似非天使 

September 30 [Sat], 2006, 21:54
道端に落ちていた適当な羽を

自分の背中にくっつけて

笑ってた

天使にでも、なったつもり。



他人の羽を片方奪って

自分の背中にくっつけて

笑ってた

自分の羽にでも、したつもり。





愚かなことに気づかない。

愚かであるほど気づかない。






きっと明日は飛べるような空で

小鳥は自分のために歌い

葉っぱは自分のために酸素をくれる

そのはずなのに

この空は、きっと誰かの涙を写す

愚かであるほど

この空が哀しい理由が分からない






ゴミ捨て場から拾った羽を

自分の背中にくっつけた

笑ってた

残酷な天使を演じたつもり



他人の羽を片方奪って

自分の背中にくっつけた

泣いてた

そいつの涙が、頬を伝う。




きっと明日も明後日も、ずっと泣いているんだろう?
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:freedom-sorrow
読者になる
Yapme!一覧
読者になる