FXプライムで口座開設 

January 17 [Sat], 2009, 14:06

FXプライム株式会社は、伊藤忠グループのFX会社です。

FXプライムの設立は2003年9月。この新しさならば、普通であれば、まだ信頼性に疑問も残るところでしょうが、FXプライムは老舗である伊藤忠グループのFX会社なので、その信頼性には定評があります。

FXプライムはまた、初心者からFX上級者まで、すべての層に対して親切なFX会社であることでも知られています。

FXプライムの特徴は、以下のとおりです。

・投資家への情報提供に力を入れており、「マーケット情報」「FX練習帳」「FX入門冊子」などといったサービスがある。

・保証金やレバレッジの多彩さで、初心者から上級者まで、自分に合ったコースを選ぶことが可能。

・FX専門の会社なので、当然FXに強い。

これからFXを始める人はもちろん、さらに良い条件のFX会社を探している方においても、FXプライムを利用する価値は十分あると思います。

今ならバレンタイン プレゼントではありませんが、口座開設でお得なプレゼントも!?

ストップロス入れてますか? 

December 14 [Sun], 2008, 17:14

FXで含み損を抱えている人はスットップロスをしない人がいて、全く驚きです。

急激な円高時にはストップロスをしていないと痛い目みます。

今週も、米上院でビッグスリー救済法案をめぐる協議が難航し、円相場は13年4カ月ぶり高値水準となる1ドル=90円台を突破、88円台にまで達した。

96円台で推移していたころはだんだん落ち着いてきたかと思われていた相場だったがまだまだわかりませんね。

まだ、この救済案も解決していないし、根本的な解決策がないと救済しただけはただの延命にすぎず、さらなる被害が待っているようなきがしてなりませんね。

それにしても90円を突破するとは、FXで含み損を抱えた人は毎日気が気でないでしょう。

レーシック 費用が吹っ飛んでしまいますからね。

FXの基本でもありますが、ストップロスはしっかり設定しておかないといけないでしょう。

円高に進んで怖い為替ですが、FXなら売りからでも勝負できますので、考え方によっては勝負できます。

ただ、注意は必要です。

ネット証券人気! 

October 20 [Mon], 2008, 6:57

米国発の金融不安で日経平均株価が暴落、深刻な円高の中、ネット証券各社に個人投資家からの口座開設の申し込みや資料請求が急増しているそうです。

通常の2−5倍に上っているのだそうです。

手数料が安いネット証券で安値買いを狙ったとみられ、ネット最大手SBI証券広報担当の人によると、「株式投資を始めるチャンスと考えている人も多いようだ」とみている。

またネットでなら気軽に取引できるので、薬剤師 派遣をしている私にもできそうです。

ネット証券各社によると、変化が起きたのは米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)してから。

口座開設申し込みが増え始め、その後一気に加速したそうです。

やはり相場が動くときはこういったチャンスを求めて、口座開設をする人が増えるんですね。

FXでも株式でも同じでしょう。

FX会社選びは重要! 

October 11 [Sat], 2008, 10:00

FXの会社は数多くあり、また新しくできるので、どこで口座開設しようか迷ってしまいます。

ただ、自分の大切な資金を預けることを考えると、手数料が安いからという理由だけで会社を選ぶのは危険です。

FXの会社は歴史が浅く、資本金の少ない会社がめずらしくありません。

やはり歴史が浅いというのは心配なところもあります。 

また、FX会社は店頭取引を行なっている会社があまり多くありません。これは、ネットでのサービスに特化することによりコストを削減し、手数料などを安くするためなのですが、ネットというだけあって、実態がどうなっているのか分かりにくいという声も聞かれます。

スター為替のくりっく365などでは店頭取引ですね。

こうしたFX会社の現状は、やはり個人投資家にとっては不安材料です。

せっかく取引してしまっても預けているFX会社 倒産してしまってはおしまいです。

100万円以上の大口資金を預けるのであれば、ある程度会社の信用度をチェックしてからにしましょう。

FXで通貨を選ぶポイント 

September 27 [Sat], 2008, 0:15

FXを始めたいと思った初心者の人は、色々な通貨があるので、どの通貨を選んだらよいのか迷うことになると思います。 とはいってもFXの初心者は最初は無難にドル・円となることが多いようです。

スター為替のように通貨が限られているとしぼれますけど、FX会社によっては取扱い通貨が多いところもあります。

それでは、どこをポイントに通貨を見れば、自分の投資スタイルに合致する通貨が選べるのでしょうか。

例えばクロス円と呼ばれる円と外貨の通貨ペア(豪ドル/円、カナダドル/円など○○/円という通貨ペア)の場合は、スワップ金利の違いなどを基準にして選ぶ人が基本的に多いみたいです。

ここで1つ注意が必要なのは、クロス円では円高になったら一斉に外貨価値が下落してしまうことです。

だから全ての外貨をクロス円で買っている場合は、FXを行う上で非常に危険な状態になります。

急激に含み損が増えるので大慌てしないといけなくなるからです。

FXでは含み損が増えるのは致命傷ですから気をつけないといけません。

FXで稼いで確定申告 主婦もたくさんいるようですね。

注文方法 

September 16 [Tue], 2008, 23:27
最低限知っておかなければならない注文方法である、成行注文と指値注文、そして損切りの時に使う逆指値注文についてはおさえておかないといけません。

まず、成行注文とは、今現在のマーケットの値段で売ったり、買ったりすることを言います。

次に、指値注文は字のごとく「値段を指定」して注文することを言います。

そして、最後に逆指値注文は今の値段より下がったら「売り」とか今の値段よりも上がったら「買い」という注文方法です。

初心者はこの注文方法に、はじめ戸惑いますが、これは、例えば今持っているドル/円の買いポジションの損失が、今よりも大きくなってしまったら怖いので、あと1円以上下がったら損切りの「売り」注文を出そうというような時に使います。

とりあえずはこの3つの使いかたを慣れることが大切です。

実際の取引ではリスクがあるので、外為どっとコムトレイダーズ証券にあるバーチャルFXを利用するといろいろ注文方法も練習できます。

どうなる?EURO! 

September 13 [Sat], 2008, 23:36

FXをやる人にとって為替の動きは重要ですが、ユーロが欧州経済の見通し悪化と歩調を合わせるように、対主要通貨で急落しています。

ユーロは長らく上昇基調にあっただけに、「ユーロバブル」がはじけてしまったような感じです。 ユーロでFX取引をしている人には耳が痛いですね。

ユーロは7月に、欧州中央銀行(ECB)参照レートで対円で1ユーロ=169.75円と過去最高値をつけました。

しかしその後、ユーロ圏が今年4−6月期に初のマイナス成長に陥ったことが判明。

各景気指標も軒並み低下を続けており、7−9月期も2期連続のマイナス成長となって「数字上のリセッション」に陥る懸念も高まっています。

こうした中、ユーロは9月に一時対円で1ユーロ=150円の水準を割り込み、約1年ぶりの安値となりました。

今週末は154円台で終わっています。

ユーロ・円でFXのポジションを持っている人も多いと思いますからね。 今後の動きに注目です。 

動きが大きいときにFXを始めるのは正解です。 FX キャンペーンに合わせて口座開設しましょう!!

バーチャルFXの利点 

September 01 [Mon], 2008, 6:40

バーチャルFXとは、各FX業者が開設しているFXトレードシステムで、外国為替保証金取引(FXトレード)を擬似的に体験できるシステムのことをいいます。

バーチャルFXは、擬似的な体験といえども、用いられている為替取引レートは実際に用いられている為替取引レートと全く同一。

つまりバーチャルFXでの取引は、実際のインターバンクレートに限りなく近いリアルタイムレートで行うことが可能なのです。もちろん、スワップポイント(金利差調整分)も、実際の取引と全く同じものを用いています。

では、バーチャルFXをする利点とは何でしょうか。

1. 操作方法に慣れることができる。

「今買う!」と思うとどうしてもあわててしまいがち。ユーロを買うつもりがNZドルで指定してしまったり、「売り」たいのに「買い」になってしまったり…。こういう操作上のミスを何度か経験しているうちに自分の弱点がわかってきて、スムーズにできるようになります。

2. 実際の為替相場の中で、トレード体験できる。

「為替の動きのくせ」や、売買のタイミング、通貨ごとの動きなどが少しずつわかるようになってきます。

さらに、バーチャルFXを提供しているFX取引会社の中には、特定の期間内に最も資産を増加させた参加者に豪華な賞品を進呈するFXゲームを用意している会社もあります。FX取引の勉強になるだけでなく、うまくいけば商品もゲットできるかもしれませんね。

FXをやってみたいとお考えの方、まずはバーチャルFXを体験してみたらいかがでしょうか。

FXのスワップとは 

August 28 [Thu], 2008, 23:31

FXの取引ルールの中でも、スワップやレバレッジという言葉は分かりにくいと感じる人が多いようです。

スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言われるほど効率的な投資方法です。

FXでは、金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買って持っていると、金利の差額分の受取額が発生します。これがスワップポイントです。

スワップは購入した通貨を持っている間、毎日FXから受け取ることができます。

FXの取引業者ごとに、組み合わせられる通貨に特徴があり、多くの通貨が取引できますが、選ぶのに困るほどの量でもなく、メジャーで金利差が大きいことが分かっている豪ドル、米ドルなどにしぼって取引する人も多いようです。

通貨を買うときにレバレッジを数倍に設定すれば、ちょっとした資金でも、1日数十円〜100円程度のスワップ、年間で数万のお小遣いがゲットできる計算になります。

FXの大きな特徴であるレバレッジは、利益を大きく取ることもでき、読みが外れたときにはそれだけのリスクを負うことにもなるポイントなので、よくシュミレーションを重ねましょう。

外貨預金とFX 

August 26 [Tue], 2008, 0:11

FXは外貨預金と同じように利用することができます。

それはFXをレバレッジ1倍で取引することで実現できます。

長期でじっくり為替取引をしたいなら、まずはここから始めてみるとよいでしょう。

例えば1ドル100円の場合、保証金(元手)10万円で1,000ドルの取引がほぼレバレッジ1倍になります。

スワップ金利をしっかりもらいたいという場合は、レバレッジを2倍程度に上げて取引してもよいでしょう。

円で米ドルを買う場合、スワップ金利の利回りを計算すると、レバレッジを約2倍にした場合の利回りは2007年末で約8%になります。

その他の国の通貨なら、さらに高い利回りになる場合もあります。

レバレッジを変えられるという以外はほとんど外貨預金と同じ感覚ですね。

2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる