...

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fom
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
008 / 2004年12月06日(月)



久々にのぞいてみて
自分のページがまだあったコトに安堵。


たまには日記でも書こうか。


日々の何かを残す余裕くらい

今の自分には欲しいもんだ。




 
   
Posted at 17:00/ この記事のURL
コメント(0)
007 / 2004年09月27日(月)





働く気力も無いし
別れる勇気も無いし
辞める甲斐性も無いし
飛ぶ財政力も無い。

おい、お前。

どうしたいんだ?

死にたいのか?

死ぬ勇気もねえだろ。
親にガッカリされるのも耐えられねえだろうし
暗い暗い暗闇へ行く勇気も無い。

一人が嫌なくせに
一緒にいようと努力もせず

ただただ何もかもを傍観して嘆いている。


それは死体と一緒です。

お願いだから生きてください。

自分。






 
   
Posted at 02:36 / ↓ Low tension. / この記事のURL
コメント(0)
006 / 2004年09月16日(木)








私の中には虫がいる。









 
   
Posted at 23:28 / ↓ Low tension. / この記事のURL
コメント(0)
005 / 2004年09月16日(木)



仕事が忙しく
ちょっと家を空けていたら
また育っていた。。。

いや、すごいね、龍鱗。
一ヶ月前にあの今年の猛暑の中
4日ほど旅行していたら
見事な葉っぱっぷりだったのが一度全て枯れ落ちていたのだが

流石の生命力を見せてくれた。


・・・そんなコトはともかく、


最近我々はいい関係だ。
また束の間のなんちゃって調子乗り期かもしれないが

我々が一緒にできる事は
スペシャルなHだけなのか、
お互いをもっと本当に楽しみたいのなら
二人にとって未知の何かに一緒にトライしたいよね、
苦手科目の初挑戦がいいよ、

などと
長らく地道な宗教活動のようにつぶやき続けた事に
ようやく彼が重い腰をあげたのだった。

それは
私が若干の恐怖症と闘い、
彼にとっては
軽いトラウマを克服してこそ出来る一大事件なのだ。

世の中ではわりかしポピュラーなフツーのレジャーなのだが
我々にとって大きな大きなチャレンジであるには違いない。

なにしろ
かれこれ4年近くのつきあいになるのに
二人が他人様と長い時間過ごすのを
お互い見たことが無かったのだ。

多分乾いた関係や長いけど腐れ縁的な関係や
ひきこもりちっくなミニワールドを愛する関係や
多少の事情の違いはあっても我々のように
俗に言う不倫の関係にある多くの人々は
比較的そうだったりしないかな。
どうかな。
違うか。
いやしかし。。。



まぁともかく
晴れろ週末。



・・・ってか
またこうやって調子に乗って家を空けたら
リュウビン君
死んだりしちゃうの。。。





 
   
Posted at 13:38 / ↑ High tension. / この記事のURL
コメント(0)
004 / 2004年09月13日(月)




フト気づけば
我が家のリュウビンタイさんが
やたら成長していた。

私もこのコたちに負けないよう
前向きに生きねばならない。

ので

こういう日記をつらつら続けるのもいかがなもんか、
かえって気分も停滞したりしないか、

とか

始めて間もないどころかロクに更新してもいないながらも
思ったり思わなかったり。

なにしろ

久々に週末カレと会って、
ゆっくり話し合おうよ、
とか大人な発言したにもかかわらず

したコトといえば
いつにも増して濃い遊びなのだった。


・・・アホだな。


まぁいいか。

それもまた前向きに生きる為の大切なエッセンスなのだ。





・・・・ってのは言い訳だけども。。。


 
   
Posted at 22:12 / ↑ High tension. / この記事のURL
コメント(0)
003 / 2004年09月07日(火)




今でもあまり聞きたいことをスパっと聞かない
・・・というよりかは
聞くまで散々自分の中で推理と擬似回答が交差するのだが

最初の頃は奥さんが亡くなったのかと思っていた。

しばらくたって
別居中だという事が判明した。

そして一年たった頃
子供がいる事が判明し

徐々に生活の雑事を未だ奥さんがやっていて
深刻な別居では無いようだと悟ったのだった。

まぁ自己弁護するなら

つきあった当初
週に4〜5日会っており
毎日電話もしていたし
しょちゅう車で迎えに来てくれていたのだから
勘違いするのも無理は無い。

・・・ってコトもないか。

単なるマヌケだ。
   
 
   
Posted at 00:55 / ↓ Low tension. / この記事のURL
コメント(0)
002 / 2004年09月05日(日)

思えば
出だしから良くはなかった。

不特定多数の人間と刹那的に話を交わす場で
何を求めていたんだろう。
相手が自分にとって誠実であるかどうかという事に気を取られ
己れが誠実な気持ちでそこへ行っていたかは甚だ疑問であった。

それはクラブとかで面白い空気の男たちとたくさん出会いながら
社会的にも金銭的にも堅実ない男はいないのかと
無責任かつ無邪気に叫んでいた頃と
何ら変わり無い馬鹿者加減である。
 
   
Posted at 16:56 / ↓ Low tension. / この記事のURL
コメント(0)
001 / 2004年09月04日(土)


今日からすこしずつ

良いことばかりでなく嫌なこともちゃんとあったという事、
別れるかどうかはともかく、
別れたい理由はお互いあったのだ、

という事を忘れない為

思いついた事をメモしておくことにした。

 
   
Posted at 19:10 / ↓ Low tension. / この記事のURL
コメント(0)
P R
2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
comment
 
 
Global Media Online INC.