クリスマスイブの今夜 

December 24 [Mon], 2007, 8:28
コタツでみかん、そう思ってたけど急遽出かけることに。

相手は元カレ、不思議で仕方がない。

そもそも私が誘ったんやけど、9割断られると思って(振られた相手なだけに)声かけたら

あっさりオッケー。






クリスマスイブですよ?

たいていの人は彼氏彼女や友達と過ごしてるのに、

どうして昔の恋人とイルミネーション見に行くとか。

世間一般で見れば十分カップルに見えるの、

彼はそんな状況耐えられるのかしら。隣にいると間違いなく彼女に見えるよ。

少なくとも別れた彼女でね、私。

しかも振られたの。

ちょっと期待しちゃうよ?ねぇ。

断られるつもり満々やし、そのあとの台詞一生懸命考えてたのに。





じゃあ何で誘ったんやって言われたら……

何か期待があったんかな、私の中に。

とりあえずキラキラ見て、いろいろ話し合ってきます。

心境の変化 

December 09 [Sun], 2007, 21:21
アクセスしてくださった人に申し訳ないくらい放置してました。

ハイ、生きてます。何とか。

京都のどこかで窓口のお姉さんしてます。




最近の私。

仕事が順調で恋を忘れかけていました。

8月、海外に行った彼を半年間待つ、気持ちは変わらない、そう言ったものの

月日が流れれば人間の感情なんてもろいもので、

今、正直な話、その時分の熱い感情はどこへやら・・・です。

その分、他にそういう人が出来たわけでもないですが、

嘘をつかれるのはごめんです。

んまぁ社交辞令やったんかも知れへんけど、

「着いたら連絡するな!」

と期待させるような発言を残して異国の地に旅立ち、かれこれ4ヶ月経ち。

未だ連絡をよこさないとはどういうことか。

やっぱり私、遊ばれたのかしら。



きっと周りの友人達は

「遊ばれただけに決まってるやんか」

ってはっきり私に言いたいんやと思う。

目を覚まさせるためにも。

私が待ち続けてる姿を見て、呆れてるのがよく分かる。

今まで後押ししてくれたり、頑張れって応援してくれてたのに、

彼氏が出来たらそっちにべったり。

女の友情ってそんなもの。



でも、別に彼女達を非難するつもりはないし、

態度見てたら私のためを思ってそう言うてくれてるのも頷ける。




私も分かってるはず。

待ってちゃダメだってこと。

遊ばれた、そういう経験が今までなかっただけに

引きずってるだけなんや、って。





そういう不誠実な人にしがみついても

私は幸せになれない。

ただ、フレッシュな不安の中に飛び込むのが怖くて、

慣れた不安の中にいたいだけ。

ようは甘えてるんやと。



探せば出会いなんて職場にもたくさんあるわけで

毎日が新しい発見で、

楽しいはずやのに、

それを楽しくない、重いものにしてしまってる自分。

バカみたい。



こんな私のことを

「笑顔のステキな窓口担当の子」

って褒めてくれてるお客さんがいること。

わざわざ私の窓口を選んできてくれるお客さんがいること。

笑顔で接したら、感じの悪かった、怖いお客さんも笑顔になってくれたこと。



こうして思い返せば、毎日どんよりした気分で彼を待たなくても、

ステキな出会いを自分で招くことが出来るかも。











彼が帰ってきて、もし会うことになっても、

もう8月の私じゃない。

あのときの「重い私」じゃない。

充実感に浸った、笑顔の冴える、イイ女になってみせるぞっ!!

遊んでポイしたこと、後悔させてやるっ!!




早速ですが、近日、大学時代のゼミ仲間に会うので

そのときに当時の

「六法を片手に持った真面目なごっつい女」

だった私をどこまで払拭できるか、試してみます。




少なくとも今の私は、学生時代付き合ってた彼氏曰く

 「痩せて垢抜けてキレイになった」

らしいので、

ちょっくらビックリさせてきます♪

んまぁ、いわゆるクリスマスデートみたいなもんです。

食事だけの予定が、遊びに行くことになったので。





もう、海外の彼を献身的に待つことは止め!!!

他の人の考え方も吸収し、どんどん成長します☆☆







ってな訳で、ブログ、再開します。

これからもよろしくお願いしますね^^




                                        kanko.

占い。 

November 22 [Thu], 2007, 22:43
何だかんだでいいこと言われると信じちゃう私。

今年は12年に1度の最高の年で、飛ぶ鳥を落とす勢いの年だと言われてた。

言われたってか、書いてあった。

でも、実際・・・どうやったんやろう。

少なくとも恋愛に関しては最高とは言えなかった気がする(現時点において)。




仕事に関しては憧れてたテラーに就くことが出来て、

必要な資格も取得出来て、

上司との関係もまぁまぁ良好、それなりに良かった。





今日の帰り、ananを立ち読みしてみたら、

「おとめ座のあなたは来年は12年に1回の大チャンス到来!!!」

なんて記事。

当たると評判らしいけど。。。。


もしそれが当たるようなら、来年は恋愛においていいことがあるかもしれない。




今は仕事がそれなりに充実してるから、恋愛云々は二の次になっても構わない。

ってか、むしろそのほうが有り難い。



あの海外に行った彼は帰国が延びたらしいし、

そうなると・・・。





やれやれ。。









いつになったら私の元に春が来るのかしら。。。

予測出来ない。 

November 11 [Sun], 2007, 15:21
今日は会社の昇級試験。

何段階かレベルがあって、それを一通りクリアしてボスの推薦があれば昇格出来るというもの。

私が受けてる試験は全部で6科目。すでに2科目は合格して、今日は2科目受けてきた。

出遅れたほうかもしれない。

試験に強い、ちゃんと勉強してる同期はすでに次のステップに上がってるとか。

私は・・・運が悪いのか(笑)いつも同じ科目ですべっては再チャレンジの繰り返し。





さすがに今回はどっちも受からないとシャレにならん、と

気合を入れてみたものの・・・厳しい(笑)







・・・・・・で、その試験。

今日、隣の席にこないだケーキをおごってやると言ったあの同期(前回日記参照)が座ってた。

とりあえず試験終わったら、って話をしてたのに、

忘れてんのか、それともその気なんてさらさらないのか、

ケーキのケの字もまったく出てこなかった。





あぁ、乗せられたんかな・・・。

ちょっと悔しいけど、奴いつも口だけやしあんまり気にしてないし、ダメージも少ない。








試験が終わって。

流れで一緒に会社を出てきた。

終わったねー、とか他愛もない話をしながら、四条通に向かって歩く私たち。

と、奴はカバンから携帯を出し、画面を食い入るように見てた。

どうも同じ支店の同期から連絡が入ったらしい。

そもそも一緒に帰る気なんてなかった私は

「お疲れさま」

と一言だけ声をかけ、足早に去った。

奴の行動が私と離れるための猿芝居であっても、本当に連絡があってそっちに行くにしても、

私には何の関係もない。

人をその気にさせるような行動を取っときながら、

相手が振り向いた途端、手のひら返したかのように冷たくなるような奴のことなんか

気にしたくない。



自分でもよく分かってる。

強がってるだけ、っての。

本当はどこかで何かを感じてるんやと思う。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年の4月。

当時付き合ってた彼氏が1ヶ月研修で東京に行った。

お互い入社したばかりで、不安もあり、かつ遠距離恋愛もしたことなかった私たちにしてみれば

かなり過酷な1ヶ月を強いられることになった。

私も慣れない銀行員生活を始め、不安な気持ちが膨らんでいった。


そんな私と同じ境遇にいたのがそいつ。

奴も彼女と遠距離恋愛を始めたばかりで、

本人は

「離れてるから気楽や」

なんて言うてたけど、

内心、寂しかったんやと思う。

奴には内定者時分から仲良くしてもらってて、

地元も一緒の仲のいい友達やった。






ある日。入社後2週間目かな?

私がとんでもなくブルーになりへこんでたとき、奴は

「無理すんな。病んでるときは夜景とか見てボーっとするのもええぞ」

と励ましの言葉をかけてくれた。

そこに冗談っぽく

「じゃあ夜景見に連れてってよ」

なんて言うたら、あっさりOKの返事。

私はてっきり

「何言うてんねん、一人で行って来い」

って言われると思ってたから、かなり焦った。

彼氏もいるのに、ましてや向こうも彼女いるのに・・・

妙な気持ちが生まれた。

いけないことしてるような、そんな罪悪感のような。




で、その連れてってもらう日までに何度か帰り道で偶然会ったり、

遅い時間やけど地元のバーで飲んだりもした。

同期との飲み会には必ずいて、帰りが遅くなれば地元が一緒って事もあって、

家の近所まで送ってくれた。

不思議と心の中に入ってきはる感じで。



そうして一緒に過ごす時間が増え、私のなかで気持ちに変化が出てきた。

とは言うものの、奴は何だかんだで彼女と上手くいってるみたいやし、

ケンカしたとか言いながらも楽しそうに彼女の話題を出す。

よく分からない奴、そんなとこ。




夜景当日。

奴は車で現れた。

待ち合わせの時間までずっと断ろうかどうしようか悩んでた。

彼氏いるのに・・・他の男の人と(友達やけど)夜景とか・・・って。


悩んだけど、出かけてしまった。

一線を越えるようなことは絶対にない、させない、そう自分に言い聞かせ車に乗り込んだ。

絶景のビューポイントに着いて、寒いけど外に出てみる。

無言のふたり。

あたりには何もない。

眼下に望む、きれいな夜景。



よからぬ事を考える私。

もし、私らがそれぞれ恋人がいなかったら、これ、かなり危険な話で・・・。

でも、今はお互い遠距離やし・・・このまま連れ込まれたり・・・大丈夫かな。






幸い、心配するようなことは何もなく、無事に家に帰してくれました。

帰ってから、ありがとうの思いをメールにしたため、送信。

でも、結構適当な返事に口ぽかん。






でも、そんな奴の行動がいまいち理解出来なくて、気づいたら恋愛感情に近いものが生まれてた。

当の本人は急に冷たくなり、不安になる私。

んまぁ、向こうからしてみれば友達が病んでるから力を貸しただけ、やろうと。

ありがとうメールの内容が重かったか。。。

私、どうも尽くしたいタイプやから、つい入れ込んでしまうとこがあり。





・・・情けなかった。

自分でも分かってるはずやったのに、ちょっと浮かれてたことが。

それからというものの、しばらく会社の行事で顔を合わせても、

私はずっと相手を避けてきた。

そうするしか自分の気持ちを吹っ切ることが出来なかった。












・・・・・・・・・・・・・・あれから月日は流れ。

普通に喋れる仲のいい友達に戻った。

ぎこちなさはもうどこにもない。

見かけたら向こうから声をかけてくるくらいにまで戻った。



最近、奴は当時付き合ってた彼女と別れた。

今度こそ本気で別れた、らしい。信用してないけど。

で、今お互いフリー。

至って普通に今は振舞ってるけど、やっぱり一時のこと考えると、

奴を特別視してることには変わりない。

その予測出来ない行動に翻弄されっぱなしの私。




もしかしたら奴は私が好意を持ってるって思ってるかもしれない。

仮にそうだとしたら、

「勘違いしないでよね」

って奴が私に過去に取った行動のように、さらっとかわしてやるつもり。

悔しいもん。

でも、決して相手に対してやりこめるようなことはしない。

もし、当時の私と同じような気持ちを奴が持ってくれたら、

その時は・・・どうしよっかな。

その時の私の状況次第??なんて。










予測出来ない奴とまた、明日から仕事に励みます。

時の流れに身を任せ 

November 03 [Sat], 2007, 18:29
「彼女と別れてん」

あーぁ、また始まったよ。

何度目かな、この言葉聞いたのん。

少なくともこの2年間で3回は聞いてるかな。

で、しばらくしたらまた元に戻ってんの。






私はいつもそいつからそう聞かされ

「え?また?」

と呆れたふうな表情を見せる。

深刻な素振りも見せずに別れたなんてあっけらかんと言うから、

私からしてみれば痴話喧嘩かと相手にしたくなくなる。


でも、今回はいつもと様子が違う。


って、毎回そう思っては心配しすぎてバカみるんやけど、

本人曰く、今回はお互いがもうダメやと思って離れることになったらしい。

ハイ、私自身、全然深く心配してません。

友人として、そんな痴話喧嘩に介入したくないし。

いっつもそうやったし。ほんとに。






今までは

・しょうもない(当人間ではもしかしたら深刻?)内容で「別れる!」と彼女がわめく

・ささいな事で火がついて喧嘩になり、「別れる!」と彼女がわめく

とりあえず、聞いてる限りでは彼女が子供ですぐに「別れる!」とわめくことが原因やったらしい。







ちなみにその彼女、私と同い年。

彼氏であるその友達は1コ上。

話聞いてる限り、その彼女は同い年の私からしても幼いと思う。

考え方や行動がどうも幼稚で、わがままに感じる(もしかしたら友達にそう吹き込まれたんかも)。


その点私はというと・・・

そこまで子供ではないやろうと自負してる。







そんな彼。

地元が一緒で、通勤時によく会う。

何気ない話をして電車に乗り、同じ駅で降りて職場へ向かう。

私はその駅で乗り換えてまだ先の駅へ向かうんやけど。



女慣れしてるんやと思う。

仕事帰りに偶然駅で会って、そのままお茶しにいったり、

改札の前で平気で1時間以上しゃべったり、

何かあれば気軽にお互い家を出てしゃべったりする。

近所ならでは。



私も気兼ねする相手じゃないから、

別に着飾っていかなくても、すっぴん・めがねで平気で会える。

んまぁ、相手がそれをどう取ってるかはしらんけど。

こないだは夜遅くに電話かかってきて

「今、こっち帰ってきたし、家の近所向かってるから出てきてくれ」

なんてことも。

もっとも、これはその日の朝に約束してたからやけど。

連絡なかなかないから、お風呂入ってうとうとしてた矢先の出来事。

ほんまにお風呂上がり。

髪の毛も乾かさず、とりあえずジーンズに着替えて近くまで出て行って・・・でも平気。

そんな格好で恥ずかしいとか、多少はあるものの、

まぁそいつならいいかな、と。




すぐに帰る予定が、結局寒空の下、2時間以上、日付が変わってもなおしゃべってた。









そんな彼、私に借りがあり、今度その借りを返すために何かしてくれるらしい。



そんな気ぃつかわんでいいのに・・・っていつも他の人になら言うけど、

相手が相手だけに、

「じゃあケーキ食べたいな♪」

と、調子に乗ってみた。

たぶん決行。

いや、無理矢理でも決行にさせる。


借りは返してもらわないと。

とか何とか強がり言って、内心ドキドキの私。

ふとした瞬間に見せる彼の優しさに過去、1度だけドキッとしたことがある。

でも、当時は私も彼も、彼氏彼女がいたし、

向こうも何の気なしにその行動に出たんやと思う。

私も不意を衝かれてしまった。







当時のことを思い出せば、彼女いたのに彼氏持ちの女友達が病んでるからって

車乗せて夜景見に連れてってくれたり・・・普通するんかなぁ。。









んまぁ、今回は違う。

借りを返してもらう、ただ、それだけ。

何も期待なんかしてない。

前、そんな彼の行動にドキッとした不甲斐ない自分でいちゃいけない気もする。





もう、流れに身を任せてみよう。





委ねてみようと思う、相手に。

その気がないならわざわざ帰りに駅で会ったくらいで引き止めて1時間も

「じゃあ何がええねん?」

ってこっちが要求出してんのにやたら引っ張ったりせんでしょうし。







意外とこうして素の自分でやいやい言える相手が一番気楽でいいんかな。










って言うても、普段メールしても返事しないような奴やけど。

だから私もめったに送らないし。




会ってその人と面と向かっていろいろしゃべる方がハートにはぐっと来る。

デート。 

October 25 [Thu], 2007, 22:46
何の気なしにデートって言葉を使わないでほしい。

友達同士で遊びにいくだけやのに、

デートなんて言い方したら、なんか特別な感じがしてしゃあない。


言いだしっぺはあいつ。





んもぅ、しーらないっと。

少し成長したんじゃね? 

October 14 [Sun], 2007, 22:05
今日、篠山口まで行ってきた。

特段用事はなかったけど、思い切って電車に乗って正解やった。

途中の三田は私にとってとっても思い入れのある場所で、

ずっと心の中で絡まってた糸がようやくほどけた。。。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新三田から2駅向こうやったかな。

その駅は私が昔付き合ってた人の地元の駅でした。

彼は京都の大学まで通うのに、実家を離れ、下宿をしてました。

田舎育ちってこともあり、素朴な、笑顔の素敵な人でした。

後輩にも慕われ、面倒見のいい彼にいつしか私も惹かれ、やがて恋人同士に。

私にとって初めてまともに付き合った彼氏でした。

それまでに友達以上恋人未満って微妙な関係の人がいたけど、決して彼氏彼女ではなかったし。


いろいろ彼から教えてもらったように思います。

でも、束縛がひどい人で、それが私を追い詰めて別れることに。

たくさん喧嘩もし、理不尽なこともいっぱい言われて。




で、しばらく連絡も取らず、ひょんなことから今年の1月に連絡を取ることに。

約2年振りかな。

当時、私はその彼のことで相談に乗ってもらってた男友達とその後交際を始めたものの、

いろいろ理由もあって2年間の歴史にピリオドを打ったとこ。




きっと彼もフリーなんちゃうかなって、淡い期待を寄せつつ話を聞いてると

彼女が出来たとのこと。

なんか複雑な気持ちやった。

もちろん、フリーやったらより戻そうなんてそんなバカなことは考えてないし、

ちょっと悔しさもあったんかな。

私がその彼と別れた理由が

「束縛がひどくてそれに耐えられなくなったから」

やっただけに、仮に次付き合い始めても同じようなことで別れるんやろうなって勝手に思い込んでたから。

って言うのも、私の前に付き合ってた彼女さんにもそれと似たようなことで別れてはるから、

全然分かってはらへん、って思いがあった。


聞くと1年近くになるとのこと。


私はその彼と7ヶ月間つづいて・・・

ますます悔しさと寂しさがそのとき募った。



確か記憶ではそのとき、彼に対していい言葉をかけられずに電話を切ったように思う。

素直に

「よかったやん、お幸せに」

って言えなかったはず。

いや、言いたくなかった。

自分よりも先に幸せになるなんて!!!ってエゴがあった。


・・・最低やな、自分。


って思ったけど、それ以上どうやってもいい風には考えられへんかった。

別に恋人がいるから幸せとか幸せじゃないとかそんなんは思わへんし、

どこかでもしかしたら未練があったのかもしれへん。



その直後、会社の店内旅行でちょうどその彼の地元近くに行くことに。

ちょっとだけセンチメンタルな気持ちになり、しいたけの味も三田牛の味もよくわからへんかった。









そんな気持ちで、彼に対してひどいこと思ったままこうして時間も過ぎ・・・







今日、兵庫・川西に用事があったんで、帰りに大阪方面のホームに降りないといけないところを

思い切って反対のホーム、三田・篠山方面に足を向けた。



きっと私の中で消化しきれてなかった彼との関係。

3年以上経つけど、このままじゃいつまで経っても彼から本当の意味で卒業出来ない。














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


電車は私を乗せてどんどん山奥へ。

まるでタイムマシンに乗ってるみたいに私の記憶もどんどん過去へ。

いくつもの山を越え、風景ものどかな田園に。

で、あっという間にその駅に。


その駅は通過しただけやったけど、

そこで彼が生まれ育ち、彼が21歳のときに20歳の私と出会い、恋に落ち、

幸せな時間が永遠に続くと思ってたけど短い縁で幕を閉じ・・・

いろんなことが頭のなかをめぐった。



なんだかんだ言いながらも彼と一緒にいて私は幸せやった。

いろんな辛いこともあったけど、それは私だけじゃなくて、彼も同じで。

しょうもないことで笑いあったり喧嘩したり、

些細なことを幸せと感じられることを教えてもらえた。




私は彼と出会えて本当によかった。































































































篠山口に着いたとき、私はすがすがしい気持ちでいた。

彼へのもやもやが完全に吹っ切れていたからと思う。

と、私の携帯が鳴った。

その彼からやった。

と言うのも、川西を出る直前に

「訳あって三田に向かってます」

ってメールを送ってたから。

そんなメールを送ったのも、

きっとそんな気持ちと決別するために無意識のうちに彼に発信してたんやと思う。



ちょうど彼は仕事中で

「もっと早く連絡くれたらその辺ぶらぶらしたのに」

って。

で、すかさず

「そんなん(昔の彼女に内緒で会うこと)してたら彼女に悪いでしょ」

って彼をたしなめたら

「すまん」

って。


あぁ、まだ続いてるのねってちょっと安心感。

どこか寂しさもあったけど、彼は私じゃなくて今の彼女を選んだ。

それは正しい選択やったと思う。

彼にとっても私にとっても。




「彼女のこと大事にしてあげなあかんよ、きっと自分なら出来るよ。私も負けへんように幸せになるし」




今までの私からは想像も出来ひん言葉を彼にかけてた。

そう、相手の幸せを心から願えるようになってた。

偽善者振ってかけた言葉ではない。素直な気持ち。

そのメールを送るために送信キー押したとき、外の景色が一瞬滲んだ。

頑張れよ、気づけばそうつぶやいてた。




素直にそういう風に言えるようになった・・・少し成長したんじゃね?私(笑)







自分だけが幸せになろうなんて、そんな勝手な話、あるもんですか。

過去に本気になれた相手だからこそ、幸せになってほしい。

そう思える日がこうして迎えられたこと、今日は私にとって再スタートの日となるでしょう。








ありがとう、出会ってくれて。

短い間やったけど、恋人として一緒にいられて良かったです。

サプライズパーティー 

October 07 [Sun], 2007, 21:58
昨日、友人2人に車で拉致された。

目隠しまでされ、気づけば車はどんどん走る。

「着いたよ」

そう言われ目隠し取ると、そこはまったくどこかも見当つかない山奥。

かろうじて「寝屋川市立森林センター」って書いてあったから、

そう遠くへは行ってまいと一安心した。



そこはキャンプ場で、ログハウスがあった。

ある1室を借りてたらしく、鍵を開けさせてもらい、中をのぞくと・・・

無数の風船があった。

もう、メルヘンの世界。

私は訳もわからず、とりあえず言われるがまま中に入り、風船と戯れた。






と・・・












「お誕生日おめでとうっ!!!」




と、クラッカーと共に、2人のその言葉。

そう、サプライズパーティーを企画してくれていた。





思い返せば誕生日当日。
 
「1ヵ月後の10月6日に誘拐します」

的なメールを受けとってた。

誘拐、拉致されるのね、私・・・ってちょっとドキドキしてたら、

「悪いけど、寝屋川までは自分で出てきて」

って意味不明なメール。


なんで拉致されるのに自ら出て行かなあかんねん!!って軽く怒ってしもた(笑)








