新オフィス1周年!

November 15 [Sat], 2014, 12:26
取手駅西口にあった旧オフィスから現在の東口に移ったのが去年の11月16日でした。早いものでもう1周年です。感慨〜無量〜!写真は今朝の7時頃、取手駅前でイヌのお散歩中に撮りました。オフィスの入っているビルです。いろいろ大変でしたが、こちらに移って良かったと思っています。

お祭り

August 23 [Sat], 2014, 17:51
今日は近くの愛宕神社のお祭りで取手駅前もにぎやかです。ここ数日夕方には太鼓のテレツクテレツクが始まります。クリニックの目の前の駅前ロータリーが歌舞音曲の会場のようです。年に一度のこと、これもまた良し、ですね。


おめでとう!!

March 05 [Wed], 2014, 16:29
第9回ブレーススマイルコンテスト(日本臨床矯正歯科医会)にて、
クリニックの患者さん、萩原宏樹くんが優秀賞に選ばれました。
おめでとうございます。先月仙台での総会のさいに表彰式がありました。

お引っ越し終了!

November 28 [Thu], 2013, 11:56
クリニックの移転がようやく終了しました。
床が見えないほど積まれていたダンボール箱もずいぶん減り、仕事がラクになってきました。
それでも「あれ、どこだっけ?」の毎日です。
写真はクリニック内。夜5時半を過ぎると外の駅前広場にイルミネーションが灯ります。
絶景ですね。

お引っ越し

October 18 [Fri], 2013, 11:32
取手駅西口再開発に伴いまして、クリニックを移転することになりました。
私の好きな開高健先生に「あぁ。二十五年」という随筆集がありますが、
私も、あぁ。25年、お世話になったビルからお別れです。
取手駅東口の「海方ビル」という所の3階に移転します。
東口から歩いて2分というところでしょうか、文字通りの「駅前」です。
オフィスの引っ越しは初めてですが、現在新オフィスの内部工事を行っています。
正式な移転は11月16日を予定していますが、11月5日〜8日あたりはお休みを頂くことになります。
写真は新オフィスの窓から見た取手駅東口と、下から見上げた新オフィスのあるビルです。


金曜の午前の診療

June 28 [Fri], 2013, 13:34
もう4年目になりますが、4月から7月いっぱいまでの4カ月間、近くに在る広沢学園「取手歯科衛生専門学校」で衛生士のタマゴさんたちに「歯科矯正学」を教えに行っています。そのせいで、金曜の午前中は診療なし、の状態になっています。患者さんの皆さんにはご迷惑をおかけしております。ご報告がてら、お詫びを申し上げたいと思います。あと1カ月でこの状態も終わります。

グレートジャーニー

May 30 [Thu], 2013, 15:12
さて久々のブログ更新です。
上野の科学博物館の「グレートジャーニー・人類の旅」展を見てきました。
熱帯、極北の寒冷地、砂漠の乾燥地帯、それぞれの地域での我々人類、ホモ・サピエンスの生き様がわかりやすく展示されていました。私ども矯正歯科を職とする者は、「人類学」「人類史」と聞くと眼の色が変わります。歯並びは人類進化の過程で歯とあごのサイズのアンバランスが発生して「八重歯」と呼ばれる乱排の歯列が生じたものと考えられるからです。原人の下あごの骨もありましたが、「親知らず」はまっすぐ、きれいに生え、噛み合わせ面は見事にすり減っています。
同時に開催されていた「江戸人展」というのも見てきました。庶民階級と支配階級(お殿さま、ですね)の頭の骨の形の違いが一目瞭然です。江戸落語で言う「熊さん、八っつぁん」と「赤井御門守」は骨格から違うのですね。どうみても武士よりも庶民の方が生活力がありそうです。
写真は「ナインティナイン」岡村隆史君が表情復元のモデルとして参加したというアファール猿人(アウストラロピテクス・アファーレンシス)の家族の復元模型。

もう一つの驚き。熱帯雨林のアマゾン奥地で使われている弓矢の「矢」の大きく、太いこと。長さは2メートル、太さは2センチ近くはあります。重さは100グラムですので、矢軸の材料は軽いのでしょうが、それにしてもこれを飛ばす弓の強さもさることながら、それを引く体力あってのもの。また狩りの対象がバク、シカのみならずワニまでとなれば、一発必中、必殺でなければ、自分の身が危険なのでしょうね。

ホームページをリニューアルしました。

October 26 [Fri], 2012, 20:11
ホームページのデザインを一新しました。
1カ月ほどかかりましたが、きれいなサイトになったと自負しております。

前のサイトのページをここに残しておこうと思います。

学会が終わりました。

October 01 [Mon], 2012, 15:52
日本矯正歯科学会が終わりました。
今年の会場は盛岡。暑いくらいの良い天気でしたが、残念ながら岩手山には雲がかかっていました。
写真は商社展示、学術展示の会場となった盛岡アイスアリーナのエントランスから撮影した岩手山。

取手の夏の風物詩

August 17 [Fri], 2012, 10:19
8月11日に取手の花火がありました。

クリニックの近くの「四ッ谷橋」はちょっとした花火鑑賞スポットです。
この日は花火を見る人たちで鈴なりになっています。

アラインテクノロジーのデータから

August 06 [Mon], 2012, 15:37
マウスピース矯正のインビザラインを作っているアラインテクノロジー社が興味深いデータを出してくれました。
日本人とアメリカ人と中国人でアンケート調査をした結果、「歯並びは笑顔の印象を左右するかどうか」というアンケートではいずれの国でも、その通りだ、と考える人がほとんどであるにもかかわらず、歯並びについて歯科医に相談したことのある人は、アメリカ人、中国人の7割に対して、日本人では2割程度に留まっています。
「矯正中のイメージ」についてはアメリカ、中国では7割前後の人が、「歯並びが良くなっていくのがうれしい」だろうと考えているのに対し、日本人では「矯正装置による不自由で、つらい」イメージが先行しているのがわかります。その反面、目立たない治療(マウスピース矯正や裏側矯正)の認知度が日本では、アメリカ、中国にくらべて非常に低いのがわかります。
また日本在住のアメリカ人、中国人での調査では「日本人の歯並び」が「悪い」と思っている人がとても多いのがわかりました。「八重歯」が尊重されるお国柄とはいえ、問題ですね。

