腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

July 27 [Sat], 2013, 21:53
坐骨神経痛の治療には主に手術以外の方法である保存療法が行なわれます。
特に腰椎椎間板ヘルニアによって坐骨神経痛を起こしている場合は、自然治癒する可能性が高いことから、保存療法が取られることが一般的です。

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず腰椎椎間板ヘルニアのおよそ8割が自然に治癒することから、安静を指示されることが多くあります。
「安静」と言われるとベッドなどに横になってほとんど動いてはいけないようなイメージを持つ人が多いと思いますが、この場合は腰痛や坐骨神経痛を悪化させる動作のみ制限され、あとは通常のままでよいとされています。
もちろん他の病気などでは臥床を強制されるほどの安静を必要とするものもありますが。

ヘルニア型の坐骨神経痛の場合は、腰の前屈、中腰、長時間の座位、同じ姿勢でい続けることを避けるようにしてください。
激しい運動や無理な姿勢もしないように気をつけましょう。
痛みが激しいときには、デオドラント ワキガ横になって休むようにしてください。

保存療法には温熱療法や牽引療法などもありますが、牽引は腰痛を併発している場合には有効です。
また、温熱療法と運動療法は筋肉の緊張をやわらげ、血行をよくすることで痛みを軽減できます。
しかしよく行なわれている腰痛体操には前屈運動が含まれていることもあるので、注意が必要です。
必ず理学療法士の指導のもとに行ない、たとえ手軽なストレッチでも自己流では行なわないほうが無難です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のどか3c5r
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fpk51chx/index1_0.rdf