1ヶ月遅れの誕生日パーティー。

素直に2人の行為が嬉しかった。と同時に、そんな2人が友達でいてくれてることがもっと嬉しかった。

彼女達がくれたメッセージ(寄せ書き)には

「これからも、この先もずっとこうしてワイワイ楽しんで笑っていこうね」

って書いてあった。



めちゃめちゃ嬉しかった。

お祝いももちろんサプライズで嬉しかったけど、

それ以上のものをもらったと思う。








24年間生きてきて、

こうした親友に出会えたことは奇跡やと思う。

限られた時間のなかで、60億もいる人のなかからこの2人に出会おうと思っても、

そう簡単にはいかない。

選ばれた友なんやろうと思う。







こんな私に付き合ってくれてありがとう。

私も2人が私にしてくれるように、真正面からぶつかってくからね。

これからも、ずーっとよろしくね。

退行時刻 

October 01 [Mon], 2007, 23:38
銀行は15時でシャッターが降ります。

友人にはよく

「15時でシャッター閉まったらそのあと何してるん??」

「定時には毎日帰れてるんちゃうん!?銀行めっちゃいいやん」

「残業とかないやろ〜」

って、大きな誤解を受けます。



が。

退行時刻、先月後半から今日にかけて・・・

平均で20時前。

こないだの金曜日は21時過ぎまで営業室にいた。

最近、退行時刻が遅くなりつつある。

一時期定時の17時過ぎには帰れたのに・・・!!!









なんでやろう・・・こんな遅い時間まで。

よのOLさんとか、アフター5にデートとか言うてはるけど、

そんなん無理!!

お稽古事に行くとか友達言うてたけど、無理やって。ほんま。













このまま行くと仕事女になってしまうんやろか。。。

自分の気持ちに正直でありたい。 

September 30 [Sun], 2007, 15:24
明日から10月。

時間が経つのは早い。

最後に逢った日から今日で2ヶ月が経つ。

どうしてるのか・・・連絡はないから向こうでのレポートを見るしか手立てはない。




このまま待ってても良いのか、

それとも忘れて次に行くべきなのか。






答えは出てる気もする。

でも、それを今の私は受け入れられない。





なぜか。

はっきりとその答えを出すのが怖いから。

それに、自分に嘘をつくことになるから。

まだ結論を出すには早すぎる。







過去に書いたけど、自分の気持ちに正直でありたい。

相手が言ったこととやってることが矛盾してても、

私は自分の気持ちを譲れない。

そりゃ、いつかは見切りつけて前向かないとダメな時が来るかもしれへんけど、

今はそういう結論を出すには早すぎるって思う。

人を信じられなくなるより、信じて裏切られるほうがよっぽどいい。

結果はどうであれ、

「あぁ、私はこれだけ信じることが出来たのね」

って、自分の自信につながる。

身勝手やけど、そういうもんやと思う。






でも、信じて待つだけが得策とは思わない。

新しいところにも目を向けて飛び込まないといけないと思う。




だけど、根底には「信じて待つ」自分は忘れない。








人との出会いは人生においてつきもの。

私は新しい出会いを楽しみにしている。

もちろん、過去に出会った人も言うまでもなく大事。

今まで出会った人はみんな私に何かしらの影響を与えてくれ、

これから出会う人もまた、きっと私に影響を与えてくれる。



出会うのを恐れてなんかない。







いろんな人を見て、最終的に「この人」と思える人に出会えたらそれでいい。

別にこれは浮気でも何でもない。

人と出会うことに規制線なんてないし。




・・・開き直ってる??








ともかく、明日から10月やし、心機一転頑張ります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanko.
  • アイコン画像 誕生日:1983年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
某銀行で働く24歳。
窓口担当として、毎日奮闘しております。
まだまだひよっこなので頑張ります♪


ここでは主にプライベートで思ったこと、仕事で感じたことを綴っていこうと思います。

共感していただけたり、何かご意見があれば遠慮なくお声かけてください◎
しっぽ振って喜びます(´・ω・`)ノシ
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像褌一丁
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月14日)
アイコン画像猫男爵
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月09日)
アイコン画像コンプ
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月04日)
アイコン画像はにまる
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» クリスマスイブの今夜 (2008年10月03日)
アイコン画像汁大臣
» クリスマスイブの今夜 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» クリスマスイブの今夜 (2008年09月26日)