逆指値注文の必要性

January 05 [Thu], 2012, 10:26
●逆指値注文の必要性
悪条件を指定して取引注文を行う逆指値注文ですが、その必要性を一言で言うと「損切り」をする為です。
為替レートは様々な要因により常に変動をしています。時には、自分の思惑と違った動きをして損失が出てしまう場合もあります。
損失が出てしまった場合には、損失を出来るだけ少なく抑える為に「損切り」という方法をとることになりますが、この損切りの値段を指定するのが逆指値注文ということになります。
つまり、リスク管理の方法として利用されるのが逆指値注文≠ニ言うことが出来ます。

2つの流星群が同時に活動
手足口病、過去最多を更新
教員病気退職 半数が精神疾患
長谷部 ヴォルフス残留を明言
西武とオリ一触即発 警告試合
イチロー「ご覧の通りです」
ベンゲル監督が宮市を称賛
J1甲府 リーグ初の中東逆輸入
アルゼンチン初勝利 決勝Tへ
ラモス なでしこVで沢にキス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいこ
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fourth0143/index1_0.rdf