活動家らほぼ無抵抗…公務執行妨害、適用は困難

August 18 [Sat], 2012, 18:24
沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に香港の活動家らが不法上陸した事件で、(サッカーウェア)活動家らが15日に入管難民法違反容疑で逮捕される際、ほぼ無抵抗だったことがわかった。
海上保安庁などでは同法違反容疑のほか、公務執行妨害容疑の適用も検討したが、活動家らに目立った妨害行為などはなかったため、(野球ウェア)不法上陸はパフォーマンス目的の示威行為だったと断定。刑事処分を見送り、入管当局による強制送還手続きを選択した。

 抗議船に乗った活動家らは15日、魚釣島の領海内に侵入し、7人が同島に上陸した。このうち5人は同島で現行犯逮捕されたが、身柄を拘束する際は抵抗しなかった。(MLB野球ユニフォーム)抗議船はその後、巡視船2隻が挟み込んで制圧し、船長らも逮捕された。

 海保関係者によると、巡視船は抗議船に対し、電光掲示板やスピーカーで領海外に出るよう警告。その後、船体を押し付ける強行接舷を行った際に、(野球ユニフォムオーダー)コンクリート片などが投げ込まれたが、実際には巡視船の船体にほとんど傷が付かず、海上保安官にけがはなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:edfj
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fre5h/index1_0.rdf