おれは 

2007年11月14日(水) 2時55分
傍観者でいい。

なんだろな

ぽや〜んとしてたいんだよ。

青空の下でさ

土や草の匂いをかいで

風に吹かれていたいんだ


争い

戦争

人殺し

犯罪


無関係でいたいんだよ。



で、いつか時間を共有するであろう君といれればいい。

君は不幸に触れて欲しくないんだ。

まだ見ぬ君よ…。


だが僕は

今の君の楽しみや喜びを妨げてしまうのなら

近付きたいとは思わない。

以前の様ながむしゃらな愛情は

今の俺にはないみたい。


恋をしていないとか

好きな異性が存在しないってだけなのかな?

誰か 

2007年11月10日(土) 1時23分
少しだけでもいい

甘えさせてくれませんか。
君に触れていたら

安心出来るんだ。

この頬に

君の温もり

手の平に

君の鼓動

一人でいる今

あるのは寂しい気持ちと

虚しい気持ち

ふと現れては

僕を悩ませる

過去恋 

2007年08月28日(火) 2時48分

十年の切なさの日々の

思い出は蘇る


あの時叶わなかった

彼女との一夜




 

2007年06月22日(金) 15時12分
痛い…

もう三日目だ

年か?

右手首が腕立て伏せするときに痛む

それを庇う感じでやったからだろうか…


わかんねー

うっ 

2007年05月30日(水) 16時29分


何もしてないんだから

腕立て伏せくらいは毎日やろう…

はぁ

微妙に入隊させられてしまうかもしれますん(笑)

ビリーズ・ブートキャンプ!!!(爆)

楽しかったけど 

2007年05月17日(木) 16時41分
彼女がいない淋しさ

一緒にいてくれる異性がいない淋しさは変わらない

人肌の温もりは忘れられず

今日も一人、電脳の世界でさ迷い歩く


宛もない

誰もいないのに


誰か相手に当たればその虚しさは消え

虚しさではなくなるのに




かわいい顔して刺さる言葉を口にする君


君は男を、人を知らな過ぎる

若さゆえ愛らしく

若さ故に憎い

だが君に救われたのは事実

哀れみで手を差し延べてくれたのも事実


俺は本当に死ぬ直前だったんだ。


一人の時間は必要だ。

しかしそれは誰かと共にいた時間があったればこそで

最初から一人が良かったのではない。


ココは俺の吐き溜めだ

不満、不安、哀しみ、憎しみ、欲、後悔

喜びを記した事はあっただろうか

ほとんど読み返す事もない
楽しい事など何もないからだ

ただ出来事を振り返る為に使えるかとも考えたが

そんな用途にも使えやしない


一人が好きな人間は

何故か他人がよってくるから

自分から行かなくても他人がよってくるから一人の時間がほしい、一人の時間が好きという


お前らにはわからないんだ

この孤独が



この孤独をお前に擦り込んでやりたい


そして、その孤独を理解したなら


俺を抱きしめて

俺を暖めてくれ

俺が君ならそうしたい


君がそうなら全てを捨ててそうしてあげる

やめてしまいたい 

2007年05月13日(日) 1時27分
今その甘さが俺を苦しめている。

この十二年で知った事は自分の甘さだったのかもしれない。

今生活がしっかり出来ていない、経済的にもツライ状況だから余計に良くない事を考えている?

それは何か都合のよい言い訳な気がしてならない。

もう遅い 

2007年05月13日(日) 1時23分

音楽…
バンドで食っていこうなんて、もう遅いんだよね。

十二年前
ここにやって来た
進学の為

「社会勉強だから」と家を出る事になった。

自分からではない

親の言葉だった


地元にいるよりはずっと楽しかった…はず?

音楽が、バンドがやりたかった。

この街に来て
バンドはやっていたさ

でも職業にしよう
これで食っていこう

って事に関しては考えが甘かったんだと思う。

忘れない 

2007年05月07日(月) 12時34分


君が僕を気遣って

ここへ駆け付けてくれた時の事を

今でも涙が出るよ


今でも忘れてない

いや、忘れられないんだ





ある意味それに縛られている

惚れた女に 

2007年05月07日(月) 4時52分


良いな…

と思った女に男がいたからアウト!!!!!!!!!!!!!!


ってな感じだな。


日記にホテル行った話まで書いてるしよ(苦笑)


三年も付き合ってるらしいし。


こーゆーのは…

奪っちゃうべき??????
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fr0152
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる