3月18日謝恩会 

March 23 [Thu], 2006, 18:33
ル・シュバリエで行われた謝恩会の写真を載せます。
みなさんありがとうございました。
来年度は先生が他学部の授業を持たれないので、フランス語学科以外の
学生が参加する事が難しくなりますが、参加人数が増えてこの会が続くと良いと思います。

フランス語の会再開のお知らせ 

June 03 [Fri], 2005, 15:36
今日は。お久しぶりです。
今年度のフランス語の会の予定が決まりましたので、お知らせいたします。
日時は隔週の木曜日の4時限です。
隔週というのは、隔週木曜日に会議が開かれるからだそうです。

初回は6月16日になります。範囲はそのままだそうです。
更新が遅くなってすみませんが、今年度もよろしくお願い致します。

La Parureの訳 

January 20 [Thu], 2005, 0:28
(第一パラグラフ)
彼女は、運命のいたずらによってかのように、雇われ人の家に生まれたあの美しく魅力的な少女たちのうちの一人であった。
彼女は持参金も財産もなく、豊かで何らかの地位をもった男性に出会い、理解され、愛され、娶られるいかなる手段も持っていなかった。
そして、彼女は文部省に勤める小役人と結婚させられるがままにした。 

La Parure (paragraph 1,2)/ Maupassant 

January 20 [Thu], 2005, 0:06
C'était une de ces jolies et charmantes filles, nées,
comme par une erreur du destin, dans une famille
d'employés. Elle n'avait pas de dot, pas d'espérances,
aucun moyen d'être connue, comprise, aimée, épousée
par un homme riche et distingué; et elle se laissa
marier avec un petit commis du ministère de
l'Instruction publique.

Elle fut simple, ne pouvant être parée, mais
malheureuse comme une déclassée; car les femmes
n'ont point de caste ni de race, leur beauté, leur grâce
et leur charme leur servant de naissance et de famille.
Leur finesse native, leur instinct d'élégance, leur
souplesse d'esprit sont leur seule hiérarchie, et font
des filles du peuple les égales des plus grandes dames.

1月19日 

January 19 [Wed], 2005, 23:52
出席3名

フランス語21テープ(白水社)聞き取り
La Parureの第一パラグラフ購読

○平成16年度の勉強会は今日が最後でした。
次回は四月からスタートです。
次回はMon rêve familier(ヴェルレーヌの詩)とLa Parure(モーパッサンの小説)の第二パラグラフからです。

今回私は参加できなかったので、西村さんに教えて頂きました。
ありがとうございました。

Mon reve familier / Paul Verlaine 

January 12 [Wed], 2005, 19:24

Je fais souvent ce rêve étrange et pénétrant
D'une femme inconnue, et que j'aime, et qui m'aime
Et qui n'est, chaque fois, ni tout à fait la même
Ni tout à fait une autre, et m'aime et me comprend.

Car elle me comprend, et mon coeur, transparent
Pour elle seule, hélas ! cesse d'être un problème
Pour elle seule, et les moiteurs de mon front blême,
Elle seule les sait rafraîchir, en pleurant.

Est-elle brune, blonde ou rousse ? - Je l'ignore.
Son nom ? Je me souviens qu'il est doux et sonore
Comme ceux des aimés que la Vie exila.

Son regard est pareil au regard des statues,
Et, pour sa voix, lointaine, et calme, et grave, elle a
L'inflexion des voix chères qui se sont tues.

※タイトルは本当はMon rêve familierですが、
 タイトル部分だけ仏語が使えないのでご了承ください。

La lune blancheの訳 

January 12 [Wed], 2005, 19:15
白き月かげ (堀口大学 訳)

白きかげ   
森に照り
枝に
声あり
葉ずれして……

おお、愛人よ聴き給え。

そこひなき鏡となりて
池水は映すかな
枝に来て風の泣く
黒き柳の
姿をば・・・・・・

夢みんいざや二人して。

やさしくも深き心の
なごやかさ
月の光に照り栄ゆる
空より降ると
見ゆるかな

ああ、この良夜を如何にせん。

La Lune Blanche / Paul Verlaine 

January 12 [Wed], 2005, 19:10
La lune blanche
Luit dans les bois ;
De chaque branche
Part une voix
Sous la ramée...

Ô bien-aimée.

L'étang reflète,
Profond miroir,
La silhouette
Du saule noir
Où le vent pleure...

Rêvons, c'est l'heure,

Un vaste et tendre
Apaisement
Semble descendre
Du firmament
Que l'astre irise...
 
C'est l'heure exquise.


※この詩は歌になっています; 
G.フォーレ  連作歌曲 「優しい歌」 第3曲 白き月かげ
MIDIを聞くことができます。

05年1月12日 

January 12 [Wed], 2005, 18:53
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

出席5名

フランス語21テープ(白水社)聞き取り:物の位置に関する表現
LA LUNE BLANCHE(ヴェルレーヌ)購読

○次週1月19日の予定
MON RÊVE FAMILIER(ヴェルレーヌの詩)とLA PARURE(小説)

※先生より新しい教材としてプリントを三枚頂いております。

リンク追加 

December 25 [Sat], 2004, 13:24
東京外国語大学のフランス語講座を追加しました。
会話タブ→学習者用を始めると進めば、動画、音声付きの会話の
レッスンが無料でできます。色々な場面設定で用意されています。
結構楽しいのでオススメです。
P R
カテゴリアーカイブ
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fr-cube
読者になる
Yapme!一覧
読者になる