住宅

May 22 [Sun], 2011, 22:53
在来工法の木造住宅は、日本の気候風土に根付いた理にかなった手順で造られます。建物の骨組みとなる架構は、基礎の上に土台を構えて、柱や梁などを組み合わせて構築していきます。この作業を建て方と読んでいますが、ほんの二、三日で終了します。その次に屋根を葺く作業を行います。これは、雨の多い日本の気候で、構造体を長い間、風雨にさらさないためにも大切なことです。材木は雨に濡れて汚れたり、湿気を吸って変形や狂いを生じやすいからです。特に日本では古くから、建主に柱を大切に思う心があり、大工の気遣いもまた格別でした。このような在来工法に対して、ツーバイフォー工法ではまず、床のパネルをつくり、その上で壁のパネルを組み立て、さらに屋根の骨組みを造っていきます。パネル状の構造体を順序よく造りながら組み立てる作業ですから、構造体が出来上がるまでには、在来工法よりも、かなりの日数を必要とします。したがって屋根が葺き上がるまでの長い間、構造体の木材が風雨にされされることとなります。元々、ツーバイフォー工法が主流の北米では気候が安定しているために、このような心配がありません。気候や価値観の違いもさることながら、構造体に使う材木が、すべての仕上げによって隠されてしまうので、美観の面からは、気遣う必要がありません。しかし、木材が長期間風雨にさらされて痛むことは、工法状好ましいとはいえません。そこで、ツーバイフォーの構造体の組み立ての作業も、雨の多い時期を避けることが大切です。
賃貸併用住宅

配管

May 19 [Thu], 2011, 22:47
かつての木造住宅では、外観を損なうことなどをかまわずに設備の配管を建物の外部に露出させていました。しかし近年では床下や壁の内部に配管を納めることができるようになったために、スッキリとした外観の木造住宅が登場しました。在来工法では、柱や土台、梁などといった横架材などの構造部材を避けながら配管することができます。それでも2階からの排水官などの太い配管は構造材の内側に納めることができません。これらの配管を屋外に露出させないためには、2階の便器や浴室などの設備のためのスペースを設ける必要があります。しかし、設計者や施工者の中には配管のために内部の空間を犠牲にすることには抵抗があるようです。ツーバイフォー工法では、在来工法と違って、床や壁の面が全て構造体となっており、この構造体は床や壁の骨組みに直接合板や石膏ボードなどの面材がパネル状に造られます。よってどのように工夫しても、構造部材の損傷なしには配管や配線はできません。壁の内部に入る配管は、まず枠の部材を貫通させなければなりません。そして内部での横への分岐では間柱わ欠き込み配管します。2階の設備機器の天井配管では、根太と直行する場合には、根太を貫通させることとなります。このようなことから、2階の便器には床上排水タイプを用いたり、構造板を痛めないように、床を二重にして床上に排水配管をするなどの工夫も必要になります。
賃貸併用住宅

製品関係勘定

May 18 [Wed], 2011, 22:50
製造勘定の記入法は、貸方に前月から繰り越されてきた仕掛品の金額と、各原価要素勘定から振り替えられてくる製造直接費および製造間接費勘定より振り返られてくる製造間接費とを記入し、貸方には当月中に完成した製品の製造原価を製品勘定へ振り替えるために記入します。そして残高は次月に繰り越される仕掛品の金額を示すのですが、この場合に、月末仕掛品の金額は次の計算式によって算出されます。月初仕掛品棚卸高+当月発生原価−当月完成品製造原価=月末仕掛品棚卸高、つまり、非原価簿記の場合と異なって、当月完成品の製造原価は、原価計算によって、製品が完成するにしたがって集計されるために、月末仕掛品棚卸高の金額を用いて間接的に算出する必要はありません。むしろ製品完成高が貸方に記入されたあとの製造勘定の借方残高が、月末仕掛品の金額を示すことになるのです。
製品関係の勘定としては、製品勘定と半製品勘定があります。前者は全製造工程を終えて完全に完成して販売できる状態になっている物品を処理する勘定であり、後者は製造工程の一部を終えてそのまま貯蔵、あるいは販売できる状態になっているのですが、本来はさらに他の製造工程において加工を施す必要のある物品を処理するための勘定です。製品勘定、半製品勘定は、いずれも借方に前月よりの繰越高と当月中の完成高を記入し、貸方には当月中に売り渡された製品の製造原価を記入します。この売上製品原価は、非原価簿記の場合とは異なって、売上原価勘定に振り返られます。また貸方に売上製品原価を記入したあとの製品勘定の借方残高は、製品の期末における棚卸高を示すことになります。製品についても、決算期に実地棚卸を行って実際残高を算出し、それを帳簿残高と照合した場合に、棚卸差額が生じることがあります。この棚卸差額は製品棚卸消耗勘定で処理し、この消耗損は正常額であれば管理販売費として処理し、異常額または巨額なものであれば営業外費用または期間外費用とします。
契約の意味

不動産の表示登記

July 27 [Tue], 2010, 16:55
不動産の表示登記と実態が一致していない場合に、登記は両者の間に同一性が認められる程度であれば有効で、限界を超えていれば無効とされます。しかし、土地の地目、建物の登記が違っていても、一般に所在、番地、所有者、土地の地積、建物の家屋番号や構造、床面積が違っていなければ有効になるために、二重登記や対抗要件などの問題となることもありません。登記簿上地目が宅地、山林、原野などとなっていても、現状が農地や放牧地であるときは農地法の適用があり、権利移転、転用、転用のための権利移転などについて制限を受けます。逆に登記簿上の地目が田、畑、牧場などになっていても現状が宅地である場合は農地法の適用はありません。固定資産税は土地登記簿、建物登記簿に基づく課税台帳によって賦課されます。登記簿上の地目や家屋の種類の現状が課税対象としての用途であるかに関わらず、非課税用途になっていると滞納処分を受けます。

不動産の鑑定

July 06 [Tue], 2010, 13:30
不動産というと土地や建物などを思い浮かべますが、それは表面的な事柄であり、土地建物との人間とのかかわり合いが不動産の本質という事がいえます。今まで更地だった所にビルが建ちはじめたりすると、その建物がどのような経済活動を行っているのかという観点から、建物という現象の背後にある不動産と人間とのかかわり合いに注目することです。もしその建物が賃貸マンションであれば、その一帯は住居地域として繁栄することになります。そして周囲に空き地がまだ点在していれば、同じような動きが波及することが考えられます。また、貸しビルが建てられたりするとテナントが入居することになります。どのようなテナントが入居してきたかを観察するだけでもその地域の商圏の動きがつかめるというものです。そしてどのような業種が今後伸びて行くかというかも分かるというものです。
新潟市不動産

景気

May 14 [Fri], 2010, 22:18
東証1部上場企業の3月期業績が前年比38.3%の経常増益となるようです。中国など新興国向け輸出が好調ななうえ、その効果が内需にも波及し、好調業種のすそ野が広がっているようです。上場企業業績の回復が一段と鮮明になってきたのだとか。でも中小企業の倒産などは依然として多いようですから、ハッキリと明暗が分かれているようです。都心と地方での景気の落差も著しい感じもします。地方での経済状態はひどいものです。閉塞感が漂っているなぁ。
資本と独占

ビル

May 08 [Sat], 2010, 23:33
都心のオフィスビルの空室率は8 か月連続で上昇し3か月連続で最高水準を更新したそうです。しかも大型新築ビルの平均空室率は40.18%と大幅に悪化しているのだとか。やはり経費削減のために一等地から離れているのだろうか。都心は景気が回復基調に乗っているという話しでしたが、実際はどうなのだろうか。それでも地方経済よりはだいぶ良いはず。やっぱり今年もこの調子でズルズル行きそうな気配が漂っています。もうすぐ夏なのか。
economic-term

新築

May 01 [Sat], 2010, 22:46
昨年度の新設住宅着工戸数は、前年度比25.4%減の77万5277戸となり、45年ぶりに80万戸を割り込んだそうです。減少率では74年度の28.5%に次ぐ2番目の大きさなのだとか。これだけ景気の低迷では住宅需要が冷え込むのも当然といえば当然のようです。しかも少子化が進んでいるので需要が無くなるのも当然といえば当然のことのようです。でも都心部のマンションの売れ行きは良いみたいだしなぁ、やっぱり二極化なのだろうか。
日本の外交

医療機関

April 12 [Mon], 2010, 22:04
医療機関の昨年度の倒産が過去最悪となったようです。なんでもこれまで倒産件数が最も多かったのは07年と08年度の40件で、昨年度の倒産件数は1月までで既に41件となり過去最悪を更新していたとのことです。以前までなら医療機関の倒産なんか考えられませんでしたけど、大変な時代となったものです。医者も減って来て、確保が大変みたいだしなぁ。医療現場は激務みたいだし、だんだん生活しにくくなってくる感じです。嫌な時代ですこと。
reisure hobby

黄砂

April 05 [Mon], 2010, 9:33
気象庁によると、今年は特に発生源の砂漠地帯で黄砂が舞いやすい環境にあり、中国の工業地帯を通過し、汚染物質などが付着した黄砂は、ぜんそくや花粉症の悪化など人体に与える悪影響も懸念されのた゜そうです。黄砂なんて今までは無かったしなぁ、実際には有ったのが分からなかっただけだったのだろうか。それにしてもぜんそくや花粉症の悪化には困ります。花粉症の人にはツライ季節に突入しています。花見どころではありません。もうそんな季節かぁ、早いなぁ。
Designterm
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:foox
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる