LAWSON 

December 05 [Mon], 2005, 19:19
私の家の最寄のコンビニこそ、ローソンである。
そこのローソンは店員の質が悪い・・。みんな口をそろえてそう言う。

ある女性店員。とはいえ、ギャルと呼ばれる部族でもなければ、イヤミな顔したオツボネタイプでもない。むしろおとなしそうで、人畜無害な印象。顔は「おかめ」みたいな顔だ。しかし、彼女にはちょっと個人的に「おかしいぞ」と思わされるなにかがあるように思う。

この前私がミネラルウォーターを買ったとき、彼女はレジカウンターの奥の方にいた。私はレジの前に並び、男性店員がレジを打っているのをじっと見ていた。しかし列は一向に進む気配を見せない。どうやら、先頭の客はなにか領収書かなんかで手間取っているようだった。

マニュアルにあるのだろうが、このような時レジをもうひとつ使って、「こちらのレジへどうぞ。」とするのが通常である。もちろん、この時も例外ではなくそのような措置をとった。あの「おかめ」が。

並んでる私を横目にもうひとつのレジにつくおかめ。しかしすぐには「レジ中止中」のプレートをさげようとはしない。おかめは客の様子をうかがっている。それも下目使いで。私は、まだそっち使わないのか?という思いでおかめを見た。おかめは目が合ったことに気づくと「フン。」とため息なじりの鼻息をふかしてから、「お待ちのお客様どうぞー。」を唱えたのである。


想像できるだろうか。この屈辱。



タコさんとカニさん 

December 05 [Mon], 2005, 0:22
 何にしても「初めて」はすごい。
 
 初めてタコを食べた人間は一体何を思ったか。原始人ならなんとなくわかる。何でも食べるがいい。しかしそれがそれほど昔でないとしたら問題だ。要するに服をちゃんと着た人間だ。よっぽど腹が減ってたのか、よっぽど馬鹿なのか、たまたま口に入ったのか。
 
まず人間が初めてあれを見て何だと思えばいい。どう考えても食べ物ではない。動いているからといって動物だとは認めたくない。そんじょそこらの魚類とはレベルが違いすぎる。なんかもう体全体がありえないことになってる。
 
 それはカニも同じだ。毛ガニはまだいてもいい。かわいいもんだ。だがタラバガニなんてどうだ。海にもぐってあんなのににらまれたらどうだ。「おいしそう」だとか「よし、食べよう」だとか思うだろうか。タラバガニは怖い。というか足の長いカニは怖い。そしてなんたって手がハサミになってる。どういう事なんだ。発想が凶暴すぎるじゃないか。

 タコやカニがいるなら大抵の未確認生物は奇妙でもなんでもない。ビックフットなんてただのでかいゴリラだし、スカイフィッシュなんて一風変わった鳥だと思えばいい。他にもよく考えるとありえない生物なんていっぱいいるんだ。キリン、パンダ、カブトガニ、クジャク、タガメ、ウツボ、あと深海魚なんて全部そうだ。

 
 初めてカニを食うのなら食われたほうがましだ。

 
 

MOTHER 

December 02 [Fri], 2005, 19:51
本日、ファミコンの「MOTHER」を始めた。RPGとして名をはせた名作だ。

確か「MOTHER2」のCMでキムタクが起用されていたのを記憶している。


なんとも他とは違う空気感をかもし出しているこの作品。開始早々、差が現れている。主人公の名前しか自分で設定できないというのがファミコンの常識である。なんとこのMOTHER、主人公と女の子と友達(2名)にも名前をつけれるのだ。極めつけは、自分の好きな献立さえも名前を入力できるのだ。



私はこうした。

主人公:NAM
女の子:FRANCE
友達1:RABBIT
友達2:KITARU
好きなこんだて:まつだせいこ



NAMのお母さんは旅立つ息子の成長を見て、「大きくなったのね・・。」と感慨深くなる。そして母としてできる限りの務めを果たすのだ。







「松田聖子を食べたくなったらいつでも帰ってくるのよ・・!!」
P R
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:franceroad
読者になる
Yapme!一覧
読者になる