無題 

February 09 [Fri], 2007, 11:18


智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。


もう動じないさ。
あはは、わかってるよバーカ。

終的メロディ 

April 26 [Wed], 2006, 23:45
馬鹿にしないで。
馬鹿にさせないで。

マジでヤバいと思う。
こんな無駄な葛藤要らない。
こういうのが嫌いだから早く死にたい死にたい云ってるのかもしれない。え、ダメダメじゃん私。
にしても、うん。
代わりを探さないと。ヤベ。

好きと嫌いは確かにパーセンテージで表すのが最適だよねと再確認。

+++++

窓を開けると底は憂鬱、

社会の底辺で
僕らは光源を探す

「何処に在るのかな、」

慣れない存在が
靴擦れを起こして流れた

終的メロディ

僕らの時間の虫喰いを
黒と白で補修する曲

「予定調和だね。」

底辺は
不可視の指標を軸にして

僕らのサークルを創る

世界と神と未来 

April 25 [Tue], 2006, 23:32
最近旧友とそこそこメールしている。
やっぱ面白い奴等だなァ。大好きだ。

私の周りには面白い人が多いから、飽きなくて良い。私は面白くないんだけどなぁ。(…)

余命半年宣告とかされたら、残りの人生楽しく生きれそうだと思うんだ。

そう、ドコモダケが大好きだと思った。今更。
そして皆も、某所のドコモダケに対しての私の感想に同意(?)してくれた。多謝。あれ見たら(´・ω・`)←こんな気分になるのだ。
そういえばドコモダケは食用じゃないらしい。
そして無口だから喋らないらしい。
そして皆と仲良くしたいらしい。
でもエーユーシカは好物はキノコで、キノコ食う時は恐い顔なのだというのを聞いた。
ヤバい、エーユーシカがかなりライバル視してるよ。食われるよドコモダケ(ヒィ)


+++++


人じゃなくなれば

 人形の魂

僕らは迷わずに済むだろうか

 ヒトガタのカタマリ

ただ戸惑った僕らは

 幻想の魄

虚構を鵜呑みの侭信じたんだ

[untitled] 

April 23 [Sun], 2006, 23:54
「何を売つて居らつしやるの?」
「地道な自殺補助剤で御座居ますよ、奥様」

世界の 

April 22 [Sat], 2006, 0:03
何もかもが僕の敵であるようで、目を閉じて、死人の真似をしてそれを乗り切ろうとした。

如何にも釈然としない気持ちが沸き上がる。
息を止めてみた。生きようとする身体はその不毛な行為を非難した。
身体を傷付けてみた。ぎしぎしと悲鳴を上げて、身体は赤い液体を流した。水と云うにも涙と云うにも不純物ばかりの物質だ。

諦めて、死人の真似をもう一度してみた。地面に身体を預けて視線を虚空に彷徨わす。
まるで世界の悪意が具体化して、僕に襲い掛かってくるような気分になった。
今の僕は死人でも、これから実際死ぬという状態になるまで僕は世界と対峙しなくてはならないんだと思い至った。

如何しようも無いくらい不自由だと、死人の僕は呟いた。

私は酷くそういうもので、全てが総攻撃をしかけているのではないかと思った。
如何せなら、肉体的な致命傷を頂戴よ。
嗚呼、こんな奴、私も大嫌いだ!

混濁した足 

April 20 [Thu], 2006, 23:34
時間とスキルと頭脳と知識を下さい。
かなり切実。
ものすご眠い。

流行りの成分解析をしてみた。色々。
サイト名が素晴らしい事になっていた。

私ってきっと恋しない方が良いんじゃないかと思った。
恋をする自分に幻滅しそうだと前から思ってたけど。
むしろ、+αの方が更に性質悪そうな気がした。
やっばいなー、何もかもを駄目にしてしまうよ。
基本的にまっとうにいけないしなー。
恋とか云々云っていたら、なんだか乙女な感じ。うん、偏見。

思考が煮詰まってくる。
ぐつぐつ沸騰して、もう真っ黒なんだけど如何しよう。
吐き出すに吐き出せなくて鬱々。
睡眠の効果も薄れてきて、けだるさだけ蓄積。
駄目押しで骨が軋む。これって本当は何処が痛いんだろう。
口から出ない
言葉は残らず
身体に沈んで
黒色の深さを助長。

中身だけ
死にかけている気もしなくないね。
笑える。

ドコモダケ 

April 18 [Tue], 2006, 22:29
ファイル貰った。さんきゅ友人!

違う友人とドコモダケのぬいぐるみについて話していた。
友人は抱き付いて手が回りきらないくらい大きいのが理想らしい。
私はそこそこ大きめで頭ばしばし叩いてやりたいと云っていた。

ぬいぐるみ欲しいなぁ…!

死ぬなら 

April 14 [Fri], 2006, 23:30
生まれ変わらないくらい僕を粉々にしてください

***

どうも私泣きたいみたいだ。なんか自分の日記を久々にみて思った。
でも泣けないんだよなぁ。出そうにも途中で止まるから。
だからって、感動系のを見ても、友人方が傍に居ると泣けないし。

どうも準備がはかどらない。
白黒素材で良いのが無いし。ああもう如何しよう。全部作り終えても無いし。

もう、嫌だなあ。
でも、何が嫌なのかがよく判らない。うーん。

CD 

April 14 [Fri], 2006, 20:47
「このCDには不愉快な表現が含まれています」


わざわざ書くんだな…!苦情来たら困るからかな…!!(笑)

涙色の憂鬱 

April 12 [Wed], 2006, 23:36
友人にかなりの過大評価をされていて吃驚。
いや、前も云われた気がするけど。でもここまでだとは思わなかった…!
ていうか寧ろあの子が頭良すぎるだけ。ヒィ。
可愛くて頭良いとか最高じゃんね。めそ。

そろそろボロが出始める。
うーん、きっついんだよなー。
睡眠減らしたいしなー。

+++++

此れが幸せかと思うと
何故か哀しいと云う気持ちを思い出した。

此れが幸せかと思うと
今度は涙の予感だけを感じた。

溢れれば
楽になるのに
留まるだけだから
酷くもどかしくなって

あと一歩の感情が欲しいと望んだ。

流れればきっと喪失感。

喪失感を得たくて
もどかしさを失いたくて
涙を恨む自分は
確実に
矛盾の回路の中にいる。

それでもただ
回路が正常を示すのを夢見て
涙に
少しばかりの期待。

今は
許容限度ぴったりの涙の総量に少し憂鬱、
ただし
一雫、溢れる為の切っ掛けに期待、
今日も幸せを感じながら。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる