかったな。

電車を使った殺人トリックは、おまけ部屋で作者さんが言っている通り現実では不可能だと思う。
刑事たちが勝手に推理してくれる演出で正解だと思う。

GOOD ENDで「カノウセイ」の意味が分かるんですが
何というオチ……ある意味親父ギャグちっく(笑)

化け物を倒すと「キオク」を手に入る。全部で10個。
これを読むと正志の過去と今回の怪現象の動機が分かる。
他のキャラクターのキオクも混じってる。

バッドエンドのラストに流れる音楽はある意味趣味悪!(笑)

普通の人は初回プレーではBAD ENDに行くらしいですが
私は仲間を生かすことが出来ずにDEATH END 2に入った。
まぁどっちにしろ鬱END。



◆攻略?
 
 続きを読む…  
Posted at 02:39 / RPGツクール(RPG) / この記事のURL
コメント(9)
鬱夫の恋 / 2008年12月28日(日)
【HP】鬱夫の恋DLページ
【ジャンル】鬱ゲー/中学/いじめ
【対象年齢】全年齢
【プレイ時間】1時間
【容量】4.11MB(解凍前、実行ファイルなし)
【ツール】RPGツクール2000
【公開日】?


作者の体験した実話を元に作られたゲームだそうです。
ツクール製だけどほとんどノベルゲームです。

いじめられっこのウツオの恋の始まりと終わりまでのお話。
やっと見つけた希望が無惨に奪われる瞬間のお話。
閉塞間と絶望に満ちたお話。
救いのないお話。

「本当に実話?」と疑いたくなるような残酷な話です。
鬱ゲーとしての完成度はピカイチかと。

ちなみに途中のミニゲームは絶対クリアできない(多分)つくりで、
下の箱を調べるとスキップできます。

 
   
Posted at 01:13 / RPGツクール(ADV) / この記事のURL
コメント(6)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!