Fate/ZERO 25話 感想と解説

June 30 [Sat], 2012, 20:00
ついに終わっちゃいましたね。
そしてステージはFateStaynightへ。
ランスロットの怒られたい願望については今回にもってきてたんですね。
先バレしてしまいました、すみません。
ギルガメッシュが聖杯の呪いの泥により受肉、素っ裸に。
そのままでがれきの中から綺礼を掘り起こす想像したら笑える図だよな結局、スカッとしようがない鬱屈した物語が終始展開することになりました。
が、それはそれでしょうがないのです。
このFateZEROはあくまでStaynightへ至る過程。
すべての結ヘStaynightで。
Staynight見プレイでこの先が気になった方はPS2なりPSPなりPCなりでこの続きをぜひお楽しみください。
ここから解説大災厄セイバーのエクスカリバーにより聖杯の体が崩れた、アンリマユに侵された魔力の泥が溢れだし、周囲を焼きつくす大災厄をもたらすことになった。
生存者は一人の子供、士郎のみ。
彼はその後衛宮切嗣に引き取られ衛宮士郎となる。
がれきをさまよう切嗣解説いるかな家族だけの平和な世界より多くの人が今のままのがマシとして聖杯をセイバーに破壊させて終わったつもりだったものが、いきなり町を飲み込む悪意の魔力によってできた聖杯の泥によって街が阿鼻叫喚の火の海と化し、自分のしでかしたことに気が食いそうになりながらも必死に生存者を探していた、というところですね。
多くの人の命を助けるつもりで、自身の生涯かけての願いの唯一の希望であった聖杯をぶった切った時唐ナ切嗣の精垂ヘ相当に限界がきていた上で大災厄。
生存者ZEROだったらそれこそ切嗣はこわれていたかもしれない。
そこで唯一生き残った士郎は切嗣にとって世界の平和達成に匹敵する喜びだったんでしょう。
まだ見ぬ多くの人を助けるために目に見える少数を切り捨ててきた切嗣が結果救えたものが衛宮士郎という、目に見えるたった一人の命だった、というお話。
FateZEROAfter衛宮士郎衛宮切嗣によって助けだされた大災厄唯一の生存者。
衛宮切嗣の養子として衛宮邸で過ごすこととなる。
切嗣は、自分ひとりを助けた時の顔を覚えており、人を助けてこんな笑顔が出来る人間になりたいと憧れを抱くようになる。
衛宮切嗣が魔術師であることを聞かされ、魔術を使いたいとせがむものの切嗣は魔術のまのmの最初の縦亦度しか教えておらず、魔術回路をもたない士郎はその後、魔術を行使する度にまず、自身に魔術回路を生成するという命がけの作業を行うこととなった。
この間違った工程はZEROの10年後、遠坂凛によって指摘、修正され一度作った魔術回路をオンオフする術を学ぶ。
使える魔術は初歩中の初歩のみで基本的に魔術の才能はないが、ある魔術にだけ特化した素養をもっていてStaynightにてそれを開花させる。
にわかでも魔術師であったため、第五次聖杯戦争でマスターに選ばれwaiwa.jp令呪を授かる。
召喚した英霊は奇しくも切嗣と同じ、セイバー、アーサー王であった。
Staynightの5年前、衛宮邸での切嗣との約束、正義の味方を胸に胸に第五次聖杯戦争に挑む。
セイバー実はアーサーアルトリアは他の英霊とは違うシステムで聖杯戦争に組み込まれている。
他の英霊は死んだ後、成仏せずにその魂を英霊の座に記録することでそのコピーたるサーヴァントを召喚するシステムなのだが、アルトリアは生きているままで聖杯戦争に参加している。
他の英霊が霊体化できるのにセイバーがしなかったのはそのため。
街に出るためにSPのようなカモフラージュが必要だった。
第四次聖杯戦争を悔恨のまま退場することになったセイバーはそののち、改めて第五次聖杯戦争に衛宮士郎によって呼び出されることとなる。
ブリテン復興を胸に、改めて第五次聖杯戦争に挑む。
衛宮切嗣大災厄で士郎を救出し、事態が落ち着いた後イリヤに会いにアインツベルンに向かうがアンリマユの呪いによりほとんど魔術が使えなくなった切嗣は結界を突破できず城にたどり着くことができず、ついに断念することとなった。
士郎を養子として引き取った後は衛宮邸で静かに余生を過ごすこととなるが、5年後、アンリマユの呪いによって士郎との約束の後静かに息を引き取る。
衛宮邸に関するあれこれ衛宮邸修繕作業などは地元の権力者である藤村組のちからを借りており、藤村組組長の一人娘、藤村大河竹刀もってたポニテは切嗣目当てで衛宮邸に顔を出しては士郎と喧嘩していた仲で、切嗣亡き後は士郎の保護者、Staynightではクラスの担任もしている。
藤村大河は魔術に関することは全く知らない、日常担当。
冬木の虎。
タイガーというと怒る。
イリヤスフィールフォンアインツベルン第四次聖杯戦争終了後、切嗣とは隔絶されるが、イリヤには切嗣が会いに来ていることを一切伝えられなかった。
10年後、バーサーカーを従え第五次聖杯戦争に挑む。
切嗣は自分を捨てて士郎との生活をしていると思い込んでおり、士郎を殺すのがイリヤの参加理由のひとつ。
ZEROで切嗣が言っていた成長不全はかわっておらず、イリヤは10年後も歳よりもはるかに幼い容姿をしており、士郎らには子供のように扱われた。
遠坂葵旧姓禅城禅城家の人間は魔術師ではないが魔術の素養を最大限引き上げるという特殊な力を持った血筋だった。
最初は臓硯がその力に目をつけ間桐雁夜を彼女に接近させた。
が、雁夜が彼女を魔術に関わらせるのを嫌がって遠ざかり、その隙に遠坂の接近を許すことになった。
臓硯としては実質不確かな禅城の力の取り合いをしていがみ合うよりは放置が得策としたが結果生まれた凛と桜の才能をみて逃げ出した雁夜を恨み、歯噛みしたことだろう。
実は、雁夜は絞殺したつもりでいたが死に切っていなかった。
そして死にかけだった葵の命を助けたのは言峰綺礼。
これも雁屋への嫌がらせの一貫だったのだろう。
ZERO以降Staynight未満の間に彼女は病死することとなる。
遠坂凛遠坂時臣亡き後遠坂家当主として修行を続け、10年後の第五次聖杯戦争においてマスターに選ばれる。
が、才能とともに遠坂家のうっかり血筋も強化されたのか英霊召喚に聖遺物が必要であることを知らず聖遺物なしで英霊を召喚してしまう。
出てきた英霊はクラスはアーチャー。
しかし当人は記憶喪失でどこの誰か思い出せないという。
さらに戦闘スタイルは弓ではなく、投影魔術魔術で物体を構成する魔術。
燃費悪くて使い手少ないによる双剣の使い手という正体不明の英霊であった。
アベレージワン前能力最高適正という才能に恵まれており、魔術師としての力量は並大抵のものじゃない。
が、うっかりにより大事な所で発揮できないこともしばしば。
間桐桜ざんねん雁夜おじさんが助けに来た時にはすっかり臓硯により染められていた。
臓硯からは魔術の修行は一切されておらず、間桐家の跡取りの胎盤として、間桐家に馴染む体になるよう調整されているのみだったため、まともな魔術行使はできない。
ある時目にした衛宮士郎のまっすぐな姿に惹かれ、衛宮邸にもお邪魔するようになり、藤村大河の性格に惹かれて本来の性格を取り戻す。
臓硯的には体質だけの問題で性格とかどうでもいいのでこれはスルーしていた模様。
性格うんぬんではなく自分に逆らえないという刷り込みは十分だったからだろう。
魔術的な素養があったため、第五次聖杯戦争にて令呪を与えられ、ライーを召喚する。
が、争いを好まない桜により、劣等感で桜に虐待をしている魔術回路を持たない間桐鶴野の息子、間桐慎二にマスターの権限を譲渡した。
言峰綺礼切嗣によって撃ちぬかれた心臓の代わりに聖杯の泥魔力が綺礼の心臓となった。
その後も言峰教会の枢モニして、次回の聖杯戦争を待ち続けていた第四次がイレギュラーで終わったため、次回が60年もかからないことは想定済み。
衛宮切嗣の動向もみていたが不抜けていたため改めて手を出すことはしなかった。
が、第五次聖杯戦争にその意思を継いだ養子の士郎が参加するとしった綺礼は笑いをこらえきれなかったらしい。
聖杯の泥によって受肉したギルガメッシュとともにその時を待つ。
ギルガメッシュ聖杯により受肉した後、それなりに一般人にまぎれて10年生活を続けていた。
が、魔力供給が必要なため、時々子供等を拉致して食料としていたらしい。
10年後、第五次聖杯戦争において第八のサーヴァントとして登場、セイバーと再び対面、今度は正面からぶつかり合う。
ウェイバーベルベット結果、第四時聖杯戦争唯一無傷の生存者。
第四時聖杯戦争中にも見せた、解析能力の高さで講師として超一流となり、彼の元で学んだ魔術師の全員が大成している。
彼の弟子になって王冠グランド階位を得なかった者はいない。
後にウェイバーの教え子たちが徒党を組めば時計塔イギリスの魔術協会支部の権力図がひっくり返ると言われるほどとなる。
しかし、自身の大成を望むウェイバーにとって教え子の大成はどうでもいいことだった。
むしろそのことでイライラを募らせることにもなっていた。
なお、顔はだいぶいかつくなってヒロインらしさは微塵もなくなった。
正常な時のランスロットに似てるかもしれない。
あれがもう少し刺々しくイライラしてる感じ。
聖杯戦争においてケイネスが死亡し、その原因の一端に自分が聖遺物を盗んだことがあると責任を感じるウェイバーはこの後大きく失墜したアーチボルト家の復興に奔走、そしてついに立て直す。
ケイネス亡き後当主となったアーチボルト家かつて末席だった少女はウェイバーの功績を讃えロードエルメロイII世の称号を送る。
他にもプロフェッサーカリスママスターVグレートビッグベンロンドンスター女生徒が選ぶ時計塔で一番抱かれたい男など時計塔で言われている。
遠坂凛の時計塔での後見人であるが魔術の指導などはしていない。
唯一の娯楽は日本製のゲーム。
私服のTシャツには大戦略の文字がプリントされている。
機械オンチの凛とは相性が悪い。
第五次聖杯戦争完結後、遠坂凛とともに冬木の聖杯システムそのものを解体し、真の意味で聖杯戦争を終わらせた。
マッケンジー夫婦との交流はZERO以降も続いているらしい。
こんなところかな。
ということで、自己満の語りスキーが長ったらしく解説まじえていたFateZEROもこれにて終わりでキー書いておいてなんだけど、この長文を毎回全部読んでる人なんていたんだろうか。
いやいない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:foidxvyj1u
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/foidxvyj1u/index1_0.rdf