星の誘惑 

September 02 [Fri], 2005, 23:47
眠い。
眠すぎる。
決まって、勉強した後のこの空間と時間に寂しさを感じる。
それ以上に寂しさを感じる瞬間もあるけれど。


今日、「会える?」ってメールが来た。
会って、話を聞いてあげたかったけど、送られてきた模試結果を見た後じゃ
勉強しないと悔やむ気がして、「ごめん。」と云った。
去年の夏もそういやこんな感じ。
恋と夢と人間関係。


もう夏も終わりだね。
夏っていうと、クーラーの中で毛布をかけて寝るのが幸せなんだけど
それもそろそろ終わり。
夏は恋の季節っていうけど、私にとって夏は変化の季節。

夏の幻想 

September 02 [Fri], 2005, 0:05
「〇〇ちゃんじゃない?」って今日、突然声をかけられて
振り向いた先には、英会話の先生がいた。
まさか、あんなところで会うとは思わなかったからびっくりした。
数分の会話で私の頭に残ったのは・・・
「夏過ぎると早いからね。」
思わず、ドキッ。
その瞬間、机と参考書が欲しくなった。


帰ると、ほうっておいた携帯には着信があった。
メールを出して、返ってきた返事に答えが出てこなかった。
気付きたくない思いと現実に目を逸らし
例え、それでも、君の恋が続くなら・・・
そう思ったけど、それはただの夏の幻想。






 

August 31 [Wed], 2005, 21:21
突然の電話は、恋の相談。
それを聞きながら・・がっかりしてしまった。
相手を一途に思う彼だって聞いてたから
あまりにも、落胆した。
移ろいやすい心を、無理に繋ぎとめるのは難しいのかもしれない。
でも、がっかりした。


自分とは別の人と逢う、その彼をまだ好きで、愛しているという。
私は友達として、「辞めたほうがいい」と云いたかったけど
でも、云えなかった。
きっと、私が云ったとしても、彼女は彼の事を諦める気はないだろうし
その気持ちを止める権利は私にはない気がして。
そして、その彼に心を奪われている気持ちはよく解るから。
でも、ホントにいいのかな?彼がした事を許せるのかな?なんて心配。



私なら、許せないと思う。
そして、それを許したら・・許した私自身を許せない気がする。
相手が私に決定的な嘘をついたら、私はその相手から去るだろうな。













2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:freedom1985
読者になる
Yapme!一覧
読者になる