タテガミオオカミが藤谷

March 12 [Sun], 2017, 12:23
サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、いわゆるキャッシュバッカーに引っ掛からないように注意しなければいけません。



それというのも、女性によっては、異性と出会いたいと思っているのではなく、サイト上のやり取りによって得られるポイントを稼ぐために登録している人が居ます。
それがキャッシュバッカーです。彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、プログラム返信にありがちな話題のすれ違いもないため判断しにくいですが、いつまでもメールのやり取りを引き延ばし続けるような相手は深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。
同窓会に行ったとき、出会いがないと愚痴っていたせいか、友人がわざわざ合コンをやってくれたんです。ただ、その場のノリは良かったと思うんですけど、二次会も連絡先の交換も拒否されてしまいました。
もうイイ年でああいうノリについていけないところもあります。これからは本腰を入れて出会い系のサイトで当たりをつける方が効率が良いかなと思っています。



もともとアルコールも強くないので、そのほうが自分らしいような気がします。今恋人がいないけれども、真剣なお付き合いがしたくて出会い系サイトに登録して相手を探す人も多いようですが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に警戒しましょう。


例えば、結婚しているのに遊び相手を探している人や個人情報を収集し、業者に売却する悪徳業者もいますので、情報を与えないように、意識しておきましょう。

出会い系サイト利用者の中でも、女性は特に意識的に警戒するようにして下さい。


初対面の相手の印象の良し悪しは「初頭効果」と呼ばれ、その後の交友関係をも決定付ける影響力を持っているということを知っていますか。



これを踏まえて、出会い系サイトを介した異性と初デートのときは、清潔感があって異性ウケの良い服装で挑みましょう。
相手が苦手な傾向の服を着たせいで、それっきり連絡が無くなるケースもあるのです。
ようやく初デートに漕ぎ着けたわけですし、充実した一日にするためにもしっかりと準備を整えておきましょう。出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。


出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、とはいえ、多くの場合は未成年の利用者の場合です。
成人済みの男性にとって、もっとも巻き込まれる危険性の高い犯罪といえば、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係を持ってしまうことが多いようですね。



女性の場合は、直接会った時に男性の運転する車でそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースがよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。


そうした中で、オフ会の目的とは異なり交際相手を見付けようとする出会い厨はオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。交際相手を探すのを目的にするのであれば、余計な遠回りをするよりも出会い系サイトに登録した方が良いと思います。

その気のない異性を振り向かせるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が失敗せずに済むでしょう。自衛官は職場での出会いが極端に少ないので、出会い系サイトとかアプリに頼る人が多いみたいです。



ただ、すべての人が真面目な交際相手を期待しているとは言い切れないので、気をつけなければなりません。交際に発展するかどうかはともかく、何度かメールをやりとりしていると自衛隊ならではの話題を聞けたりするので参考になるという意見も多いです。自衛官に憧れを持っている人は試してみましょう。



出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。


男性の職業でいうと、公務員は出会い系でも人気が高いです。

交際だけでなく、結婚も考えて本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、将来的な安定感のある公務員は付き合いたい相手の職業として一番に名前が挙がるのでしょう。



このように出会い系サイトでも現実でも大人気の公務員ですが、職場をある程度推測できる職種であるため、うっかり個人情報を載せてしまうとすぐに職場を割り出されてしまいますから、伝える情報には細心の注意を払いましょう。



出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真を交換することが多いです。
結婚相手の場合は価値観や性格などが大切ですが、デートだけなら、容姿も大事な要素になることは仕方ないことですね。写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、実際に会いたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。
それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。
出会いのきっかけがfacebookだったという人は皆無とは言いませんが、最初から本名が知れてしまうためか、あちらの態度も慎重になるでしょうし、個人情報の多さはブログの比ではないため、推奨しません。



一方、出会い系サイトでは特に本名を告げずにメール交換できますし、お互いに匿名であることから、純粋な興味で付き合うことができるわけです。


顔見知りでfacebookを通して更に親交を深めるというのでなければ、利用者の多い出会い系サイトに登録するほうが、よほど収穫があると思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる