逆指値注文の必要性

January 04 [Wed], 2012, 14:44
●逆指値注文の必要性
悪条件を指定して取引注文を行う逆指値注文ですが、その必要性を一言で言うと「損切り」をする為です。
為替レートは様々な要因により常に変動をしています。時には、自分の思惑と違った動きをして損失が出てしまう場合もあります。
損失が出てしまった場合には、損失を出来るだけ少なく抑える為に「損切り」という方法をとることになりますが、この損切りの値段を指定するのが逆指値注文ということになります。
つまり、リスク管理の方法として利用されるのが逆指値注文≠ニ言うことが出来ます。

ピータン騒動 CNN記者が謝罪
Twitter 企業価値は約2倍にも
「ミク」人気 海外にも拡大
WiMAX2 下り150Mbps以上達成
米スマホ Androidシェア38%に
ミカン栽培にスマホ活用実験
販売側視点 スマホ移行の実情
スマートフォンシフトに対応する「AND market」
NAVERが2周年 次に打つ手は
iPhone 5、台湾企業が受注か
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハナ
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fourth0043/index1_0.rdf