フランス絵画の19世紀。横浜美術館で開催中、感想ほか横浜のおすすめ情報です。ダヴィッドやルノワール、モネ、マネ、ミレー、またドラクロワ、アングルの作品がフランス絵画の19世紀で展示されています。



横浜美術館のフランス絵画の19世紀 / 2009年08月16日(日)
横浜美術館のフランス絵画の19世紀では、ルーブル、オルセー、ボルドー、リヨンなどにあるフランス各地の美術館22のところからの作品に加えて、フィラデルフィア、プラドとといった日本国内の所蔵家などからのコレクション約80点が横浜美術館のフランス絵画の19世紀集結します。
 
   
Posted at 03:40 / 横浜美術館 フランス絵画の19世紀 / この記事のURL
フランス絵画の19世紀 / 2009年08月16日(日)
フランス絵画の19世紀に展示されている作品です。

男性裸体習作またはパトロクロス:ジャック=ルイ・ダヴィッド

パフォスのヴィーナス:ジャン=オーギュスト=ドミニック・アングル

シビュレと黄金の小枝:ウジェーヌ・ドラクロワ

施し:ジャン=フランソワ・ミレー

カルメンに扮したエミリー・アンブルの肖像:エドゥアール・マネ

ジヴェルニーの積みわら、夕日:クロード・モネ

パリスの審判:ピエール=オーギュスト・ルノワール
 
   
Posted at 03:37 / 横浜美術館 フランス絵画の19世紀 / この記事のURL


P R


 
 
 Powered by yaplog!



フランス絵画の19世紀

SEO対策済みテンプレート

track feed フランス絵画の19世紀