季節の変わり目のパウダーファンデーション 

March 22 [Sun], 2009, 12:08
パウダーファンデーションがうまくのらない原因は、
乾燥によって肌の表面のキメが乱れ、荒れてしまうため。
そのため、この時期はいつも以上に、肌への水分補給と保湿に
気を配ることが大切なのです。

自然な肌を作るためには、自分の肌色に合ったパウダーファンデーション
選ぶことが大切です。
色の合わないパウダーファンデーションを選ぶと、浮いて見える原因に。

選ぶときのポイントは、パウダーファンデーションの色味と明るさです。
まず、自分の肌が明るく白い肌か、暗めで黒い肌かを判断しましょう。
そして、肌が赤っぽい人はピンクオークル系を、
黄みっぽい人はイエローベージュ系を選ぶと、
顔色に合ったきれいな肌を作ることができます。

この基本の選び方を押さえた上で、冴えた明るい肌にしたい、
クールな肌にしたいなど、好みの肌に合わせたパウダーファンデーション
選びましょう。

きれいにパウダーファンデーションを塗るためには、
まずは肌のコンディションを整えることが大切です。
季節の変わり目で、肌が敏感なこの時季は、いつもよりも丁寧な洗顔と
保湿を心がけて、肌のキメを整えましょう。

下地はパウダーファンデーションと相性の良いものを選ぶことが、
崩れにくくするポイントです。

パウダーファンデーションを塗るときには、スポンジを使うと余計な油分が
抑えられて自然な仕上がりになります。
パウダーパウダーファンデーションを使う場合でも、
保湿効果が優れた潤いタイプのものを選ぶようにましょう。

パウダーファンデーションを買う時には 

March 21 [Sat], 2009, 12:05
店頭で試せるパウダーファンデーションを買う時は、
手の甲ではなくちゃんと顔に塗って色が合うかどうか確かめてから
買うようにしましょう。
顔の色と手の色は結構違います。
これでパウダーファンデーション選びを失敗してしまう人も多いのです。

日本のメーカーのパウダーファンデーションは、だいたい春夏用と秋冬用を
発売していることが多いです。
季節の移り変わりの時期にはお店でサンプルを配布したりするので、
気軽にもらってきて下さい。
パウダーファンデーションを一日付けてみて自分の肌に異常が出ないか
確かめるのが理想的です。

パウダーファンデーションにはさまざまなタイプや色のものがあるため、
パウダーファンデーションの選び方がよくわからないという方も多いようです。

一般的には、リキッドやクリームタイプのファンデーションは、
どちらかというと乾燥肌の人に向いているといわれています。
このタイプは、カバー力がありますが、パウダータイプよりは
少し手間がかかり、肌にもやや負担がかかります。

パウダータイプのファンデーションはどちらかというと、
脂性肌の人に向いているといわれ、手軽に簡単に塗れるので、
化粧直し用としても適しています。
カバー力はリキッドやクリームタイプのファンデーションよりはやや劣ります。

また色の選び方は、基本的に首の色と同じ色のパウダーファンデーションを選ぶと
よいと言われています。
シミやそばかすなどが気になる場合は、少し暗めの色の
パウダーファンデーションを選んだほうが目立たなくなるようです。

ファンデーションの使い分け方 

March 20 [Fri], 2009, 12:03
ファンデーションには大きく分けて 「リキッドファンデーション」 と
パウダーファンデーション」 の2種類があります。
最近は、リキッドファンデーションよりも付け心地が軽い物や
スティックタイプなどもありますが、基本として
「リキッド」 と 「パウダー」 の2種類を覚えておくと良いでしょう。

メイク初心者の方におすすめするのはパウダーファンデーションです。
ファンデーションを使ったことがない、1つも持っていないという人に
おすすめするのはパウダーファンデーションです。
朝のお化粧にも、昼以降のお化粧直しにも使えますし、
つけ心地も軽いため、初めての人でも抵抗なく使えると思います。

目的、場所に合わせた使い分けもしていきましょう。
普段はパウダーだけにしてナチュラルに仕上げ、
しっかりとお化粧したいときはリキッドを使うというように、
生活や場所柄に合わせて使い分けるのもよいでしょう。

リキッドファンデーションを使うと、いかにも 「お化粧した」 という
印象になるのではないかと心配する人もいますが、
実際使ってみると自然な感じに仕上がるので、おすすめです。

肌質による使い分けも重要になってきます。
一般的に、油分を多く含むリキッドファンデーション
乾燥肌〜ふつう肌の人向け、使い心地がさらっとした
パウダーファンデーションはふつう〜脂性肌の人向けと言われています。

カバー力のあるパウダーファンデーション 

March 19 [Thu], 2009, 12:10
化粧の代表格であるファンデーションは、モノによってぜんぜん違います。
いろいろためしてみるといいとおもいますが、
ファンデーションによっては、キメが明らかに違うので化粧には
ファンデーションのいいものを使うことで、見違えます。

ファンデーションを選ぶときの基準のひとつに、毛穴や肌の凹凸
、シミ・ ソバカスなど肌のトラブルをどれだけ目立たなくするか、
すなわち「カバー力」があるかどうかということがあります。

一般的に、ファンデーションの中では、リキッドファンデーション
最もカバー力が強いようです。
リキッドファンデーションは肌にぴったりフィットする感じがあり、
気になる毛穴の開きや、シミ、ソバカスなどをうまくカバーしてくれます。

しかし肌のトラブルを隠したいからといって、
厚く塗りすぎるのはあまり良くありません。
厚塗りすると化粧崩れも起こしやすく、またかえってフケた印象にもなります。
最近は厚塗りしなくても、しっかりカバー力を発揮する優れた性能の
リキッドファンデーションも多いようです。

どこのファンデーションも、極端に劣っているというものはないので、
自分の肌にあうかどうかということが、選ぶ際にとても重要になってきます。

いきなり、おすすめファンデーションだからと買ってしまうのではなく、
サンプルをもらったり、試供できるお店があるので、
実際に自分の肌にフィットするかどうか試してからの購入がおすすめです。

パウダーパンでーションとは何か 

March 19 [Thu], 2009, 10:02
「化粧品」にはさまざまなものがありますが、代表的な化粧品としては
まずファンデーションがあげられます。

ファンデーション(foundation)とは英語で「基礎」という意味があり、
化粧のベースとして顔全体に塗るものになります。

ファンデーションには大きく分けて 「リキッドファンデーション」 と
パウダーファンデーション」 の2種類があります。

リキッドファンデーションは液状のファンデーションのことで、
量の調節がしやすく、カバー力があり、比較的化粧持ちも
良いという特徴があります。

一方、パウダリーファンデーションはコンパクトに入っている
粉状のファンデーションで、つけ心地が軽く、
どこでも手軽に使えるという特徴があります。

どちらのファンデーションを使うかは自分の好みもありますが、
メイクをする目的や場所、そして肌質などによっても使い分けるとよいでしょう。

ファンデーションの目的は紫外線から肌を守ること、肌を白くさせること、
肌にハリを与えることなどに分かれるため、ファンデーションには
たくさんの種類あるものです。

ファンデーションのノリというものは、化粧をする前の肌の状態でも
違ってくるものです。
ファンデーションもガサガサした乾燥肌ではしっくりいきません。
このごろは紫外線カットなどを考えたファンデーションも多く出回っており、
美肌効果があることを期待できるのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:foundation
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる