良い絵本の読み聞かせの仕方

September 14 [Sat], 2013, 6:24
よい絵本の読みきかせのやり方を教えてもらえるとうれしいです。
日々、さほど深く考えたということなく、あなたも読みたい本で子にも合いそうな本を読みきかせをしている。

知恵袋を見ていますと、読んだ後に子に感想を聞いてはいけないとか
キャラクター毎に声色を変える等の必須上記の演出をしてはいけないとか
書かれていますものをたまに見かけます。

子が今よりもより一層本の世界をワイワイできるようになりますなら、読み方を変えたいですね。

他に、こんな事はしない方がよいとか、こうしているとよいとかが
ありましたら、教えてもらえるとうれしいです。

資料になりますか分りませんが先日娘が通っています保育園で絵本の読みきかせではメジャーな先生を講師に招いて
練習会が開かれました
このような時に言われたということでしょう

年齢に合った本を選定する(小さい子に文字が山ほどある本を読んでも楽しめない)

読んでいるときは絵本の内容に忠実に(途中でウサギがいるとかお花が咲いてる等と絵の説明をしたりして脱線させない)
お子さんが聞いてきたときも肯定だけしてあのまま進める

演出はしない 通常の声で読みきかせてあげる

子が同じ本を数回も数回も読んでと言うのは通常の事 繰り返し読んであげる さっきも読んだでしょはNGだそうでしょう(^^ゞ
絵本の読みきかせを聞いています時 小児自分が物語の主人公になっていますそうでしょう
そのため行きつけの本はある意味あなたの本となってしまうのだとか

そういった意味でも 3匹のやぎのがらがらどん 等怖い実現のある絵本は年齢を選んで与えてほしいとの事
とくに男性にさほど早い年齢で読みきかせると あの本を数年読めなくなりますということも多いそうでしょう

わたしも保育園で働いていた時子たちに読みきかせを行ってきましたが 子を引き付ける為に

大袈裟に実現したりしていて反省させられました

今3歳の娘にさまざまな本を読みきかせしているが 教わったということを気をつけながら読むようになれば
不思議と集中してきけるようになったと思っている

ネイティブスピーカーと話そう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きょう
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fqz7r563/index1_0.rdf