藤田正明

May 25 [Sat], 2013, 22:51
来歴・人物

広島県広島市出身。

広島修道高校、早稲田大学商学部卒業。

修道高、早大といずれもサッカー選手だった。



1965年、藤田組(現・フジタ)副社長・藤和不動産(現・三菱地所レジデンス)社長のまま、参院選広島県地方区で初当選、以降連続4度当選。

大平派(のち鈴木派)に所属し大蔵政務次官、参院大蔵委員長などを歴任。

参院の反三木運動の中心人物として知られ、参院国会対策委員長や自民党参院幹事長などで与野党伯仲下の参院運営に力を発揮した。

また政治家志望の青年を集めて勉強会を主宰。

勉強会の参加者には藤和不動産の給料の名目で資金援助があり、森喜朗が政治家になる前の失業中に面倒を見てもらったと話している。



1976年、総理府総務長官兼沖縄開発庁長官。

1986年、参議院議長に就任、比例代表制の改革に意欲的だったが、病気のため1988年9月辞任した。

オススメ!本当に効果のあるコスメ。


略歴

1944年藤田組入社。


1962年同社(フジタ工業)副社長。


1965年参院選広島県地方区から出馬し初当選(連続4回)。


1976年12月24日福田内閣で総理府総務長官兼沖縄開発庁長官に就任。


1982年公職選挙法改正案の成立の際、参議院議員会長町村金五の下で参議院幹事長に就任。


1983年党参議院議員会長に就任。


1986年7月6日衆参同日選挙の参院選で陣頭指揮を執り自民党圧勝する。

臨時国会で木村睦男の後任として参議院議長に就任。


1988年体調不良を理由に参議院議長を退任、後任には藤田から党参議院議員会長を継いだ土屋義彦が就いた。


1989年政界引退。


1996年5月27日死去。

享年74。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あおいk138
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fpr3ddii/index1_0.rdf