私たち矯正歯科医の啓蒙活動がまーだまーだ、足りないというのが私の素朴な感想です。

昔の歯みがき粉

August 01 [Wed], 2012, 15:32
毎日暑い日が続きます。お子さんたちは夏休み。
そして地球の裏側のロンドンではオリンピック開催中。
真夜中にオリンピックを見るのも、こちらの体力が続かず結局は翌朝ネットで結果を見る毎日です。
今日はちょっと変ったものをお見せします。
昔の歯みがき粉。いまはほとんどチューブ入りの練り歯みがきばかりですが。昔は粉末のものが多かった記憶があります。

手前は歯痛のお薬でしょうか。奥の桐箱に入っているのが歯磨薬(歯みがき粉)です。宮様家、陸海軍御用達、とあります。

ブレーススマイルコンテスト

July 02 [Mon], 2012, 16:00
今年も日本矯正歯科医会の「ブレーススマイルコンテスト」の季節がやってきました。
ブレース(「矯正器具」)をつけて歯の見えるようにニッコリ笑った写真を矯正医会に送って下さい。

再び春はめぐる

April 10 [Tue], 2012, 15:14
再び桜の季節になりました。今日はまさに満開。
クリニックの窓からも、取手一高わきの桜がよく見えます。
取手競輪場の今朝の桜です。

こちらは三日前にとったもの。まだ七分咲きぐらいの状態。

今年のクリスマス

December 24 [Sat], 2011, 10:11
今年は3月の大地震以来、これまでの生活パターンが完全にひっくり返ってしまった大変な一年でした。
でも、桜は咲き、節電の夏もどうにかクリアし、クリスマスを迎えることができました。あと数日で、この2011年も終わります。みなさんも良い年をお迎え下さい。

写真はクリニックのクリスマスツリーと、先日歯科医師会で訪れた長崎大浦天主堂で撮影したマリアさまです。

名古屋の学会が終わりました

October 21 [Fri], 2011, 14:28
名古屋で行われた「日本矯正歯科学会」が終了しました。
今年の矯正学会のポスターは、
「先延ばしにしていませんか? 歯ならび治療」
こちらです。


学会場の名古屋国際会議場の中庭で面白いものを見つけました。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「幻のスフォルツァ騎馬像」。
レオナルドがミラノ公ロドヴィコ・イル・モロから命ぜられて、
ブロンズの原型としての馬部分の粘土像を製作しましたが、
フランスとの戦争の影響で鋳造が断念され、
粘土像もフランス兵により弓の的にされて破壊されて現存しない、
はずのものです。
研究の結果、再現されたものだそうですが、
名古屋でこんな素敵なものに出会うとは、思ってもいませんでした。

お彼岸

September 20 [Tue], 2011, 14:24
台風15号の右往左往するなか、熊本方面に旅行してきました。当然雨つづきで、阿蘇巨大カルデラの雄大な景色もお預けになりましたが、またそのうちに是非もう一度、と思っております。
写真は大分県、湯布院の金鱗湖のほとりで写した「彼岸花(Lycoris)」。お彼岸になると、正しく咲き乱れる花ですね。
大林宣彦監督の映画「 22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」を思い出します。映画もまた、大分県を舞台にしたものでした。我が家の近くにもたくさん咲いている、彼岸花、曼珠沙華ですが、旅先で見るのはまた格別です。ちなみに彼岸花の花言葉は「再会」「また会うのをお楽しみに」。

震災から半年

September 14 [Wed], 2011, 14:26
3月11日の東日本大震災から半年がたちました。
ようやく社会も落ち着き始めているようですが、取手市内でもまだまだブルーシートのかかっている屋根の住宅を見かけます。日本中の目が福島、宮城、岩手に注がれますが、どうも茨城や千葉は同じ被災地でも目立ちにくい。


こちらは、県の歯科医師会から送られてきた「予防さん」です。待合室に鎮座しています。
茨城らしく、水戸黄門のファッション。持っているのは黄門さまの杖ではなく、歯ブラシ、そして右手の「ご印籠」には「6424」と書いてあります。「この6424が目に入らぬか!」6424は県歯のスローガンで、「64才で24本の歯を残そう」という意味です。「がんばろう!茨城!!」


再びヒマワリ!

August 23 [Tue], 2011, 11:14
節電の夏。取手利根川の大花火も無事に終了しました。
患者さんのみなさん、よく日焼けしています。
なんといっても、ケンコーが一番ですね。

再びヒマワリ畑に行きました。


オノボリさん!

June 10 [Fri], 2011, 17:06
昨日は日本臨床矯正歯科医会の例会が東京駅の近くでありまして、
おおいに勉強をして帰ってきました。
シャングリ・ラホテルという超高層ホテルの展望ラウンジにも入ったのですが、
東京スカイツリーがよく見えました。思わず「オノボリさん」になって
カメラを向けてしまいました。周りの先生方、ゴメンナサイ。
ところで、 まだ、クレーンがあるんですね。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:forumortho
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:茨城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-チターを弾きます。
    ・音楽-バッハ、モーツァルト、ヴァーグナー、R.シュトラウス
    ・アート-フリードリヒと鴨居玲が大好き。
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント