会社に馴染めないそれも立派な悩み

September 10 [Tue], 2013, 9:16
不景気故なのか、労働に関する弁護士への相談というのも近年切羽詰まったものやただ働くという枠組みに納まらない相談もあるようだ。
会社という組織の中に入っていくとこれまで自分が経験してきた社会とまた違う面がある。



ちょっと変な習慣だな位に思える事もあれば納得いかないような会社のルールもある。
わたしの経験上でいうと大きな会社になれば成程ちょっとかわったその会社独自のルールがあるように思える。



グループの大きな会社になるとグループ中で自然と上下関係が出来上がっていて同じグループの会社なのに下の方の会社は上のグループの核を成している会社に対して妙に敬語を使い謙るのだ。



敬語を使うのは別に良い事だとは思うのだがそこまで自虐的にならなくてもと思うほど行き過ぎることもある。
その上位の会社の人間が来た時には部署に関わらず全員で玄関で出迎えるとか、上位の会社の人がいらっしゃっている間は平社員のエレベーターの使用禁止など。



こういう会社に入社してしまうと人によっては大きなストレスに悩まされる事になるだろう。
またこういうことは同じ会社の人間には相談するのは難しい。
自然に外の人間に相談するのが得策に思える。



特に嫌がらせを受けているとか業務に支障が出るほどの何かが無ければ単に社風に合わないと言う事で片付けられてしまうのだろうが、あまりに一般的な常識と照らし合わせ変だと感じる場合には弁護士に相談してみるのも良いだろう。



そこで明確な回答を得られるという保証は無いが自分の方が変なのかと不安になってしまい、出社拒否のような状況になるまで放っておくよりは第三者の意見を聞いてみる方が良いだろう。



弁護士相談が全てという訳ではないが、友人に話したとしても埒が明かずただ愚痴を言い合うだけのような状況になっているのなら心や身体が悲鳴を上げる前に手を打つ事も必要だろう。



東京都杉並区の税理士事務所を探すならこちら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fortys5786
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fortys5786/index1_0.rdf