ためになる精神看護

October 07 [Mon], 2013, 20:46
こういった背景には強いストレスやトラウマ、様々な心理的要因も強く影響している事はまちがいありません。
精神科ってなんとなく暗くて怖いイメージがありますが、精神科での看護活動はほかの科と違ったりするんでしょうか。確かに普通の診療科と比較すると特殊で未知なところだと思います。コミュニケーションが主な看護となるのが多いですね。もちろんそれだけではありません。精神科での看護活動は患者さんと関わる上で基本となる能力を高める事ができるのではないかと思います。お話をしなかったとしても表情やしぐさ、行動等で「あれ?何だかいつもと違うな」などちょっとした気づきを養うことができるのではないでしょうか。一般の診療科を何年か経験してから精神科の勤務をすすめる人が多いみたいです。なぜかというと、訴えを聞いても一般状態が悪いのか精神状態が悪いのかそういった判断は精神科のみの経験では難しい事もあるからなんだそうですよ。
確かに悩み事とかストレスが多いともうどうにかなってしまいそうな気分にはなりますよね。
神経内科は脳や神経のどこかに原因となる病変がはっきりしている病気を扱います。例えば脳血管障害とか痴呆症、パーキンソン病等です。このなかの一部の病気については精神科と守備範囲が重なるのですが内科の一部なので本当は精神科とは違うんです。
でも看護師さんも手慣れている感じで頼りがいがありましたね。
心療内科も神経科ももともとは精神科から派生してできたものなので大まかな部分は一緒です。
そうなると会社に勤務している人にとっては会社を休む事も難しいし、治療できなくなってしまいますよね。
人間の根源となる精神をあつかう診療科だけあって本当に奥が深そうです。
治療に関わる看護師さんやお医者さんにとっても難しいと思います。
すっきり精神看護
みんなのための精神看護
心のケアに精神看護
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fqfnsvjh
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fqfnsvjh/index1_0.rdf