1008 大分府内城と「混浴温泉世界2012」

October 13 [Sat], 2012, 1:36
例によってなかなか起きられず、日向岬に行く時間がなくなっちゃったあたふたと車を大分に向けて走らせました。
大きな道路が続くのかと思いきや、今日も概ね山の中をクネクネ。
でも景色はいいので、気分は上々でした。
ただ東側からの太陽が強くて焼けて焼けて大変大分府内城はほとんどなにも残っておらず。
石活ネ外は、櫓も再建でした。
一つだけおおーと思ったのが、廊下橋。
橋に屋根ついているです。
山里丸という遊びに使われた建物と西の丸を結んだ橋だって。
そこから見る橋もグーです、これも再建ですけど。
あとは城外ですが、なぜか、フランシスコザビエルの像がありました。
これでのりえとはマーチを返して、電車に切り替えます。
マーチは48時間借りて、700km強走りました。
でも、信号が非常に少なかったので、結構燃費いい気がしたけど。
岡山よりもずっと走りやすくて、景色もすばらしかったし、いいドライブでした別府で職場の皆さんと合流し、混浴温泉世界2012というアートフェスを視察します。
これが、いや本当に仕事扱いでいいんですかってくらい楽しかったんですがとりあえず、名物の鳥天を食べると。
たんまり出てきてびっくりするとよ。
で、フェスフェス。
混浴温泉世界2012は、別府の街の建物や商店、温泉を舞台に12月2日まで開催されています。
名前を見たら、混浴なのかいなと思うじゃないですか。
タオルと着替えをたっぷり用意したのですが、全然違ってたアートを見たり、体感するフェスです。
温泉は見終わったら、別府のどこででも入ってって感じでした。
アート、おもしろかったです。
廃材を使ったアートは夜になるとキラキラ光ったり、街の商店の中にはバベルの塔というタイトルで商品を使ったタワーがつくられたり、別府タワーはアサヒビールの一部分だけ電飾を入れ換えて遊ばれたり、昔のストリップ劇場は改装されてスやお笑いの公演が行われたり。
でもって、せっかくだからとそこでみんな踊ってみたり若いアーティストが暮らしながら創作するアパートでは、似顔絵のかきっこをしてみたり。
でも、アーティストがかいた絵よりも小林さん嫁がかいた方がなんとなくうまい気がしたり。
そいや、回っている途中で大分県知事ご夫妻が2人で街歩きをしているところにあったわ。
福島県知事も無能だけど忙しそうだし、慎太郎も橋下さんも忙しいだろう稼ぐギャンブルと思うんだけど、なんだかこの方はそうも見えずでも、それが平和ってことだよなーと思ったですよ。
ニコニコしながらアートを見にいきました。
バイバイ。
夜は夜でちょとだけ寂しいネオンの下、プロデューサー氏を囲んでお話をする巻。
魚をたんまり食べたおしかたーりゅうきゅうという名前の漬けも食べたし、光り物ばっかのお寿司もおいしかったーでももうしばらく魚はイイデス、あと、鳥天もサンキュ、おいしかたすっかりおなかいっぱになっちゃったのに、〆のジェラートなんと、夜の12時まで開いてるんだってー。
さっすが歓楽街というように別府を満喫して、なんと、温泉に入ることなく寝落ちしてしまうのりえとなのでした
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fpj7he2fm9
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fpj7he2fm9/index1_0.rdf