カーンティ 

2007年03月11日(日) 18時47分
名前:カーンティ=ダダ
性別:男
年齢:23

性格:外見から受ける印象通り、優しく温厚。
おっとりしていて多少とろ臭く、やや純粋清楚すぎるきらいもある。
人々が動きののろい小動物を見ている時感じる感覚を
具現化して詰め込んだような人。
スローテンポで生きているため周囲を苛つかせる事も屡。
鈍い、お人好し、他人を疑わない。
故に一度信用したものを容易に覆したり裏切ったり出来ない性質。
平和主義者だが仲間意識が強く、
仲間が傷付けられると本人以上に衰弱するし困窮する。
何かがあると怒るよりも嘆き悲しむタイプ。

容姿:身長162cmの小柄な青年。
首を隠す程度の赤毛は若干ざんばらに切られ外側に跳ねて、
前髪は上げ、両鬢の髪は鎖骨辺りまで長く落としている。
黒目がちな瞳は長い睫毛に囲われ、常にふわりと温かく綻ぶ。
小さい口元は微笑み、柔和な表情。
全体に優しげで柔らかい印象を纏っているが、
顔の右半分に白いガードベース(*1)をしている。
自らのショコラスキンに似合う落ち着いた色の服装を好み、
簡素なカットソーに細身のジーンズ、ブーツを良く着用。
その上に黒のエプロンをして、カットソーの袖は肘まで捲くっている。
細い金のブレスレットやピアスを気に入って合わせる事が多い。

一人称:私
二人称:貴方、〜様、親しくなるとさん付けや呼び捨て(稀)
好き:天気の良い昼下がり、甘めのヤフティ(*2)、優しい人
嫌い:(広義で)ひどいこと、虎揚げ(*3)

備考:エフレクドヒルの付近に存在した小さなスラム・サンデーホリック(*4)出身。
露商で生計を立てる風俗の中両親と共に暮らしていたが、
八年前ミットルセンの過激派ゲリラにより放火襲撃を受ける。
サンデーホリックはほぼ全焼、両親はゲリラに捕虜として殺害された。
その火災の際、自身も顔面右半分と右足に中度熱傷を負う。
劣悪な隣国と自国鎮圧合戦の中、リーハンへ向かう
軽貨物トラックの荷台へ忍び込みリーハンに移る。
ふらふらと彷徨っていた所キルシュ婦人に拾われ、
熱傷の治療を兼ねて住まわせてもらっている内に絆が生まれ、定住。
今はイクリプスの皿洗い番長(キルシュ命名)の位置に付き、
経理や書類整備、電話番などの事務作業に向く。




*1…大きな眼帯に似た医療用具。主に顔面挫傷の患者が使用。おしゃれ感は皆無。
*2…蛇肉の甘酢煮込みのこと。
*3…魚のフライに衣が付き過ぎているもの。ものにより口内が切れる。
*4…治安や文化はフィリピン諸国に似る。現在は周囲のスラムに吸収された。

リーゼ 

2007年03月11日(日) 18時46分
名前:エルリーゼ=フォンティーヌ(愛称:リーゼ)
性別:女
年齢:26

性格:年齢のわりに天真爛漫、素直で我儘。自我が強く言いたい事をはっきり言う主義。
だが嫌味でないのでそれは嫌われる要素にはならない得な性格。
話し上手で説得力があり、根回しやポイントの押さえ方がうまく口車に乗せるのが得意。
だが逆に乗せられてしまう事も。
何でも物事を深く考えすぎて一人で混乱する少々変な部分もある。
本来はお礼を言いたいのに突っぱねて言えなかったりする、いわゆる「ツンデレ」キャラ。
基本的には素でボケているのでよく転んだり怪我をしたりと注意力散漫。
からかいを本気にして怒って泣いたりするが、表情豊かで周りのものを飽きさせない存在。

容姿:身長155センチ。スタイルはそれなりに良いがそれとはかなりギャップのあるちみっちゃく、
かなりの童顔。こげ色の腰までの先がくるくるした巻き毛を白いリボンで一つに結っている。
少しくせがあるのが気になっている。瞳はぱっちりふたえの黒。
年齢とかけ離れた容姿だが、笑顔と不満顔のギャップが激しい。
可愛いもの大好きで、色んな服や装飾品を持っている。
白のカットソーレイヤードに黒のプリーツスカート。下に白いペチコート。
黒タイツに白のハーフブーツ。黒の小さいリュックを背中に背負っている。
プラチナのネックレスにブーツには同じアンクレットがついている。

一人称:あたし
二人称:呼び捨て、〜さん、〜ちゃん
好き:可愛いもの、洋服、装飾品、紅茶
嫌い:自分の童顔、またそれを指摘される事、雨

備考:「イクリプス」には3年前から所属。元々孤児で、出生不明。
リーゼが12歳くらいのころ、洋服と金が沢山詰まったリュックのみ所持され捨てられた。
その際の記憶を失くしているので詳細は不明。
その日暮らしで生活していたが、ロザリナに料理の腕をかわれ、最初は定食屋で働いていた。
今はリュックの中にはお菓子、調理道具などが入っている。
料理が得意だが、本人は特に料理好きというわけでもなかったりする(気分によ
って超手抜き料理が出たりもする)
着せ替え大好き。リリィやイクリプスメンバーをも巻き込んで、時折着せ替えを
しまくって遊んだりして喜ぶ一面も(いい迷惑)

キャニー 

2007年03月11日(日) 18時45分
名前:キャニー=クィプ
性別:女
年齢:21

性格:何を考えているか読めない、面倒臭がりでマイペースな性格。
また、非常にルーズで大雑把。寝起きは最悪に悪い。
普段は寡黙だが、突然の思い付きでの言葉により相手を混乱させることも。
そんな彼女も、お金が絡んでくると見違えるようにやる気になる、守銭奴な面もある。
ぼーっとしているようで観察力は鋭く、だからこその特技も持っている。
生活力に乏しく「誰かが気まぐれに世話焼かないと、知らない間に死んでそう」らしい。

容姿:身長161cm。小柄な体躯。
母がイルメト、父がアジア。二種の血が混じった混血だが、どちらかと言えば父
の血の方が濃く、アジア系の顔つき。
男にも女にも見える中性的な容姿をしている。
普段は後ろで一つに結んでいる黒いしなやかな髪は、解くと肩のすぐ下くらい。
髪には寝癖がついて跳ねていることも。
常に気だるげで眠そうな表情。瞳の色は金色。
服装にはあまり気を使わず、いつも適当に見繕っている。上は皺の入った白いシ
ャツとポケットの多い灰色のコート。下は黒いズボンを着ていることが多い。
変装を解かずに生活していることもあるので、一目見て誰か判別できない時がある。

一人称:私
二人称:アンタ、あなた、〜さん(特別目上の人限定)、名前で呼び捨て
好き:身体を動かすこと、お金、吐き気がするほど甘いお菓子
嫌い:牛乳、騒音、水

備考:本人そっくりに化ける高い変装技術を持つ。
その自分の能力を生かし、スパイとして暗躍。情報を売り、金にして生活している。
ルーレートの町に住んでいたが、十数年前に科学者である両親が死んでからは、
暫くの間放浪の旅に出る。
極度の方向音痴で、本人曰く
「三日間飲まず食わずで彷徨っていたらいつの間にかリーハンに着いていた」
そして6年前、イクスプリに恨みを持つ人物からロザリナの暗殺を依頼された。
が、あえなく失敗。逆に叩きのめされる。
その時のことが軽くトラウマに。自分を拾ってくれたことに感謝し、食事は美味
いと思っているが、ロザリナと必要以上に顔を合わせないようにしている。
しかしその時に変装の腕を買われ、「イクリプス」に所属。
以来、仕事の時だけ呼び出される臨時の派遣社員として働いている。
主に次の仕事の下調べ等の情報収集を受け持つ。
愛用のコートのポケットにはお菓子しか入っていない。一種の四次元かと疑われる程入っている。

ペトラ 

2007年03月11日(日) 18時43分
名前:ぺトラ=コンセルト
性別:女
年齢:20

性格:臆病で被害妄想癖あり。閉鎖気味の自己完結少女。
かろうじてイクリプスメンバーとはコミュニケーションが可能。
自分から主張を行うことは全くなく、強い者に流されるのが常。
しかしながら、不当な命令には嫌そうな顔を見せることもあり、
まったく自身の意見が無いというわけではなさそうである。
自分を(あるいは仲間を)攻撃されることを過剰に恐れ、
敵意には非常に敏感であり、姿の見えぬ敵でも特定できる。

容姿:身長157cm。華奢に見え少女とも少年ともとれる風貌。
プラチナブロンドのショートヘアと淡い黄色の虹彩。薄い皮膚。
小鼻で伏せ目がち、常に自信なさ気に見える顔である。
膝丈までのスカートにジャケット、黒のストッキング、
機動性の高いショートブーツを身に着ける。
腰ポシェットに音楽プレーヤーがあり、拳銃を入れることも有。
ヘッドホンを常に首にかけ、時々大音量で聞いている。

一人称:ボク
二人称:キミ、〜さん、呼び捨て
好き:クラシック音楽、カレーライス、蝶
嫌い:怖い人(基本的に仲間外の人物)、甘いもの

備考:国外からの亡命者。出身国内での民族紛争が原因。
幼少時、政府に抵抗するための少年兵教育をほどこされる。
しかし、戦場に出る前に脱走、保護団体の力を借りて亡命。
亡命後は性格上職を転々とし、イクリプスに落ち着いたのはここ近年。
様々な武器の技量を持つ優秀な兵士であり、
特に得意とする分野は爆弾をはじめとするトラップ類。
しかしやはり性格ゆえにトップを張って前線には出ず、
誰かのバックアップに回されることが多い。
また読唇術に長け、ヘッドホンを外さずに他者と会話することも。

BB 

2007年03月11日(日) 18時42分
名前:BB
性別:男
年齢:29歳

性格:
クールな現実主義者。辛口毒舌。口煩く、整理整頓魔。
無愛想で気遣いがないが、嘘をつくのは好まない。
その割りに挑発には乗りやすく、勝手にヒートアップして結局相手になる。
人に踏み込まれるのを好まず一定距離をおきたがるが、シャットアウトはしない。
文句を言いつつも引き受けた仕事はこなす。

容姿:
身長189cm、長身痩躯で骨ばった印象を与える。褐色の肌。
黒髪の後ろは背中の中ほどまで長く、いつも括っている。瞳は黒。
皮のシャツにブラックジーンズ、ショートブーツが基本スタイル。
色は黒がほとんどで時々グレーのモノトーン男。
いつもゴールドモチーフのネックレスをしており、仕事の際はサングラスをかける。

一人称:俺
二人称:お前、名前呼捨て
好き:夜、煙草、甘いもの
嫌い:子供、注視されること、熱いもの

備考:
8年前にリーハンに流れ着いて定住。金次第で動く。
主にボディガード、警護等など守る仕事がメインで自分から仕掛けるのは好まない。
麻薬には詳しく、軽い中毒者。煙草タイプのそれを常備している。
それ故か、麻薬絡みのトラブルは「放っておけ」と関わりたがらない。
隠しているがかなりの甘党で猫舌。

本名はバート=ブレアニーといい、ルーレート出身。
ルーレートに妹がおり、そこへ送金するために金が要る。
本名は誰にも話したことはなく、送金のことはロザリナしか知らない。

ロザリナ 

2007年03月08日(木) 1時04分
名前:ロザリナ=キルシュ
性別:女
年齢:43

一人称:アタシ
二人称:呼び捨てなど

黒色の肌と恰幅のよい体格で凄まじい威圧感を放つ女性。
“ママ”や“マダム”の愛称で呼ばれることが多い。
横の繋がりが広くリーハンでは顔が利く。
豪快にして敏腕、裏切り者に容赦はしない。

料理の腕も確かで住民曰く「定食屋だけでやってけるんじゃないの」とのこと。
得意料理は炒飯とハンバーグ。

二十代で結婚、離婚を経験し、子供も一人産んでいる…という彼女の過去を知る者は少ない。

ナツメ 

2007年03月08日(木) 0時57分
名前:ナツメ
性別:男
年齢:21

性格:重苦しい雰囲気を嫌う軽い男。
人見知りもせず、他者との間に壁は作らない。
ただ、心を開いているように見えて肝心な所は、はぐらかしてしまう分からない人。
基本的に暢気で感情を荒げたりすることは滅多にない。
そのせいか嘘を吐いてもばれる事が少ない(イクリプスメンバー除く)
ある意味ドライで冷静なのかもしれない。

容姿:身長168cm。本人の希望とは裏腹に体重は軽い。
髪の毛は人工的な金色をしており、適当な長さに切られている。
垂れ気味な目は栗色で如何にも暢気そうな印象を与える。
ジーンズにスニーカー、タンクトップの上に大きめのパーカを羽織る動きやすいスタイル。
パーカーは主に赤などの原色系、他はデニムや黒色などの目立たない色使い。
アクセサリは好きだが、すぐに無くすので最近はつけていないようだ。

一人称:俺
二人称:あんた、きみ、〜ちゃん、〜くん、呼び捨て
好き:チューインガム、バスケ
嫌い:炭酸系飲料水、寒い場所

備考:10年前から「イクリプス」に所属する古株的存在。
父親はナツメが幼いころに死んでしまい
そのショックから母親は精神を病み、ついにはナツメをリーハンに捨てた。
身軽で反射神経が良いので、主に運び屋の仕事を受け持つ。
手癖が悪く習慣的にスリをしてしまう事が多い。
一日最低一回はトラブルに巻き込まれる不幸体質。

リリィ 

2007年03月08日(木) 0時55分
名前:リリィ=ローレン
性別:女
年齢:5

性格:内気で引っ込み思案で遠慮屋。
ぼんやりしているような雰囲気。
だが芯は強く譲れないものが絡むと強い、または頑固。
打ち解ければ人懐っこい、どこにでもいるような子供。
感受性が豊かで芸術面での才能を有する。

容姿:茶髪黒目、身長105センチで小さく軽い。
ふんわりとしたミディアムヘア。
ぱっちりした瞳と白い肌を持ちビスクドールのような顔立ち。
ナツメとの初見時は上質のブラウスにスカート姿だった。
一見していいところのお嬢様だと判断できる。

一人称:わたし
二人称:さん付け、呼び捨て、など

好き:グラタン、絵(見るのも描くのも)
嫌い:へび、注射

備考:正体不明、経歴不詳の謎の少女。
本人は知らないが血液からan-22oを精製することができる。
世間知らずだが、教育はしっかりと受けたので
年齢のわりには難しい言葉を理解できたり、書けたりする。
いつも持ち歩いている、くまのぬいぐるみがお気に入り。
失語症により会話の意味は理解できても言葉は発せない。
通称「Angel blood」


*リリィはNPC(ノンプレイヤーキャラ)的存在になります。
話すことができず、手話も知らないので
主に画用紙に文字や絵を描いて相手に伝える手段を取っています。

用語説明01 

2007年03月07日(水) 15時50分
イクリプス
表向きは小さな定食屋。
裏では折り合いさえ付けば何でも請け負う派遣屋でもある。
主人公達は主に裏の仕事に従事しているが、暇なときは皿洗いやらをやってる。
わりと良心的な値段で引き受けてくれるが
店長兼ボスである「ロザリナ=キルシュ」のお眼鏡にかなわなければならない。


an-22o(エーエヌツーツーオー)
別名「エンジェル」と呼ばれる麻薬の一種。
口語では主に「飛ぶヤツ」「ヘヴン(頭文字だけ取りHとも)」「天使」とも。

5〜6年ほど前に突如としてイルメト内に流行し始めた薬。
症状としては幻覚、多幸感、知覚の歪み、脱力感などが上げられるが
人によってはバットトリップを起こしたり、拒絶反応を起こして死ぬ場合もある。
体験者の話によると「効き目がハンパない」とのことで
絶頂時の快感はこの世のものとは思えないらしい。
依存性が極めて高く、一度摂取すると治療は困難な上に完治はできない。
薬を絶った後も強い後遺症に悩まされて自殺する人間も多い。
この薬を使った人体実験もどこかで行われている、という都市伝説も蔓延中。

おおまかな設定 

2007年03月07日(水) 14時19分
荒廃系近未来。
戦争(20年前に終結)により壊滅した街や国が少しずつ復旧している状態。
中にはまだ紛争が納まらない場所もあり、世界中のピリピリした雰囲気は続いているようです。
文明や機器の発達などは程度はあれど何処も同じようなレベル。

物語の主な舞台となるのは「イルメト」と呼ばれる国。
治安の悪さも然ることながら、科学技術も世界有数。
ただし後者の恩恵をうけるのは首都「ルーレート」に住む者達のみで
他はスラム街なみに荒廃している場所が多いです。
また隣国「ミットルセン」との外交問題が起きており
国境地域である「エフレクドヒル」では紛争が絶えません。

主人公達はルーレートから程近い「リーハン」という街で生活をしています。
ここは国外から亡命してくる人も多いので、よそ者に寛大で仲間意識も強めです。
人種のるつぼ状態になっていて、生粋のイルメト人は少ないです。
他の都市に比べてアジア色が濃いのが特徴。
やはり治安は悪いようでギャングの小競り合いや、麻薬・人身売買などが横行中。





*世界観参考*
「CASSHERN」
「スワロウテイル」
「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」
「MOON CHILD」
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる