夫婦2人と子供2人(小1小3)で夫の実家の隣

September 20 [Tue], 2016, 17:50
夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。

しかし先月、彼が同じ職場の女性と男女の関係関係にあったことがわかり、家族会議の結果、離婚が本決まりになりました。
これから女手一つで、この子立ちを養っていかなければなりません。
夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いをもとめ、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。



浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。
そのような方の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

プロのアドバイスを受けつつ、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。



浮気によってパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるといったケースもあります。

また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができるでしょう。



着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、格好よく見えるようがんばっていたりすることもありえます。突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをチョイスしてきたら、相当に危ない予兆です。その中でもお洒落なインナーを着用しだしたら、浮気をしていることがありえます。複数の調査業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、格安価格を売り物にしたり、均一価格でOKという会社も増えてきました。
とはいえ、オプションがついたりすることもあって、必ずしも格安であるとは限らないため、調査に依頼する際は、契約前に納得できるまで説明をきき、トラブルにはまらないよう気をつけましょう。



一般的に不倫の証拠に使える写真というと、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるシーンなどは、はずせないです。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、肝心の画像が上手にとれない場合が多いようです。

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、その道のプロである調査に依頼するほうが現実的です。探偵業者に欠かせない技量というのは、企業規模も確実に影響してきます。

広いエリアで加盟会社や協力会社をもつ大手の探偵社なら、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。規模の大きなところは探偵や内勤職員の教育やステップアップにも意欲的で、それはしごとの成果にも表れてくると思います。しっかりした探偵社がしごとをしても、結果を出せない場合もあります。

一例をあげると、不貞の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。



とはいっても、調査の調査が浅かったために結果が得られないといった例もあるでしょうし、しごとを発注する探偵社のクチコミ等をあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。そして面倒がらずに調査にじっくり相談するのも結果に大聴く影響してくると思います。調査に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
ただ、あまり深刻にとらえる必要はないようにも思えます。



不倫相手と別れ指せるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/foo9aorrsrbt6w/index1_0.rdf