Gummy 2年ぶりアルバム発表 歌謡界へカムバック / 2010年04月05日(月)
『あなたが帰ってきたら』や『記憶喪失』などのヒット曲で知られる韓国女性歌手Gummy(本名:パク・ジヨン、28)が、2年ぶりにアルバムを発表する。

Gummyのプロフィールと写真

2008年3月に4thアルバムを発表してから、空白期間を過ごしていたGummyが今月中旬、ミニアルバムをリリースし活動を再開すると、所属事務所YGエンターテイメントが2日、明らかにした。

YGエンターテイメントは「Gummyは今月、ミニアルバムを発表、下半期にはアルバムを発表し活動を行う計画」と発表。ミニアルバムには、Gummyの自作曲も収録される予定だという。また現在、収録される2曲の中からタイトル曲を検討中であるとした。

関係者によるとGummyの新アルバムは、これまで披露してきたソウルサウンドを基本に、さらに洗練されたサウンドを取り入れ、明るい雰囲気に仕上がっているという。

一方、活動を中断していたGummyは、ドラマ『総合病院2』や『クリスマスに雪は降るの? 』など、ドラマO.S.Tへ参加していた。


【4月2日17時45分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-wow-ent
 
   
Posted at 03:37/ この記事のURL
「愛がいっぱいIカップ」手島優がセクシー衣装で大胆撮り下ろし / 2010年04月05日(月)
 「愛がいっぱいIカップ」のキャッチコピーでおなじみのグラビアアイドル、手島優のコンテンツがWebサイト「BOMB.TV」で公開中だ。1日の更新では、彼女がセクシーな衣装とともに大胆な姿を撮り下ろし、画像とムービーで披露している。

【写真】「ブラッディ・マンデイ」のスナイパー役、八代みなせも登場

 ほかには、小池里奈、小泉麻耶、キャンパスナイターズ等のアイドルが多数登場。TBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」のスナイパー役で話題となった八代みなせの画像とムービーも追加されている。

 さらにアイドリング!!!17号の三宅ひとみは、発売中の1st写真集「17の17」撮影時のムービーと未発表画像、さらに発売記念イベントのムービーも公開中だ。サイト内は一部のコンテンツが無料で視聴可能となっているほか、月額1,050円で全コンテンツが楽しめる。また、現在は期間限定で年間契約が10,500円というサービスが行われ、Webマネーによる支払いで消費税分が割引になるキャンペーンも実施中だ。

【4月4日16時22分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000003-rbb-ent
 
   
Posted at 02:59/ この記事のURL
キム・ヨナが帰国、「シーズ終えた幸せ満喫したい」 / 2010年04月05日(月)
【永宗島31日聯合ニュース】イタリアで開催されたフィギュアスケートの世界選手権で銀メダル獲得したキム・ヨナが、31日に韓国に帰国した。
 仁川国際空港で行った記者会見で、キムは「早く家で休みたい。今後の予定に関心が集まっているが、休息を取りながらゆっくり決めたい。まだシーズンを終えた幸せを満喫したい」と話した。
 韓国に戻ったのは、バンクーバー冬季五輪後の一時帰国を除けば昨年8月以来となる。「カナダ・トロントでの生活は退屈に感じることもあり、韓国で家族や友だちに会いたかったが、やっと帰国できた。五輪に対するストレスから解放されたことがうれしい」とさわやかな表情で語った。
 今シーズンは五輪までの全大会で金メダルを獲得し、世界選手権大会が唯一の銀メダルとなった。だがキムは、五輪後に感じたつらさを乗り越えた結果のため、非常にうれしく満足していると述べ、今シーズンにまったく悔いはないと笑顔を見せた。
 しかし、今後の進路には頭を悩ませているようすをみせた。「これ以上登る山がないが、次の目標は」との報道陣の問いかけに、しばらく考えた末、「山を越えたばかりで、次の山をまだ考えていない。念願だった五輪金メダルを獲得したため、次の目標をどうするかが心配だが、考えてみたい」と重い口を開いた。5月か6月にはカナダに戻る予定だが、進路はゆっくり考えてもいい問題で、まだ具体的な計画はないと答えた。




【3月31日18時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000023-yonh-spo
 
   
Posted at 02:21/ この記事のURL
五輪歴代最高得点のヨナが「世界で最も影響力のある100人」にノミネート / 2010年04月05日(月)
 米タイム誌が選ぶ「2010年世界で最も影響力のある100人」に、フィギュアスケート選手のキム・ヨナ選手がノミネートされた。

 韓国メディアによると、タイム誌は2日、「2010年最も影響力のある100人」の候補者を自社サイトに掲載。オバマ米大統領や、ヒラリー・クリントン米国務長官、ジェームズ・キャメロン監督、人気司会者オプラ・ウィンフリー、英国人歌手スーザン・ボイルなど総201人を候補に挙げた。

 ノミネートランク第1位の歌手レディー・ガガに続きキム・ヨナは第2位。フィギュアスケート選手は、ほかにカナダのジョアニー・ロシェットがランクインしている。タイム誌はキム・ヨナについて「バンクーバー五輪フィギュアスケートの金メダリスト。キム・ヨナの五輪プログラムは2002年に新採点システムが導入されて以降、歴代最高得点を記録した」「ゴルフに熱狂する韓国でフィギュアブームを巻き起こした」と説明した。

 韓国人はほかに歌手のレイン(ピ)が5年連続でノミネート。歌手活動以外にも、映画『スピードレーサー』『ニンジャ・アサシン』に出演し俳優としての面も評価された。

 ノミネートされた200人は、今後オンライン投票などを通じて絞られ、5月1日にベスト100が発表される。現時点(4日、午後3時)では、1位レディー・ガガ(13万8069票)、2位コナン・オブライエン(8万8188票)、3位キム・ヨナ(7万4325票)、4位レイン(5万6409票)となっている。(編集担当:新川悠)

【4月4日15時46分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000008-scn-spo
 
   
Posted at 01:42/ この記事のURL
iPad 発売前夜、徹夜組相手に値切り交渉 / 2010年04月04日(日)
3日の『iPad』発売を控えた夜。5thアベニューのアップルストアには20時の段階ですでに10人の徹夜組が並んでいた。

[関連写真]

先頭はグレッグ・パーカー氏。ダイアナ妃の記帳一番乗りなどウィキペディアにも載っている並び魔、有名人だ。

iPadって何か知ってて並んでいるの? と思って、ゲットしたiPadを譲ってくれないかと声をかけてみた。

「ひとりにつきふたつまで購入できるんだ。ひとつは自分用、もうひとつならば譲るよ。いくらで買ってくれるんだい?」

そらきた。多少の手間賃は仕方がないかとプラス100ドルの600ドルを提案した。

「ダメダメ、700なら売るよ」

釣り上げてくるなと思っていったん引き下がる。先ほどアップルストアの店員に明日の在庫は沢山あるよ、と聞いていたからだ。

ところが、1号機を確実に手に入れるならば、あと100ドル払っても旅の思い出だ、と思い直して700まで払うつもりで650ドルでどうだ、と再び交渉。

「ダメダメ、800ドル!」

これで目が覚めた。明日は早起きだ。自力で手に入れてみせる。グレッグに俺の提案を蹴ったことを後悔させてやるぞ。と誓って夜のニューヨークに繰り出した。

《レスポンス 三浦和也》

【4月3日16時0分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000005-rps-mobi
 
   
Posted at 23:16/ この記事のURL
IFRSタクソノミの日本語翻訳版を公表、IASCF / 2010年04月04日(日)
 IASCF(国際会計基準委員会財団)は3月30日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)で利用できるXBRLタクソノミの日本語翻訳版を公開したと発表した。IASCFは英語のIFRSタクソノミを中国語や韓国語、フランス語などに翻訳していて、日本語訳についても作業を進めていた。

 日本語に翻訳したのはIFRSタクソノミの2009年版。まずは項目の表示順などを定義するリンクベースのみがダウンロード可能で、IFRSタクソノミの内容を確認できる「IFRS Taxonomy Illustrated」や、利用支援ツールの「The IFRS Taxonomy Modules Manager」の日本語対応は、まもなく開始する予定だ。

 IFRSタクソノミの2010年版は現在、公開草案を公表しコメントを集めている。 IASCFは最終決定でき次第、2010年版の翻訳作業を開始するとしている。 4月2日20時32分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 23:16/ この記事のURL
“歴代最高キーボードとCore i5の最強コンボ”な「ThinkPad T410s」を楽しむ / 2010年04月04日(日)
 レノボ・ジャパンの「ThinkPad T410s」は、スリムなボディを採用しつつ、ヘビーな処理もこなせる環境を提供するハイパフォーマンスな薄型ノートPCだ。ThinkPad Tシリーズには「T410」「T510」というモデルもあるが、これらの本体重量が2キロを超えているのに対してThinkPad T410sは約1.79キロと、携帯性を重視しつつメインマシンとして使えるパワーも兼ね備えたバランスで多くのユーザーから注目されている。

【拡大画像や他の紹介写真】 【表:ベンチマークテストの結果】

 「T410s」という製品名からも分かるとおり、このモデルは同社が2009年6月に発表した「ThinkPad T400s」の後継機種という位置づけだ。ThinkPad T400sといえば、もともとキータッチに定評のあるThinkPadシリーズの中でも、“歴代最高”と開発者がアピールするキーボードを搭載したことで話題となった。そのキーボードはThinkPad T410sもそのまま受け継いでいる。基本的に、ボディについてはThinkPad T400sとほとんど共通で、見ただけでは区別がつかないだろう。本体サイズも、337(幅)×241.5(奥行)×21.1〜25.9(高さ)ミリと、ThinkPad T400sと変わらない。

 ThinkPad T410sで最も大きく変わったのは、ボディ内部のプラットフォームだ。ThinkPad T400sはCore 2 Duo SP9400(動作クロック2.4GHz)とCore 2 Duo SP9600(動作クロック2.6GHz)が選択可能で、チップセットはIntel GS45 Expressを採用していた。これに対して、ThinkPad T410sはCPUに“Arrandale”世代のCore i5-540M(動作クロック2.53GHz)、またはCore i5-520M(動作クロック2.4GHz)が選択でき、チップセットがIntel QS57 Expressとなった。

 ThinkPad T410sで導入されたCore i5-540M/520Mは、2010年1月に発売された“Westmere”世代のコアを採用するデュアルコアCPUだ。32ナノメートルプロセスルールを採用し、1つのダイにCPUコアと45ナノメートルプロセスルールのグラフィックスコアを統合する、開発コード名“Arrandale”と呼ばれていたモデルだ。Hyper-Threading Technology(HT)に対応しており、1個の物理コアで2スレッドの同時動作が可能なので、CPU全体では最大4スレッドが同時に実行できる。また、Turbo Boost Technology(TBT)にも対応するので、Core i5-520Mの定格動作クロックは2.4GHzだが、CPUの動作状況に応じて動作クロックを最大で2.93GHzまで向上できる。

 ThinkPad T410sは、CPU以外にもBTOで購入時にスペックが変更できる。特に注目したいのが、グラフィックスチップにCPUに統合されたグラフィックスコアのほかに、外付けGPUとしてNVIDIAの「NVS3100M」も用意されている点だ。このGPUは、NVIDIAのノートワークステーション向けラインアップで、CUDAコアを16基内蔵し、DirectX 10、PhysX、PureVideo HD(1080p)をサポートする。CPUに統合されたグラフィックスコアとNVS3100Mはスイッチャブルで切り替えて使うことも可能だ。

 今回の評価では、CPUにCore i5-520Mを搭載し、NVS3100Mは搭載しない構成の「2904ELJ」を試用した。メモリは2Gバイトを搭載するほか、HDD容量は250Gバイト(1.8インチ、5400rpm)、光学ドライブにDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。また、OSは32ビット版のWindows 7 Professionalがプリインストールされていた。

●使いやすいキーボードは継承。WiMAXはより速く!

 キーボードやポインティングデバイスなどの使い勝手はThinkPad T400sから変わらない。レノボ・ジャパンが「歴代最高」とアピールするキーボードの感触は良好で、ポインティングデバイスにタッチパッドとトラックポイントが用意されたのも、ThinkPad以外からの移行を考えているユーザーにとって好ましい。タッチパッドはWinodws 7で採用された「マルチタッチ」(ただし、2本指まで)に対応する。

 本体のインタフェースは、背面に電源、アナログRGB出力、有線LAN、USB 2.0×2基、DisplayPortを備え、右側面に光学ドライブ、無線LAN オン/オフスイッチ、左側面にUSB 2.0、ヘッドフォン端子、ExpressCardスロット(/34準拠)がある。USB 2.0は背面と左側面に合計で3基あるが、そのうち背面の1ポートはPC本体が電源オフでもUSBに接続した周辺機器に通電を行う「Powered USB」に対応する。また、背面のもう1ポートはeSATAと兼用だ。

 無線LANは、IEEE 802.11a/b/g/nが利用できる。ThinkPad T400sの無線LANモジュールは「Intel WiMAX/WiFi Link 5150」だったが、ThinkPad T410sでは「Intel WiMAX/WiFi Link 6250AGN(2x2)」にバージョンが上がり、WiMAXにおける通信速度が向上した(下り13Mbps/上り3Mbpsから下り20Mbps/上り6Mbps)。このほか、ThinkPad T410sはBluetooth v2.1+EDRも利用可能だ。

●Calpellaで性能はどこまで変わる?

 ArrandaleをはじめとするインテルのノートPC向け最新プラットフォーム“Calpella”の採用で、ThinkPad T410sは従来モデルからどれほど性能を向上させたのか。ベンチマークテストで検証するため「PCMark05」において、以前掲載したThinkPad T400sのレビュー記事で測定した値と比較してみる。評価で用いたThinkPad T410sの構成が、Core i5-520M(動作クロック2.4GHz)でメモリ2Gバイト、32ビット版Windows 7 Professionalであるのに対し、ThinkPad T400sの構成はCore Duo SP9400(2.4GHz)、メモリ2Gバイト、Windows XP Professional Service Pack3を採用したモデルだった。OSが異なるので厳密な比較とはいえないものの、参考値にはなるだろう。

 HDDテスト以外では、いずれもThinkPad T410sの結果がThinkPad T400sを大幅に上回る。総合結果である「PCMarks」では、ThinkPad T400sが4460なのに対してThinkPad T410sは5708となり、CPUテストでもThinkPad T410sの結果が6241なのに対して、ThinkPad T410sは7093と大きく値を伸ばしている。Grapchicsテストも1806から2596と向上している。

 「PCMark Vantage」でも、ThinkPad T410sは優秀な結果を出している。HDDテストについては1.8インチモデルながら5400回転なので、「PCMark05」「PCMark Vantage」「Crystal Disk Mark」それぞれに結果において標準レベルの結果を残している。グラフィックス性能については「3DMark06」と「FINAL FANTASY XI OFFICIAL BENCHMARK3」でも測定してみた。Core i5-520Mに統合されたグラフィックスコアを利用しているが、ベンチマークテストの結果はまずまずの値だ。さすがに最新の3Dゲームは苦しいが、「FINAL FANTASY XI」クラスなら設定次第で実用的な速度で動作するだろうし、Windows 7のAeroもストレスなく利用できた。

●T410sのバッテリー駆動時間はどうなる?

 性能面でThinkPad T400sを大きく超えたThinkPad T410sだが、プラットフォームが変更された影響でバッテリー駆動時間はThinkPad T400sより短くなった。公称値は標準バッテリーでThinkPad T400sが最大6.3時間だったのに対し、ThinkPad T410sは4.8時間だ。

 実際にどれだけ変わってしまったのだろうか。その検証を「BBench 1.01」(海人氏作)で行った。検証は、10秒おきにキーボード押下、60秒ごとに無線LAN(IEEE802.11g)によるインターネット巡回(10サイト)の設定で行った。また、液晶ディスプレイの輝度は最高レベル、音量は最大値の半分にしている。

 以上の条件で測定したThinkPad T410sの動作時間は2時間59分34秒だった。筆者の経験によると、液晶輝度を最高にする条件でBBenchの測定結果は、メーカー公称値の60〜75%程度となる。今回の結果はメーカー公称値の62%。バッテリー輝度を低くすれば4時間以上の連続駆動は期待できるだろう。

 ThinkPad T410sは、ThinkPad T400sの使い勝手をそのまま受け継ぎながら、最新のCalpellaプラットフォームの採用でパフォーマンスが大幅に向上した。CPU、グラフィックスだけでなく、モバイルWiMAXの速度も上がっている。ただ、その分バッテリー駆動時間は短くなっているが、液晶輝度などの設定次第で4時間を超える連続駆動が可能なので、オフィスから持ち出して客先を駆け巡り、その日のうちに戻ってくる用途なら十分だ。

 4月1日の時点で、BTOから選べる構成は、CPUとOS(Windows 7 Home PremiumとWindows 7 Professionalを64ビット版、32ビット版から選べるほか、ダウングレードを使ってWindows XP Professionalも導入可能)、グラフィックスコア、メモリ容量(4Gバイト/8Gバイト)、キーボード(英語/日本語)、指紋センサー(あり/なし)、カードスロット(Expresscardスロット/5 in 1カードリーダー)、Bluetooth(あり/なし)、無線LANモジュール(Centrino Advanced-N 6200/Centrino Ultimate-N 6300/Centrino Advanced-N+WiMAX 6250)、Microsoft Office Personal(なし/あり/with PowerPoint 2007)が用意される。また、ハイエンドパッケージの構成では128GバイトのSSD搭載モデルも選べる(ダイレクト価格37万3800円のところ、20万9580円のキャンペーン価格が4月8日まで適用される)。

 1台のノートでオフィスでの通常業務や出先での作業までバリバリこなしたい人には、まず最優先で検討すべき1台といえるだろう。【芝田隆広(撮影:矢野渉)】

【4月4日10時36分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000006-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 23:16/ この記事のURL
第12回 卒業式 in アップルストア渋谷 / 2010年04月04日(日)
 プロモバイルとソリッドアライアンスのiPhoneアプリ共同開発レーベル「APPARE JAPAN」が主催した、iPhoneアプリクリエーターの育成機関開校を目標としたプロジェクト「寺子屋-青りんご-」。連載最終回は、3月9日に行われた青りんごの卒業発表会のもようをお届けします。

 卒業式の会場となったのは、なんとアップルストア渋谷。いきなりの大舞台で発表するのは青リンガーの精鋭、2+10さん、青学メンバー(通称: 三連星)、SUGARさん、コニシさんの4組。当日は雨模様にも関わらず多くのみなさまに足を運んで頂き、心地よい緊張感の中での発表となりました。

 まずトップバッターの2+10さん。制作した「BugShake」というアプリは、その名のとおりiPhoneを振ると“G”が画面上に現れて動き回るというもので、“ヤツ”に対する抵抗力を付けようという非常にユニークなアプリです。発表中はさすが現役の講師だけあり、笑いあり、驚きありのプレゼンで周りの人たちを楽しませてくれました。

 2番手は青学メンバー。「If Life」というアプリを開発しました。自分の生年月日などの個人データを入力すると、残りの寿命を計算してくれるというブラックユーモアを織り交ぜた内容となっています。若干緊張気味でのプレゼンでしたが、3人体制の若さと勢いでフレッシュ感を出しつつ「死」というテーマを選んだことについて熱く語ってくれました。

 3番手はSUGARさん。大学時代から温めてきた企画をアプリにした「ウズラ」を発表しました。iPhoneの中で動き回る「ウズラ」というキャラクターにちょっかいを出すという新しいスタイルのコミュニケーションペットのアプリで、独特の動きと予想外の効果音で会場を沸かしてくれました。

 トリを飾ったのはコニシさん。会社を半休して駆けつけてくれました。急遽の企画変更に時間のない中で見事に完成させたアプリ「ASAP -Auto Scroll Article Player-」は操作をさせないRSSリーダー。「スクリーンセーバー」という着眼点に、会場ではテスト機を覗き込む真剣な眼差しが見られました。

 発表の後には、今回特別ゲストとしてお越しいただいたお二方に総評をいただきました。連載で協力いただいた、ITmedia +D Mobileとプロフェッショナル モバイルの編集長、園部修さんと、青山学院大学へのiPhone導入の仕掛け人、ソフトバンクモバイル マーケティング本部 iPhone事業推進室 シニアエバンジェリストの中山五輪男さんです。コメントを聞く卒業生の顔は、緊張感と充実感に満ちていました。

 発表と総評が終わると、最後に待っていたのは卒業証書の授与。卒業生代表は2+10さん。授与ももちろん普通にはいきません。情報交換アプリでお馴染みの「Bump」を利用して、講師あらため校長百瀬のiPhoneから2+10さんのiPhoneへ卒業証書画像が授与されました。

 すべてが終了して緊張が解けた受講生が見せる爽やかな笑顔は、まさに卒業式。しかし、もちろんこれで終わりではありません。実はここからが本番です。そう、アプリのリリースです。

 第0期生の成果物となるアプリが、近日公開となります。あの気持ち悪さが、あのユーモアが、あの癖になるかわいらしさが、あの洗練された感覚が、そしてまだすべてが明らかにされていない他の卒業生のアプリが、まもなく皆さまのお手元に届きます。ご期待下さい!【青りんご広報部】

(プロモバ) 4月4日10時8分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000002-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 23:15/ この記事のURL
シャープ、裸眼で2D/3D映像が楽しめる液晶ディスプレイを開発 / 2010年04月04日(日)
 今回開発された3D液晶ディスプレイは、光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用して、立体表示させる「視差バリア方式」を採用している。

 従来この方式は、3Dに切り替えたときの表示品位が低いことが課題となっていたが、業界最高輝度を実現することによって、表示品位を大幅に改善。モジュールの厚みは、タッチパネル付きでも従来の2Dタイプと同等に抑えられている。

 シャープは、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期から、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始する。

【4月2日17時50分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000009-sh_mar-sci
 
   
Posted at 22:24/ この記事のURL
毛槍飛び、忍者もジャンプ 福知山お城まつり / 2010年04月04日(日)
 春の丹波を華やかに盛り上げる「福知山お城まつり」は会期2日目となる4日、青空が広がる行楽日和に恵まれ大勢の人が繰り出した。

 主会場の福知山市御霊公園では地元の各種団体が音楽演奏や踊りなど様々なステージ発表をし、歩行者天国となった広小路通りは多くの親子連れらで埋まった。
 
 クライマックスは19団体が趣向を凝らした発表をしながら広小路を行進するフィナーレパレード。陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員たちによる勇壮な毛槍(けやり)回しや、アクション映画さながらの忍者対決もあり、にぎわった。

【4月4日16時18分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000304-rtn-l26
 
   
Posted at 21:35/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!