女子フィギュアに注目 メダルの期待も 

2006年02月23日(木) 15時30分
大会第14日の23日、日本中が期待を寄せるフィギュアスケート女子シングルのフリープログラムが行われる。前半のショートプログラムを終えた段階で、荒川静香は3位。トップのサーシャ・コーエン(米国)との得点差は、わずかに0.71。メダル圏内というだけでなく、優勝さえも狙える位置にいる。そして、荒川に次ぐ4位につけている村主章枝が、持ち前の表現力で順位を上げることができるかどうかにも注目したい。ショートプログラムでは失敗が続き8位にとどまった安藤美姫にも、女子選手にとって五輪初となる4回転ジャンプ成功の期待が掛かっている。競技開始は現地時間午後7時(日本時間24日午前3時)から。日本選手は、14番目に安藤、最終組21番目に荒川、22番目に村主が登場する。  スノーボード女子パラレル大回転には、日本から家根谷依里がただ一人出場。またバイアスロンは、女子リレー(6km×4)が実施され、日本から大高友美、目黒香苗、田中珠美、築館郁代の4選手が出場する。フリースタイルスキーの男子エアリアルは、決勝を迎える。日本の水野剣は20日に行われた予選を通過できなかったため、登場しない。また、日本チームが予選リーグで健闘を見せたカーリング女子は、スウェーデンとスイスが金メダルをかけて戦う続きを読む
プレミアム
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:forbideng
読者になる
Yapme!一覧
読者になる