胸部圧迫感

July 24 [Wed], 2013, 18:35
不整脈の中でも期外収縮は、健康な人にも症状が出ることがあるためさほど珍しい心臓病ではないと考えられていますが、短期間で発作が再三みられる場合は危険だといえるでしょう。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を低下させたり変異を誘発する人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の動作を促す特性が判明しています。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等3つの数値でモニターできますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している日本人の数が増加しているそうです。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植術(CABG)」の2つの術式が高い頻度で使われています。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りりか
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fows918/index1_0.rdf